Information

NHK『きょうの料理』OPアニメーションクリエイター×こよみの出版社 初タッグ! 親子で楽しく学べる行事絵本『ポンポとポコポ 春のぎょうじ』2月18日(木)発売

5
2月

 創業から113年の歴史を持つ老舗出版社、株式会社神宮館(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:木村通子)は、同社の主力商品である「こよみ」の知識を活かした行事絵本『ポンポとポコポ 春のぎょうじ』(作:かなざわまこと)を2月18日(木)に発売します。

 “幸せの指針を運ぶこよみの出版社”である当社は、2019年6月より、子どもたちに伝えていきたい日本の文化や、身につけてほしい事をテーマに絵本の出版を開始しました。
 本書『ポンポとポコポ 春のぎょうじ』は、こよみの出版社と、NHK『きょうの料理』のオープニングアニメーションを手掛けるほか、キャラクター『おひげのポン』が人気を集めるキャラクターデザイナー・かなざわまこと の初タッグでお届けする日本の行事絵本シリーズです。物知りおじいさんのポンポと、無邪気なポコポという、なんとも愛らしく気の抜けた2 匹のたぬきが、春夏秋冬の行事を伝えます。
今後は、夏(5 月刊行予定)、秋(8 月刊行予定)、冬(10 月刊行予定)と3 か月おきに新作を発売予定です。
第1弾は「春の行事」。3月「ひなまつり」、4月「お花見」、5月「八十八夜」「端午の節句」「母の日」をメインに、春分の日、エイプリルフール、花まつり、春のお彼岸、立夏について、分かりやすく紹介しています。また、行事そのものだけでなく、行事に関連する食事、物なども掲載。巻末には、詳しい行事の解説付きで、お子様から大人まで、楽しみながら行事の知識を深められます。

◆「ポンポとポコポ 春のぎょうじ」掲載行事
・3月……ひなまつり
・4月……お花見
・5月……八十八夜、端午の節句、母の日
・その他の行事……春分の日、エイプリルフール、
花まつり、春のお彼岸、立夏

◆本書のポイント
・かわいいキャラクターたちが躍動するストーリーで、楽しく日本の行事を学べます。
・行事そのものだけでなく、行事にまつわる食事や、関連する物なども紹介しています。
・詳しい行事の解説付きで、行事の知識が深まります。

◆書籍情報
『ポンポとポコポ 春のぎょうじ』
作:かなざわまこと
発売:2021年2月18日(木)
定価:1,430円(本体1,300円 +税)
AB判上製/32ページ/フルカラー
4歳ごろから
ISBN:978-4-86076-754-9
発行:株式会社 神宮館

◆著者プロフィール  
作:かなざわまこと
新潟県上越市出身、埼玉県さいたま市在住。
筑波大学大学院 人間総合科学研究科ビジュアルデザイン領域 博士前期修了。
グッズやイベントでアジア各国から人気を集めるオリジナルキャラクター「おひげのポン」での活動や、各種企業のキャラクターデザインを中心に制作。
2018 年〜 NHK「きょうの料理」オープニングアニメーションのイラストとロゴデザインを担当。同年表参道ヒルズ1F にて「おひげのポン展」開催、総合複合施設「マークイズ福岡ももち」AI コンシェルジュキャラクター制作など。

◆会社概要
社名:株式会社 神宮館
本社所在地:東京都台東区東上野1-1-4
代表:代表取締役社長 木村通子
設立:昭和23年5月14日(創業 明治41年)
ホームページ: https://jingukan.co.jp
事業内容:こよみ、実用書、自己啓発書、占い本、易学書の出版販売
     こよみ、占いのデータ販売
     ノベルティグッズおよび開運グッズの企画、制作、販売

ページの先頭へ