Information

個展『あたらしいドレッシング』いとうひでみ・井口可奈

26
11月

あたらしいドレッシングは、イラストレーターのいとうひでみと、小説家の井口可奈のユニットです。

絵と文章を合わせて作品をつくる活動を行なっているあたらしいドレッシング。
ときにユーモラスで、ときにちょっぴりシリアスな作品群は、意表をついてくる新鮮さがあります。

今回代官山 蔦屋書店で行われる展示では、新作zineやグッズを販売します。
zineはフルカラーのイラストレーションと短編小説で紡いだ一冊です。
グッズはユニット名にちなんで、装いにまつわるオリジナルグッズを作りました。

また、いとうひでみのzineやグッズ、絵の販売も行います。

この機会にぜひ足をお運びください。
https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/11105-1145121118.html

■展示タイトル
あたらしいドレッシング

■期間
11.23(土)-12.15(日) 月・火休み

■場所
代官山蔦屋書店 2号館1階 アートフロア

■時間
7:00〜深夜2:00(営業時間)

【プロフィール】
いとうひでみ
イラストレーター
東京スカパラダイスオーケストラCDジャケットアートワークやPARCOイベント用キービジュアルなど様々な媒体のイラストレーションを担当すると同時に、少女や超能力のモチーフを中心に、オリジナル作品も発表している。
第192回チョイス入選(南伸坊選)
TIS公募入選(谷口広樹、白根ゆたんぽ、中村幸子個人賞)

井口 可奈 (いぐち・かな) 小説家
すこしふしぎな手触りの純文学作品を執筆している。俳句や短歌の分野でも活動しており、はならぁと2019では即詠パフォーマンスを行なった。
第三回京都大学新聞文学賞大賞
第一回円錐新鋭作品賞うずまき賞

ページの先頭へ