イラストノート No.42

最新号

イラストノート No.42

特集:絵本の今。

イラストノート No.42

絵本が今、面白い。
絵本の世界に潮流が生まれています。ファンタジーやほのぼのとしたタッチの絵本が受けた時代から、細密に描き込まれたアート性の高い作品や、シュールでリアリティー溢れる描き方、マンガのようなコミカルなタッチの絵本など、個性豊かな表現がなされています。クスッと笑えるけど、心にずしんと残る。また、切なかったり、胸がキュンとしたり。物語のテーマも、生死や人間関係などを取り上げたメッセージ性の高い絵本が数多く存在し、読者を惹きつけてやみません。
今号のイラストノートは、今、話題の絵本作家に注目。枠にとらわれない創作スタイルや活動から、絵本の今が見えてきます。

ヒグチユウコ 
ディック・ブルーナ 
にしのあきひろ 
のぶみ 
谷口智則 
ヨシタケシンスケ
ザ・キャビンカンパニー
中村佑介
ほか…

定価(本体+税): 1, 800 円+税
ISBN:978-4416517468
2017年4月22日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

身近な材料や道具で手軽にできる文房具のつくり方を紹介した本です。

ノート、ファイル、ボックスなど、紙製の文房具30種類のつくり方のプロセスを写真でわかりやすく説明します。基本は、紙を切ったり、折ったり、貼ったり。イギリスのブックバインディング(製本)をベースにしたつくり方のコツは、巻末にまとめて詳しい解説を掲載しました。

特別な材料、道具、技術のいらない初心者向けから、誰かに見せたくなるこだわり派まで。週末などの空いた時間に気軽につくれるものばかり。シンプルなデザインで、性別や年齢を問わず、自宅でも仕事場でも使えるアイテムが満載。「あったら便利!」なオリジナル文房具30 点のつくり方を紹介します。


Adobe Illustratorは今年、リリースから「30周年」という記念すべき年を迎えた記念に
さまざまなジャンルでIllustratorをクリエイティブの味方として活用する、30代までの若手クリエイター30人を連載でご紹介します。
イラストレーター福田愛子さんから始まり、JENNY KAORIさん、たかくらかずきさんまでご紹介中です。

https://blogs.adobe.com/creativestation/serialization/illustrator30-30

6月30日〜7月9日

3日間ー限定 ライブペイント
*〜あなたに向けて絵を描きます〜*
さいしょの3日間 (30日は15:00まで)
Sonoe × ナツソラ × Occa
コラボの限定デザート付き

夏空-ナツソラ
ADRESS/名古屋市天白区表山1丁目219

お絵描き作家Sonoe
http://atelier-twinkle.com
https://www.facebook.com/oekaki.sonoe/

2017年6月23日(金)ー 6月28日(水)

横浜の港まわりには古いビルがまだ数多く残っています。
しかし、将来的にその全てが保存されていく訳ではないようです。
僕自身、学生時代から何かと縁のあるこの街の建物を
記憶に焼き付けるように描いてみました。

2017年6月30日(金) - 7月5日(水) 
11:00〜19:00 (最終日〜17:00)
ギャラリーニイク http://www.gallery219.com/ 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-2-19 TEL / FAX 03-3479-2775

“作品”を作り始めたころから、なぜか水にまつわる物事に惹かれます。雨、水溜り、傘、水の中の生物たち、そして水そのもの。
半夏生の季節に水に纏る作品を集めて展示致します。水溜りに一滴の水滴が落ちるように、ほんのり何かが届きましたら幸いです。

山路絵子HP http://yamajieiko.com/

6月22日(木)〜 6月28日(水)12時〜19時 
(最終日は17時まで)

6月24日(土)PM14:00〜
ささめやゆきさんとトークショー

会期:2017.7.11 火- 8.4 金
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
日曜・祝日休館 入場無料
会場:ガーディアン・ガーデン(東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F)
詳細URL:http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_sec_gr_201707/gg_sec_gr_201707.html

たかくらかずきはドット絵を用いた平面作品で第7回グラフィック「1_WALL」のファイナリストに選出されました。その後も画像を構成する最小単位である「ピクセル」をテーマに、イラストレーター、アーティストとして多岐に渡る作品を発表し、2016年「スタジオ常世」を設立、ゲーム開発をスタート、2017年には演劇の脚本を手掛けるなど、近年ますます表現の場を広げています。

本展では、ドット絵や絵文字といったデジタル表現を使いながら、見る角度によって絵柄が変化するレンチキュラー作品や、バーチャルリアリティ(VR)作品を中心に展示します。

人間の知覚を問うことに焦点を当てた本展では、鑑賞者の位置により見えるものが変化するVRやレンチキュラーと、その作品に動かされる鑑賞者を、別の鑑賞者が見るという二重の構造をつくり、作品と向き合う身体を再認識させます。

ヘッドマウントディスプレイを装着して360°の映像を見るVR作品では、メディアアーティストのゴッドスコーピオンとコラボレーションし、「占い」をモチーフにそのランダム性などを要素として取り入れた作品を制作します。VR作品を体験している鑑賞者が見ている画面はプロジェクションされ、見ることが見せることになる状況がライブで展開します。

展示会期 :2017年06月14日[水]〜06月24日[土]
開廊時間 :12:00―19:00(17日15:30―18:00の間トークショーのため入場制限有り/最終日17:00まで)
展示作家 :伊野孝行/漆原冬児/大河原健太/大高郁子/小田祐二/くぼあやこ/霜田あゆ美/丹下京子/丸山誠司/森英二郎/山下以登
備考 :トークショー「私が描いたこんな絵」のこと 6月17日(土)16:00―18:00 ※完全予約制・お申込みは下記を御覧ください


2014年6月から2016年11月まで、毎年2回開催した、Illustrators’Gallery(全6回)の自作自選ベスト+新作展です。
本人たちが選んだ作品と、同じテーマでの新作1点を見ていただきます。

2017年6月17日(土) ー 7月30日(日)

このたび、 フィンランドを拠点に活動しているテキスタイルアーティスト・浦 佐和子の個展を開催いたします。
フィンランドは、自然が身近に寄り添うようにすぐ側にあり、季節により様々な姿を見せてくれます。その日々の暮らしで感じた自然の美、 特に心惹かれる自然のうつろいをコンセプトに、 原画とテキスタイルを制作しました。
原画は、クレヨンで色の層を作り、それを爪楊枝で削って作られたもので、かりかり と描かれた痕跡から、その積み重ねた時間や息吹、そしてそれを触れて感じるように味わってもらいたいという思いにつながっています。単純な風景の美しさだけでは なく、自然の気配や匂い、誰かの記憶の一片のようなその時の移ろう時間や感情も一緒に、“うつろいの森”の世界の中に表現されています。

作品が見る人にとって、かすかでもいいから心の奥に光をともすような、何か響くような存在になれば嬉しいです。
浦 佐和子 SAWAKO URA 
http://www.sawakoura.com

2017.6.17.sat-6.30.fri
11:00-19:00
boogie hair+gallery
東京都渋谷区東2−18−6松岡ビル201

アルファベットの中での暮らしをイラストにしました。
それぞれの楽しい生活をご覧になってください。
http://risaco124.wixsite.com/masuo

過去のインフォメーションを見る

  • 第6回 ノート展キャラクター部門 結果発表
  • 第18回 ノート展 結果発表
  • イラストノート 読者プレゼント
  • イラストノート編集部 求人情報
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • クリエイティブシーズアワード2016表彰イベント
  • Creator's Value
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ