Information

「ビッグコミック50周年展」2018年11月10日-2019年01月14日

29
11月

「大人のためのコミック誌」を開拓した『ビッグコミック』、その50年の歴史を一望!

今年創刊50周年を迎えた小学館のマンガ雑誌『ビッグコミック』。
マンガが若者たちの文化として大きく拡がり始めた1960年代に登場し、「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いたその軌跡は、マンガが子どものためのものから、大人も楽しめるものへと変わっていく、歴史的な変革の過程でもありました。
本展では、マンガの歴史にその名が刻み込まれた巨匠たちの力作から、今まさに大人のマンガ読者のためのドラマを紡いでいる作家たちの多彩な作品まで、誌面を飾った名作の数々と共に、半世紀に渡る歩みを振り返ります!

創刊号に執筆した5人の作家(手塚治虫、石ノ森章太郎、白土三平、さいとう・たかを、水木しげる)の作品から、現在に至る掲載作品の原画、複製原画、およびその他資料・雑誌など300点以上を一挙に展示します。
また、会場ではさいとう・たかをや、藤子不二雄Ⓐ、松本零士ら作家陣へのインタビュー映像「『ビッグ』を語ろう」を上映。さらに、まるで『ビッグコミック』の表紙・誌面に入り込んだような写真を撮影できるフォトスポットも設置し、ただ「見る」だけではなくさまざまな楽しみ方ができる展覧会です。

◆◆1.『ビッグコミック』50年の歩み

さいとう・たかを「ゴルゴ13」や手塚治虫「地球を呑む」、石ノ森章太郎「HOTEL」など、『ビッグコミック』の誌面を飾った数々の名作とともに、創刊から10年ごとにその変革の軌跡をたどります。

◆◆2. 「ビッグ」な名作アラカルト

読者に愛された名作から大胆な野心作まで、50年の歴史が生み出した「ビッグ」作品の多彩な宇宙を紹介します。

◆◆3. 現在進行形の『ビッグコミック』

いまなお「大人のためのコミック誌」として様々なドラマを紡ぐ『ビッグコミック』。その現在進行形の誌面を、石塚真一(「BLUE GIANT SUPREME」)や、かわぐちかいじ(「空母いぶき」)など連載作家による原画などとともに一望します。

● トークイベント「新春超ビッグ対談 さいとう・たかを × ちばてつや」

出演:さいとう・たかを(マンガ家)、ちばてつや(マンガ家)
司会:由田和人(ビッグコミック編集長)

日時:2019年1月13日(日)15:00〜16:00(予定)
1F 映像ホール/定員270名/事前申込制(応募多数の場合は抽選)※当日の企画展観覧券(半券可)が必要です。
※イベントページの申込フォームにて受付中。1月5日(土)応募締切。



会場 企画展示室2
期間 2018年11月10日-2019年01月14日
休館日 毎週月曜日
(ただし12月24日、1月14日は開館)、12月25日(火)、年末年始(12月29日〜2019年1月3日)
観覧料 一般 800円(640円)学生・65歳以上 600円(480円)
中学生以下 無料
*()内は20名以上の団体料金。*障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料。

主催 川崎市市民ミュージアム
協力 小学館ビッグコミック編集部
特記事項 特別協力=京都国際マンガミュージアム / 京都精華大学国際マンガ研究センター

ページの先頭へ