Information

世界的な日本人 カーデザイナーが水彩で描く名車たち 未公開の新作を含む140点余りを一堂に公開 永島譲二ドローイング展 「ヨーロッパ自動車人生活」

11
11月

11月15日(金)〜28 日(木)蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」

学校法人片柳学園本部:東京都大田区では、欧州メーカーで数々の名車を手がけてきた世界的カーデザイナー、永島譲二氏が水彩画で描いた自動車のイラスト 140点余りを公開する展覧会 を、11 月15 日(金)から 11月 28日(木)まで、蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」にて開催 します。 (入場無料)
現在BMW のクリエイティブディレクターを 務める 永島氏は 、長年にわたりヨーロッパのカーデザインの第一線で活躍し 、 2015 年より本学園の客員教授および特別講師 に就任しました。本展では、同氏が10年以上にわたり 「カーグラフィック 」 誌で連載しているエッセイ「駄車・名車・古車・デザイナー的見解」のために描いたイラストレーションの原画を中心に 未公開の新作も公開されます。
シトロエン2CV 、ポルシェ 911 、ジャガー Eタイプ、ドライエ 135 などの名車をモチーフに、手描きドローイングならでわの表情豊かに描かれた水 彩画は、工業製品としての自動車に柔らかな生命を吹き込んでいます。

■永島譲二(ながしま じょうじ)氏
現BMW AG(ドイツ本社) デザイン部門 エクステリア・クリエイティブ・ディレクター。日本国内および米国の芸術大学で工業デザインを学んだ後、オペル(独)、ルノー(仏)でカーデザイナーとして活躍。1988年 BMW(独)に移り、「Z3ロードスター」「5シリーズ」「3シリーズ」「コンセプトモデル」など数々の主要モデルのエクステリアデザインを担当。現在、同社カーデザインの総合的なディレクションを行っている。東京工科大学 デザイン学部 客員教授。日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校 特別講師。



会 場:日本工学院専門学校 東京工科大学 ギャラリー鴻(こうのとり)
     東京都大田区西蒲田5-23-22
交 通:JR京浜東北線/東急多摩川線・池上線「蒲田駅」西口徒歩2分
期 間:2019年11月15日(金)〜28日(木)
時 間:11:00〜18:00(最終入館17:30)
休館日:11月19日(火)/11月26日(火)
主 催:東京工科大学
    日本工学院専門学校/日本工学院八王子専門学校
協 力:株式会社カーグラフィック

ページの先頭へ