Information

「3ノトリ」展11月30日(木) - 12月2日(土) 青山ES galleryにて3日間限定。3人展を開催いたします。

27
11月

KYOTAROは神様シリーズの新作の絵を出展いたします。
レセプションもございます。2017年11月30日(木) 19:00 - 21:00
おでんとお酒ドリンクをご用意しております。お時間ございましたら是非お越しいただけましたら幸いです。
KYOTAROは3日間会場におります。
こちらもお時間ございましたら是非ともお越しいただけましたら大変嬉しいです。
これからもたくさんお話していけたらと思います。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

「3ノトリ」
日程:2017年11月30日(木) - 12月2日(土)
時間:12:00 - 19:00
会場:ES gallery 住所:渋谷区渋谷2-7-4 elephant STUDIO 2F
http://elephant.tokyo
プロデュース : WATOWA INC.

オープニングレセプション
日程:2017年11月30日(木)
時間:19:00 - 21:00

ES galleryでは、2017年11 月 30 日 ( 木 ) - 12 月 2 日 ( 土 ) の 3 日間限定、「酉の市」の"三の酉"の日にちなみ、
3名のアーティストによる 「 3 ノトリ 」というアートエキシビションを開催します。
アーティストは、小松隆宏 (WATOWA INC. )キュレーションにより、KYOTARO、望月薫 a.k.a ILL CERAMICS、TRADMAN’ S の小島鉄平の 3 名。
本展のテーマである「酉の市」とは、11 月に日本各地の鷲神社(大鳥神社、大鷲神社、 鷲神社=おおとりじんじゃ)で
商売繁盛・開運招福を願うお祭りとして、江戸時代から続く年中行事です。
「酉の市」は 11 月の酉の日に行われ、酉の日は 12 日ごとに巡ってくる為、11 月に 3 度 行われる年もあり、
1 度目を「一の酉」、2 度目を「二の酉」、3 度目を「三の酉」といいます。

今回は「三の酉」、11 月 30 日 ( 木 ) から 3 日間、「酉の市」でも親しみのある熊手をモチー フに、
初のグループ展となる 3 名による異なったメディアム「絵画」「陶芸」「盆栽」が融合し、 コラージュされた、
新感覚なインスタレーション作品を発表致します。

11 月 30 日 ( 木 ) は作家を交えてオープニングレセプションを 19:00 - 21:00 まで開催 致しますので、 皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい。
当日はおでんとドリンクもご用意しております。
19:00からニセコの本務神社である狩太神社の神職、玉置彰彦氏と同じく神職であり、玉置氏の後輩にあたる黒住宗芳氏による神事を行います。
また、この神事に用いられる神籬(神様に降りてきて頂く依り代の木)は、華道家の萩原亮大氏によって創られており、
エキシビションスペースに神聖な空間を創り出し、アートとスピリチュアルが織りなされた展覧会をお楽しみ頂けます。
今年の締めくくりとして、福とアートかき集めに、酉の市の参拝後には是非、ES galleryまで足をお運び下さい!

https://www.facebook.com/events/532233060462898/?active_tab=discussion
http://kyotaro.jugem.jp/?eid=1167


アーティストプロフィール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
KYOTARO(きょうたろう)
1978 年京都生まれ。 1998 年京都嵯峨美術短期大学卒業。 動物や神々を、主 に鉛筆によるドローイングで描く他にも、ペインティング、マンガなど、幅広 い分野で活動するドローイングアーティスト。 個展「天界トリップ」(2008)、 「妖精の行く道」(いずれもミヅマ・アクション)を はじめ多数個展を開催し、 ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコなど、海外でのグルー プ展にも参加。 http://www.kyotaro.biz/

望月薫 a.k.a ILL CERAMICS
1973 年東京都生まれ。沖縄にて陶芸の基礎と民藝の精神を学んだ後、美濃焼の産地、岐阜県多治見市に渡り修行を積む。2003 年に独立。自身の作風を 「BLACK OUT ELEMENT」と名付け、神奈川・二宮に工房を構える。「黒」を基 調とした無機質かつ個性的でありながら実用性のあるデザインに定評があり幅広い世代から注目を集めている。 http://information.blackoutelement.net/

TRADMAN’ S 小島鉄平
盆栽をはじめ、自分の琴線に触れた「こだわり」と「五感」を駆使し、唯一の 空間を生み出す CEO 兼プロデューサー。2014 年、時と共に洗練されるものづ くりを実現するため、TRADMAN'S を始動。同年には、上海にてコレクション を発表し、中国で高い評価を得る。2015 年、上海支店をオープンし、盆栽の 持つ生彩さと、独創的な空間デザインの融合を、世界に向けて発信し続けている。 http://tradmans.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

玉置彰彦(神職) 19歳の時に歌舞伎町でホストになり、店でのNO.1になるも、バックパッカーに魅了されホストを辞めて1人旅にでる。 アジア、南米、アフリカと約40ケ国を巡る。旅行中に日本の根幹であり自然との繋がりを大切にする神道への関心を深め、神職の資格習得し明治神宮に奉職。、 10年の奉仕後、北海道のニセコに国内外問わず移住者が多く「日本の中の外国」と言われている事に関心を持つ。 自然に近い暮らしの中から日本文化、日本の精神を伝えられればと平成28年4月にニセコへ移住。 WATOWA 代表 (WATOWA INC. )キュレーター小松隆宏氏の神前結婚式のディレクションと奉仕を行う。 同年5月、ニセコの本務神社である狩太神社へ奉職。同年、12月に同神社の宮司に就任。 また、地域の方とソーシャル系大学「ニセコ大学」を設立。 デジタルアート、デジタルサウンドの最前線といわれる MUTEK.JP 2017 にて3DサウンドクリエイターのKATU SETO氏との共演で神事を行う。 現在、神社の再生と祭りを通した地域創生に取り組んでいる。 黒住宗芳(神職) 神職であり玉置氏の後輩。 玉置氏と共に「日本の心」と「神事の本質」は、どこにあるのかを常に探求している。 神道の世界に身を置きながらも、クリエイティブと前衛的な教化活動に関心が高い。 萩原亮大 (華道家) 専門学校卒業後、ファッションショーの演出家のアシスタントを経て オーストラリアへ一年間の放浪の旅へ 帰国後、母校にてファッション学部の講師を務め、また アトリエ「STORY」を主宰 その後、華の世界に魅了され華道家を志す 30歳を前に鋏をバックパックに詰め込み インド、モロッコ、イラン、ヨーロッパなど世界各国を旅する 2016年、草月流師範代を取得し華道家としての活動をスタート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レセプション含め、3日間限定のイベントです。
お時間ございましたら是非、お会い出来ましたら幸いです。

ページの先頭へ