Information

サン=テグジュペリ財団のデザイナー“描き下ろし”による希少な金貨やカラー銀貨 重さ155.5g、直径50mmの5オンス金貨も初登場! 「星の王子さま フランス版発刊75周年記念コイン」 1月18日(月)より、全国の主要金融機関で予約販売開始

5
2月

500ユーロ金貨 ぼくと三日月

泰星コイン株式会社(本社:東京都中央区/社長:岡 政博)は、サン=テグジュペリの代表作「星の王子さま」 のフランス版発刊75周年を記念して、サン=テグジュペリ財団(注1)がデザインし、フランス国立造幣局(モネ・ド・ パリ)が鋳造する記念コインを、1月18日(月)より全国の主要金融機関で世界先行予約販売いたします。

50ユーロ金貨 ぼくとキツネ

「星の王子さま」記念コイン(注2)は、過去にも原作の挿絵をもとにしたデザインで発行されていますが、本記 念コインでは、 同財団のデザイナーによる“描き下ろし”のオリジナルデザインを全種類に採用。時代を超え 世界中で愛される名作の新たなコレクションが誕生しました。 また、これまでで最も大きい5オンス(重さ155.5 g)の金貨が限定70枚で登場するほか、 1オンス(同約31.1g)、1/4オンス(同約7.8g)の各種サイズの金貨や、 原作さながらの世界観を鮮やかに表現したカラー銀貨など、幅広いファンに向けた商品をラインアップします。

税込価格は、<500ユーロ金貨 ぼくと三日月>が2,640,000円、<200ユーロ金貨 満天の星>が550,000 円、<50ユーロ金貨 ぼくと三日月><50ユーロ金貨 ぼくの物語><50ユーロ金貨 ぼくとキツネ>が各143,000円、<金貨3種セット>が423,500円、<カラー銀貨3種セット>が39,600円。

■サン=テグジュペリ財団のデザイナーによる描き下ろしデザイン
本記念コインの発行にあたり、サン=テグジュペリ財団(注1)のデザイナー が手がけたオリジナルイラストを採用。表面のデザインは、大きな三日月 に腰掛ける王子さまと北斗七星や土星などの星々を描いた「ぼくと三日 月」、王子さまが住んでいた小惑星を背景に、読みかけの大きな本に腰 かけて考えこむ様子を描いた「ぼくの物語」、王子さまが地球で出会うキ ツネと丘でかけっこをしている様子を描いた「ぼくとキツネ」、王子さまの 肖像を取り囲むように75個の星が描かれた「満天の星」の4種類です。

■シリーズ最大の5オンス金貨が限定70枚で初登場
<500ユーロ金貨 ぼくと三日月>は、星の王子さまの記念コイ ンとしては最大となる、重さ155.5g(500円硬貨の約22倍)、直径5 0mm(同約2.4倍)の5オンスサイズ。発刊75周年にちなみ世界で限 定75枚発行される希少価値の高いもので、このうち70枚が日本で 販売されます。また、200ユーロ金貨、50ユーロ金貨3種を含めい ずれも純度99.9%の高品位となります。

■物語の世界観を鮮やかに表現したカラー銀貨
<カラー銀貨3種セット>は、オリジナルデザイン「ぼくと三日月」「ぼくの物語」「ぼくとキツネ」を、直径37mmのカ ラーコインで表現。原作さながらの鮮やかな色彩で、星の王子さまの世界観を楽しむことができます。

■サン=テグジュペリの母国、世界最古の歴史を誇るフランス国立造幣局が鋳造
コインを鋳造する「フランス国立造幣局」(モネ・ド・パリ)は、864年に設立された世界最古の造幣局で、高い芸術 性と職人の手作りによる高度な技術を融合したコインは、その独創性やデザイン性などで高く評価されています。独 自通貨として最後に発行された「50フラン紙幣」のデザインにも星の王子さまが採用されていました。

(注1) アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ・ユース財団(Antoine de Saint Exupéry Youth Foundation)
(注2) これまでに日本で販売された発刊60周年(2006年)および70周年(2016年)の記念コインは、原作の挿絵をもとにしたデザイン。

税込価格■
A.200ユーロ金貨 満天の星 : 550,000円(限定500枚)
B.50ユーロ金貨 ぼくと三日月 : 143,000円(限定200枚)
C.50ユーロ金貨 ぼくの物語 : 143,000円(限定200枚
D.50ユーロ金貨 ぼくとキツネ : 143,000円(限定200枚
E.金貨3種セット : 423,500円(限定400セット)
F.カラー銀貨3種セット : 39,600円(限定1,300セット)
G.500ユーロ金貨ぼくと三日月 : 2,640,000円(限定70枚)

予約販売期間■2021年1月18日(月)〜2月5日(金) ※期間内でも限定数に達した時点で終了
鋳造■フランス国立造幣局
発行■フランス共和国
輸入元■泰星コイン株式会社
販売窓口■全国の主要金融機関

50ユーロ金貨 ぼくの物語

ページの先頭へ