Information

第34回現代絵本作家原画展 野坂勇作「絵空(えそら)ごと 本当(ほんと)ごと」7月2日(金曜日)〜年9月12日(日曜日)

20
6月

東広島市立美術館では、1982年の「第1回現代絵本作家原画展」開催以来、33回にわたって現代絵本作家と作品の魅力を広く紹介してきました。新美術館移転後の初開催となる本展では、『どろだんご』や『にゅうどうぐも』などで知られる広島ゆかりの絵本作家・野坂勇作の世界をご紹介します。自然や乗り物、遊びなどを題材に、その内容によって油絵や版画など様々な技法で作風を変化させる絵本は、いずれも丁寧な取材に基づいて作られています。本展では、約130点の原画を中心に、絵本づくりの資料も併せて展示し、野坂勇作の絵本世界の魅力に迫ります。
https://hhmoa.jp

■開催概要

会期:令和3(2021)年7月2日(金曜日)〜 令和3(2021)年9月12日(日曜日)
開館時間:9:00〜17:00(※7月2日(金)は10:00から開館/7月30日(金)、8月27日(金)は19:00まで開館/入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場:東広島市立美術館 3階展示室A
観覧料:一般800円、大学生500円*、高校生以下無料*
(*学生証をご提示ください/20名以上の団体は2割引き)
後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられている方は、無料でご観覧いただけますので、1階総合受付で各手帳等をご提示下さい。
主催:東広島市立美術館
後援:中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、(株)広島リビング新聞社、プレスネット、KAMONケーブル、FM東広島89.7MHz、尾道エフエム放送


イベントにご参加の皆さまへ

■新型コロナウイルス感染拡大の状況によってはやむをえずイベントの開催を中止とする場合がございます。
■当館では新型コロナウイルス感染予防対策を実施しております。入館時の手指消毒やマスクの着用等、対策へのご協力をお願いいたします。




■作者プロフィール

野坂 勇作(のさか・ゆうさく)
1953年島根県松江市生まれ。1歳の頃広島県広島市へ移り住み、大学進学を機に上京。
1975年多摩美術大学立体デザイン科中退後、佐渡島にわたり農家に住み込みで働く。
1982年日本エディタースクール編集科通信部修了。
1984年からアトリエひなたぼっこ・こども絵画創作教室をプロデュース。
1985年『ゆきまくり』(福音館書店)で絵本作家デビュー。現在、鳥取県米子市在住。

ページの先頭へ