Information

『ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ』2019年5月11日(土)→7月28日(日)

7
5月

オーストラリアの画家・映像作家、ショーン・タン(1974〜)は1999年に刊行した初めての絵本『ロストシング』を元に2010年に短篇アニメーション映画を発表し、アカデミー賞の短篇部門の賞を受賞しました。2006年に発表した文字のないグラフィック・ノベル『アライバル』は、大きな反響を呼び、23の言語で刊行されています。日本でも、その独自の世界観と表現方法で、熱狂的なファンを獲得しました。本展は、タンの全面的な協力のもとに開催される日本初の大規模な個展となります。最初の絵本から最新作まで、彼の緻密で壮大な創作の秘密を解き明かします。

展覧会公式サイト
http://www.artkarte.art/shauntan/

ショーン・タン Shaun Tan (1974 〜)
1974 年オーストラリア生まれ。幼いころから絵を描くことが得意で、学生時代にはSF 雑誌で活躍。西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。2006年に刊行した『アライバル』は23 の言語で出版されている。イラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとしての活躍の場を拡げている。9 年の歳月をかけて映画化した『ロストシング』で2011 年にアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。同年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞も受賞。

●日時
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)

●会場
ちひろ美術館・東京
〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2
TEL:03-3995-0612 / テレフォンガイド:03-3995-3001
FAX:03-3995-0680

●開館時間
10:00〜17:00(最終入館16:30)

●休館日
月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
※GW・8月10日〜20日は無休
※年末年始
※冬期休館 2月1日〜2月末日
※展示替えのための臨時休館あり

●入館料
大人800円、高校生以下無料

団体(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円/障害者手帳ご提示の方は400円/介添の方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料となります。
※二重割引はいたしておりませんのでご了承ください。
※東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の入館料が無料となります。受付にてご提示ください。

●主催
ちひろ美術館

●協力
株式会社河出書房新社、カンタス航空、ジョン・ハディ・ソフィ・バーン、アシェット・オーストラリア、アレンア・アンド・アンウィン

●監修
ショーン・タン、ちひろ美術館

●後援
オーストラリア大使館、絵本学会、(公社)全国学校図書館協議会、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、(公社)日本図書館協会、杉並区教育委員会、西東京市教育委員会、練馬区

●企画制作
株式会社求龍堂、株式会社廣済堂

●特別協賛
株式会社ジャクエツ

●協賛
小野谷機工株式会社

ショーン・タン『アライバル』より 2004〜2006年

ショーン・タン『内なる町から来た話』より 2018年

ショーン・タン『アライバル』より 2004〜2006年

ページの先頭へ