イラストノート No.39

最新号

イラストノート No.39

サルビア特集

イラストノート No.39

サルビアとは「古きよきをあたらしく」をテーマに
日本各地の伝統工芸や地場産業と手を結び、
今の暮らしに寄り添うものづくりを提案している活動体です。
活動開始から16年。サルビアの「今」に焦点をあててみました。


著者名: イラストノート編集部
発売日: 2016/7/25
判型: [ 縦 : 285mm ] [ 横 : 220mm ]
ページ数: 144
定価: 1, 800 円+税

-----------------------
掲載内容に一部誤りがありましたので、下記のとおり訂正してお詫び申し上げます。
●130ページ
中部:さかだちブックス
誤:https://www.facebook.com/
ZakkaStudioMerci

正:http://www.sakadachibooks.com
-----------------------

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2016年8月19日(金)- 31日(水)11:00-19:00


事物へある角度の視座を差し伸べる一瞬に、実際には見えなかった情感が掘り起こされて可視化する。そんな写真メディア本来の優れた美質への高い信頼感を、心地よい緊張感にかえて生まれるのが、徳永彩氏の写真作品です。人のライフスタイルの様々なオケージョンとそのディテールを、柔らかい空気感で抱擁するような話法で、かつスナップ写真の柔軟性を損なわずに表現。春夏秋冬の悦びと畏怖、喜怒哀楽の行間などへ彼女が視線を投じる時、見過ごされがちなありふれた光景も、その水面下にありうる仮託されたシナリオのざわめきを纏うように、私小説的な味わいをもってフォーマット化されます。

2016年8月5日(金)ー 8月10日(水)

現世は夢 夜の夢こそまこと

江戸川乱歩の「奇想短編」でアンソロジーを刊行
七つの物語と七つの装丁でお待ちいたします
<物語を結ぶオリジナルサブストーリー収録>

装丁家:折原カズヒロ 石間淳 河村誠
白畠かおり 武中裕紀 原田恵都子 福田和雄

装画家:老沼果帆子 斧原由季 CANOO 河村まこと
タケウマ 登内けんじ 原田リカズ

挿画:永島壮矢

8月3日(水)〜9日(火)
午前10時〜午後7時 *最終日は午後4時まで

場所:姫路山陽百貨店本館5階=ギャラリー山陽
*入場無料

ボローニャ国際絵本原画展など数々の賞を受賞する姫路出身のイラストレータ・絵本作家 イヌイマサノリさんの原画展。今回は、文章作家 ナカオマサトシさんとのコラボ絵本を中心にご紹介します。

CAT POWER 2016

26
7月

“猫犬の殺処分をなくしたい”という考えに賛同いただいた全73名のイラストレーターによる猫ちゃんの絵を展示販売して、売上の30%を一般社団法人 動物愛護団体ランコントレ・ミグノンへ寄付いたします。
この展示はギャラリー・ルモンドが毎年夏に開催するチャリティ展示の第2回目となります。

7.19 tuesday - 8.6 saturday
open 12:00 - 20:00 月曜日定休 日曜日・最終日(8月6日)17時まで

CAT Party 7.23 tuesday 17:00 - 20:00
Sunday Afternoon Free CAT Live 7.31 sunday 16:00 MANDYさんによるピアノ弾き語りライブ
MANDY

期間:7/7(木)〜31(日) 12:00-18:00
休み:12(火)、13(水)、14(木)、20(水)、26(火)
企画・会場:tanabike
http://100nin.net
100人のクリエーターが、今年の夏に身につけたいデザインをシルクスクリーンにして、ずらっとtanabikeに並べます。
その中から選んだデザインを、Tシャツ、トートバッグ、ハンカチに好きな色のインクで自分で刷るワークショップ感覚のイベント。

2016年10月18日(火)から23日(日) 
12:00から18:00

KUNST ARZTでは、清水紗希の個展を開催します。
清水紗希は、針金で丹念に街並みを形作るアーティストです。
2015年の作品「街」は、A4サイズに‘区画’されたアニメチックな5つの街並みが、壁面に浮かぶような展示でした。鑑賞者の視点によっては、照明で銀色に輝くこともあれば、街の影だけが見えることもありました。それら無人の街並みが見せる陰陽の様は、シンプルな表現だからこそ、淡々と流れる日々の無常観や、そこに住んでいるであろう人々を想像させました。
本展では、その完全版的に、壁一面に‘区画’された街並みが広がります。散策しに来てください。(KUNST ARZT 岡本光博)

◼︎展覧会情報
2016 年 5 月に東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)が主催する「第 14 回TIS 公募」の審査が行われた。応募人数は 564 名、応募総数 1,731 点にのぼり、 11 名の審査員による審査の結果 28 名の作品が入賞、入選した。その受賞作品展が、ギャラリー 5610 で開催される。
※入賞、入選者については、イラストノートno.39 P85をご覧ください。

現代童画会は絵画(新しいナイーブアート)の創造と発展を希求し1975年に設立された美術団体。「自由なる心の表現」を標榜し、素朴、純粋性を基軸に作品の公募、展覧会を開催している。今年で42回目を迎える「現代童画展」の作品を募集する。入選作品は図録に掲載される。

2016年7月29日(金)ー 8月3日(水)

花を描くシリーズ12回目は、朝顔です。
イラストレーター20名の朝顔の花をお楽しみください。

出展者:愛川 空 岩間淳美 大西 洋 尾崎カズミ
長田結花 楠木雪野 小春あや 佐々木一澄
新川あゆみ 竹内 巧 永島壮矢 中島梨絵
野口奈緒子 林けいか 平のゆきこ 三浦由美子
もとき理川 保光敏将 山下アキ 山本由実

高杉尚子個展「わんぱくDNA」
2016年7月22日(金)ー 7月27日(水)

こどもにとって毎日はあたらしく、
あふれる好奇心の的です。
元気いっぱいで貪欲に楽しむ姿を、
一年の出来事を通して描きました。

プロフィール
絵本作家、イラストレーター。1976年東京都墨田区生まれ。
桑沢デザイン研究所リビングデザイン科ビジュアルデザイン専攻卒業。
2002年より個展にて作品の発表をはじめる。
主な仕事は、雑誌、書籍の挿絵や、子供絵画造形教室の講師など。
絵本『ぼくのいいところ』『ぼくのいもうと』(らくだ出版)がある。

高杉尚子HP
http://takasuginaoko.jimdo.com/profile-1/

●場所
OPA Gallery
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
TEL 03-5785-2646
E-Mail : mail@opagallery.net
Open:11:00-19:00(最終日17:00まで)

過去のインフォメーションを見る

  • イラストノート No39 読者プレゼント
  • 第18回 ノート展 作品募集
  • 第6回 ノート展キャラクター部門 作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • Creator's Value
  • イラストノート オンラインストア
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • デザイン業界の求人サイト デザインノート仕事ステーション 全国のデザイン・広告業界と、クリエイターを結ぶ求人広告はこちら
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ