Information

大西晃生/たなかかなめ/カワムラシュウイチ『孤独と連帯』展 開催

11
11月

2019年11月9日(土)より江東区大島のオルタナティブスペース「プライベイト」にて、企画展『孤独と連帯』を開催いたします。
本展は「連帯」をキーワードに、それが持つさまざまな側面に注目し、その本質的価値を再検討する展示です。三名の現代美術作家が、個の時代のなかで連帯のあり方はどのように変化するのか、また諸問題に揺れる今日の美術の世界をわれわれはどのようにサヴァイブしていくのか、という問いへの断片的なヒントを提示します。
参加作家は、CAF賞2018 に入選した大西晃生、「新訳1989-」(平井の本棚)や各地でのライブペインティングで注目を集めるたなかかなめ、「土曜会」ドリル」をはじめとしてさまざまなアートプロジェクトを手掛けるカワムラシュウイチの3 名。さらにテキスト参加として批評誌「アーギュメンツ」の発行人を務める美術商の岡田真太郎が参加します。

【開催概要】
展覧会名:「孤独と連帯」
会期:2019 年11 月9 日(土)〜24 日(日)会期中無休
時間: 土日 14:00〜21:00/ 平日 18:00〜21:00 入場料:無料
会場:〒136-0072 東京都江東区大島5 丁目25-12 プライベイト
主催:「孤独と連帯」展実行委員会
展覧会URL: https://tokyoprivate.theblog.me/pages/3131222/static
レセプション:11 月9 日(土)17:00〜
トークイベント:11 月23 日(土)17:00〜

「プライベイト」とは
ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第三期卒業生の現代美術家・慈(Itsuki)が運営する東京都江東区大島のアートスペース。2019 年7 月運営開始。住宅街の中にある一戸建ての全フロアで美術展、演劇、撮影、その他イベントを展開する。
WEB: https://tokyoprivate.theblog.me


【参加作家】

●大西晃生
誕生年 1996 年生まれ 出身地 岡山県
最終学歴 2019 年 京都精華大学デザイン学部卒

■主な展覧会
代官山ヒルサイドテラス「CAF 賞2018」(2018)
“meee”Gallery Tokyo「東/京/都(東京編)」(2018)
Gallery Lv.10「幽体的浮遊感」(2019)

■受賞歴
JAGDA 学生グランプリ 2016 入選(2016)
アクリルガッシュビエンナーレ2016 佳作(2016)
CAF 賞2018 入選(2018)

●たなかかなめ
誕生年 1996 年生まれ 出身地 大阪府
最終学歴 2019 年 武蔵野美術大学在学中

■主な展覧会
台湾/台北CROWN BUSINESS SPACE「CROSS OVER vol.8」(2018)
平井の本棚「たなかかなめ個展 border crosser」(2018)
タイ/バンコクKalwit Studio&Gallery「CROSS OVER vol.14」(2019)

■受賞歴
武蔵野美術大学2 年次 進級制作 中崎透賞(2017)
汐留ストリートフェスティバル Pillar Art Competition 審査員特別賞(2018)
武蔵野美術大学3 年次 進級制作 永山裕子賞(2018)

●カワムラシュウイチ
誕生年 1987 年生まれ 出身地 岡山県

■主な展覧会/企画
なかのZERO「土曜会」(2016〜)
中央本線画廊他「#art_drunk」(2017〜)
Gallery NIW 他「ドリル」(2018〜)
オープンスタジオ「ルーシーの骨の60% vol.7」(2019)

【テキスト参加】

●岡田真太郎
誕生年 1976年生まれ 出身地 愛知県

■主な展覧会(ディレクション)
Gallery Ajito「中島晴矢 REACH MODERN」(2012)
3331 Arts Chiyoda Island Medium「平井友紀 セレンディピティー」(2013)

■その他活動
東京国際フォーラム「ART FAIR TOKYO 2013」美術商として渋家のオーナーチェンジを担当(2013〜)
批評誌『アーギュメンツ』の発行(2015〜)
HAPS「呼び出し、交換」(2018) 美術商として企画資料展示

【キュレーション】

●番場悠介(キュレーター)
1999年生まれ。法政大学在学中。本展示が初キュレーション。

●ワタナベ(アシスタントキュレーター)
1993年生まれ。展示企画に「新訳1989-」(平井の本棚、2018)「border crosser」(平井の本棚、2018)など。

ページの先頭へ