Information

鈴木マサルのデザインとみんなの富山もよう展―暮らしにとけこむアート&デザイン 2021年5月17日(月)〜6月22日(火)

24
5月

古今東西、さまざまな「もよう」が生みだされてきました。身近な自然や動物などがモティーフとなったもようは地域の特色の発見であり、表現。日々の時間を彩る色とかたちです。

「富山のいいもの、もようにしたら、富山をもっと好きになる」を合い言葉として、2014年に始まった「富山もよう」。マリメッコやカンペールのデザインをはじめ世界的に活躍するテキスタイルデザイナーの鈴木マサルが富山の豊かな自然や文化を鮮やかなもようで表現、すでに12柄が発表されてきました。デザインの視点で地域の魅力を共有する提案としても評価され、グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」に選出されるほか、美術の教科書にとりあげられるなど、広く注目を集めています。
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/14774

内容
●オリジナルテキスタイル&ウォールアート
ワクワクする大胆な色・もよう。鈴木マサルのデザインワークの真髄を、空間の中で体感できる展示。

●新聞エコバッグのトンネル
新聞というメディアがデザインの力によってユーザーの行動を「読む」から「つくる」「楽しむ」へと変えた象徴的な展示。

●映像インスタレーション
鈴木マサルのドローイング風景と、富山の人たちが思い思いに地域の魅力を語る映像を用いて、誰もが知っている地域の魅力が、デザインを媒介として伝わり、広がっていく富山もようの本質を表現。


日時:2021年5月17日(月)〜6月22日(火)
場所:1階 TADギャラリー
参加費:無料

主催
富山県美術館、富山もようプロジェクト(富山もよう展ディレクターズ、北日本新聞社)

制作協力
日本折紙協会富山県支部「遊々」、北日本新聞有沢販売店

協力
D&DEPARTMENT TOYAMA

制作企画・監修
富山もよう展ディレクターズ:小柴尊昭、鈴木マサル、高橋 理、川上典李子
グラフィックデザイン:高橋理





鈴木マサル(すずき・まさる)

2002 年、有限会社ウンピアット設立。2004 年からファブリックブランドOTTAIPNU を主宰。自身のブランドのほか、マリメッコ、ムーミン、ユニクロ、カンペール、ファミリア、Zoff など国内外のさまざまなメーカー、ブランドから作品をリリース。
2015 年、富山の魅力をパターンデザインで表現した「富山もようプロジェクト」で第 35 回新聞広告賞を受賞。2016 年、ミラノで開催された Milan Design Week 2016 にて Milan Design Award 2016“BEST ENGAGEMENT by IED”を受賞。誠文堂新光社より作品集「鈴木マサルのテキスタイル」を出版。2017年三菱地所アルティアムにて「鈴木マサルのテキスタイル展」を開催。東京造形大学造形学部デザイン学科教授。

テクニカルディレクション:遠藤豊(LUFTZUG)

ページの先頭へ