イラストノート No.39

最新号

イラストノート No.39

サルビア特集

イラストノート No.39

サルビアとは「古きよきをあたらしく」をテーマに
日本各地の伝統工芸や地場産業と手を結び、
今の暮らしに寄り添うものづくりを提案している活動体です。
活動開始から16年。サルビアの「今」に焦点をあててみました。


著者名: イラストノート編集部
発売日: 2016/7/25
判型: [ 縦 : 285mm ] [ 横 : 220mm ]
ページ数: 144
定価: 1, 800 円+税

-----------------------
掲載内容に一部誤りがありましたので、下記のとおり訂正してお詫び申し上げます。
●130ページ
中部:さかだちブックス
誤:https://www.facebook.com/
ZakkaStudioMerci

正:http://www.sakadachibooks.com
-----------------------

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2016年09月27日(火)〜 2016年10月02日(日)
12:00〜19:00 (最終日17:00まで)

変わらずに日々目にする色んなものをきめこみで描いています。
今回は仕事で描かせていただいた原画も展示します。
ゆっくりご覧いただけると幸いです。
坪島美里HP
http://www.kimekomihouse.com/
ギャラリーDAZZLE
http://gallery-dazzle.com/

2016年10月14日(金)- 26日(水)11:00-19:00 毎週木曜休


女優やアーティスト、タレントなどを被写体に、広告や写真集、雑誌などを幅広く手がけている柴田文子氏。可視的なものにアプローチしながら、目に見えない空気感で包み込むようにして被写体の生命感を浮き立たせ、見るものが思わず共感し、ときめくような作風で人気を集めています。特殊な技法には拠らず、ナチュラルな光彩、表情、ポージングを大切にする美質と、優美な暖色と鮮やかな寒色の美しさが織りなす躍動感豊かな画面からは、広義のハピネスが世に広がっていくようです。

2016年10月7日(金)ー 10月12日(水)
広い世界の片隅にある小さな小さな王国。
そこで暮らす動物達の働いている風景を
やんちゃな王子の目線で描きました。
いろいろな仕事をする動物達の賑やかな日常をご覧ください。

2016年9月30日(金)ー 10月5日(水)
一杯のコーヒーにまつわるあれこれ。
いろいろな色や素材の紙を切って貼って切り絵にしました。
切り絵をイメージしたオリジナルブレンドコーヒーも
ご用意してお待ちしております。

2016年9月21日(水)〜10月2日(日)月曜休廊
12:00〜19:30 (日)〜18:00
今年も怪獣たちが高円寺たまごの工房へ集結します!

大和市及びドラマティックカンパニーYamato50主催の「YAMATOイラストレーションデザインコンペ」は、若者の発表活動の支援と大和市をイラストあふれるまちに変えていくことを目的とした公募型コンペ。入賞者は、大和市や民間事業者などからの依頼に対して、イラストを制作するイラストレーターとして起用されます。あなたの作品・名前が多くの方の目に留まる絶好のチャンスです!!

北アルプス国際芸術祭2017 〜信濃大町 食とアートの廻廊〜 は、長野県大町市を中心に2017年の開催を計画している国際アートフェスティバルです。

長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くから塩の道千国街道の宿場町として栄えました。人口は約28,000人、北の五竜岳から南の槍ヶ岳頂上までを収める市の面積は565㎢、市街地の標高は700m余りの典型的な内陸性の気候で、北アルプスの山々を映す仁科三湖やダム湖があり、豊富な温泉にも恵まれた地域です。しかし、近年では 日本創成会議が発表した消滅可能性都市に上がるほど、過疎高齢化も深刻化しています。

「北アルプス国際芸術祭2017 〜信濃大町 食とアートの廻廊〜」は、総合ディレクターに北川フラム氏を迎え、土地固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力によって、北アルプス山麓の地域資源を世界へ発信することを目指します。

10月2日(日)虎ノ門ヒルズカフェにて、Eテレの人気番組「みいつけた!」や
「えいごであそぼう」のキャラクターデザインを手がけるイラストレーターの大塚いちおさんと一緒に、4歳から6年生までのお子様を対象に、キャラクターデザイナーになりきっての仕事を体験する「キャラクターをつくろう!」ワークショップを開催いたします。

2016年9月30日(金)- 10月12日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
村田なつか氏は、おもに森の生き物を題材にファンタジックな水彩画を発表し続けている新鋭です。キツネ、クマ、ウサギやリスなどの、思わず目に焼きつけたくなる佇まいとしぐさを、大自然の情景のなかで可憐な風合いに描写。それらを筆で愛撫するように定着させる彼女の丁寧な技量と、天空から見守るような大きな包容力に、見るものは心地よい温かさを感じることができます。まるで童話本や絵本のワンシーンを思わせるストーリー感覚溢れた構想力は、透明水彩の独特な滲みとマスキング技法とを駆使することで、より洗練された境地に。自然の陰りや発光感まで豊かに表現する余白の巧みな使い方も、まだキャリアの浅い彼女のこの先の進化を期待させるのに十分な魅力といえるでしょう。
動物イラストレーションの王道を承けつつも、ただ可愛らしいだけではなく、最近の個展では鉱石と動物との組み合わせシリーズを試みるなど、グラフィカルでシュールな着想の面白さも垣間見せている村田氏。各所のグループ展では水彩画を多様な形に応用・展開するオリジナル雑貨類も好評で、今後ますます活躍の場を広げていきそうです。

現実ではありえない、ちょっとバグった 世界を表現したいと思います。
HB Gallery
2016年9月23日(金)〜28日(水)
11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
Opening Party 9/23(金) 18:00~20:00

過去のインフォメーションを見る

  • イラストノート No39 読者プレゼント
  • 第18回 ノート展 作品募集
  • 第6回 ノート展キャラクター部門 作品募集
  • クリエイティブシーズアワード スペシャルイベント参加募集
  • Creator's Value
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • デザイン業界の求人サイト デザインノート仕事ステーション 全国のデザイン・広告業界と、クリエイターを結ぶ求人広告はこちら
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ