Information

TOKAS Project Vol. 3 東京デトロイトベルリン

6
10月

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2001年の開館以来、海外のアーティスト、キュレーター、アートセンターや文化機関などと協働して展覧会や関連プログラムを実施してきました。2018年より開始したTOKAS Project では、国際的な交流を促進し、多文化的な視点を通じ、アートや社会など、さまざまなテーマについて思考します。
第3回となる本展「東京デトロイトベルリン」は、美術館や公的な機関ではなく、アート・スペースやアーティスト・ラン・スペースなど自律的なアートのコミュニティが行う国際交流に注目し、東京、デトロイト、ベルリンにおけるアート・コミュニティの現在の姿を紹介する展覧会です。

本展の共同企画者であるアーティストのコブラは、2010年にトーキョーワンダーサイト(現TOKAS)のレジデンス・プログラムに参加しました。東京とは異なる海外のアート・コミュニティの在り方を経験したことを契機に、東京でアーティスト・ラン・スペースXYZcollectiveを始め、ディレクターとして活躍しています。本展にはXYZcollectiveのほか、現在コブラが交流を持つアート・スペースとして、東京から4649、デトロイトからワット・パイプライン、ベルリンからシーフェ・ツェーネが参加し、それぞれのスペースが選んだ作家を取り上げます。
展覧会をとおして交流や対話を促進させ、今後の新たな展開を試みます。


2020年10月10日(土) - 2020年11月8日(日)
休館日:10/12、10/19、10/26、11/2
時 間:11:00 - 19:00(最終入場は30分前まで)
入場料:無料
会 場:トーキョーアーツアンドスペース本郷
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース
参加ギャラリー:シーフェ・ツェーネ(ベルリン)、ワット・パイプライン(デトロイト)、XYZcollective(東京)、4649(東京)
共同企画者:コブラ
協力:ミサコ&ローゼン、Meliksetian | Briggs

URL:https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2020/20201010-7019.html

参加ギャラリー
シーフェ・ツェーネ|Schiefe Zähne(ベルリン)
ディレクター:ハネス・シュミット
展示予定作家:ルーカス・キッチュ、リチャード・サイド、フィリップ・サイモン、トム・ハンフリーズ、エレーヌ・フォケ、アリアン・ミューラー、ヨナス・リップス

ワット・パイプライン|What Pipeline(デトロイト)
ディレクター:ダニエル・スペリー、アリビア・ジビッチ
展示予定作家:マリー・アン・エイトケン、マイケル・E・スミス、クインテッサ・マトランガ

XYZcollective(東京)
ディレクター:コブラ、ミヤギフトシ
展示予定作家:バス・ヤン・アデル、トレヴァー・シミズ、中野浩二、堀 ななみ、チャドウィック・ランタネン、コブラ

4649(東京)
ディレクター:小林優平、清水将吾、高見澤ゆう
展示予定作家:ベンジャミン・アサム・ケロッグ、ラファエル・デラクルス、村田冬実

【関連イベント】
詳細はTOKASウェブサイトで発表します。

〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
TEL: 03-5689-5331 / FAX: 03-5689-7501

ページの先頭へ