Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

2017年6月16日(金)ー 6月21日(水)

「物」の存在感をテーマにした5人展。
いつからか、唯そこに在るだけで、
注目されることもなく見過ごされている物。
しかし、気になって仕方がない物、
心揺さぶられる物を題材に、
そのものの存在感を描きます。

2017年6月12日(月)〜6月24日(土)
11:00-19:00 土曜日17:00まで 日曜休み

“編み”をテーマに、イラストレーター網中いづるの作品と別府の竹カゴとの共作を展示します。
ワークショップ 「花かごを編む」
講師:網中聖二
別府市に古くから伝わる「四海波 花籠」を編むワークショップです。
製作時間およそ1時間半
各回定員 3〜4名
費用3000円
材料、道具はこちらで用意します

ふだん小さな立体物で部屋を埋め尽くすインスタレーションを中心に発表しています。
今回出発点である布と糸を使い、日々感じる行く先のわからなさをぐるぐるまわる糸でシャツの上に表現。
階段下の3畳もない小さなスペースをクローゼットに見立てたインスタレーション。
シャツは着用可で、会場にて販売。

2017年6月26日(月)〜7月7日(金)*土日休廊
11:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

旅先でのハッとした瞬間や風景、愛おしいお土産や小物、その時の空気。。
そんな旅のカケラを沢山描きました。
4月表参道HBギャラリーでの個展の巡回展ですが、少し作品を入れ替え新作も準備します。
近くにお住まいの方、また大阪にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
大阪では初個展です。

2017年6月9日(金)ー 6月14日(水)

植物」をテーマにした5人展。
好きな草、花、樹木、庭などを描きます。
図鑑的な描き方とはまた違った意味で、
5人のイラストレーター図鑑をお楽しみください。

2017年6月2日(金)ー 6月7日(水)

月に一度のおでかけです。街角、公園、博物館、
いつもわくわく描き歩き、ずんずんずんずん進みます。
スケッチ会で訪れた場所の中から、
心に残った好きな景色を18人のメンバーが絵で表現します。
ぜひ、“おでかけ気分”を味わってください。

第5 回目となる 「MONSTER Exhibition 2017(モンスターエキシビジョン)」を、渋谷ヒカリエ8/ にて開催いたします。この展示会は、全国から公募により選ばれたアーティストの作品を無料で公開。審査は「あいちトリエンナーレ 2013」で芸術監督を務める建築家・五十嵐太郎氏をはじめ、 ロンドン、ニューヨーク、日本のキュレーターや芸術講師、プロのアーティストが行い、150 人のアーティストやデザイナーの中から40 人を選出いたします。最優秀賞 1 名 ( 賞金10 万円) 優秀賞 2 名(賞金3 万円)は、レセプション時に一般参加者と審査員により決定し、出展者全員の特典として、ニューヨークのトライベッカ地区にあるhpgrp GALLERY NEW YORK で2017 年9 月に展示するこができます。

日本工学院専門学校では、全国の高校生を対象に、ペンタブレットメーカーの株式会社ワコムとの 共催による『高校生イラストコンテスト2017』を開催。6月1日(水)から8月31日(水)まで作品を募集いたします。
応募及び詳細は、同公式ホームページ(http://www.neec.ac.jp/contest/irakon2017/)まで。
このコンテストは、若いクリエイターの発掘や作品発表の場を創出することで、イラスト制作への 幅広い興味関心を高めると共に、高校の部活動への支援などを目的に開催されているもので、昨年 は全国から511点の応募がありました。

Les filles Terribles〜恐るべき少女たち〜
少女趣味でフラジャイルなガーリーからはみ出た、既成概念にとらわれない強い意志と旺盛な好奇心が息づいたガーリー。これまで思い思いの少女たちを描いてきた4名のスタイルの異なるイラストレーターによるファンタジィをお楽しみください。

大森とこ http://tokoohmori.com/
北沢あつこ http://www.happy-cafe.com/atsuko/
maya https://maya911.thebase.in/
土屋まどか https://kamadomaka.tumblr.com/

【会期】2017年5月30日(火)〜6月4日(日)
12:00-20:00 最終日は17時まで
【オープニング・パーティ】5月30日(火)17:00-20:00

自分だけの一点ものが見つかる、毎年盛況の「ハンドメイドインジャパンフェス2017」が
5周年を迎えて今年もやってきました。 
テーマは「Crazy for Creation -つくることへの没頭-」。
インテリアやファッション、メンズグッズまで一点ものが多く揃い、
おしゃれ感度の高い人も満足できること間違いなしのイベントとなっております。 
あなたもぜひ、HMJで大切なものを見つけてみませんか?

日にち:2017年7月22日(土)・23日(日)
時 間:11:00〜19:00
会 場:東京ビックサイト 西1・3・4・屋上展示場

公式Webサイト:https://hmj-fes.jp

銀座本店に期間限定で「familiar ZOO」開園!ライオン・ゾウ・ウサギ・マントヒヒ・ひつじ・・・銀座本店CUBiEに67柄の動物モチーフのバッグが大集合!ファミリア創立67周年にちなみ、テキスタイルデザイナー鈴木マサル氏が動物67柄の世界にひとつの「familiar ZOO bag」をデザインします。鈴木氏が描く不思議なフォルムの動物達。「これはなんの動物かな?」「大好きなうさぎはどこだろう?」と楽しい会話がうまれる空間です。芝生、岩、池、等々のゾーンに分かれて一同に展示します。

2017年5月10日(水)〜2017年7月10日(月)
11時〜19時30分※最終日は18:00閉場

Marimekko pop up shop
We love Japan - The Isetan edition

マリメッコは、独創的な柄と色使いによって世界的に広く知られる、フィンランドのデザインハウスです。日本のマリメッコショップはもちろんのこと、フィンランド・ヘルシンキにある本店にも日本の方たちが数多く訪れてくださるなど、私たちはいつもたくさんの日本のファンの方の存在を感じています。

マリメッコの原点は柄です。その柄に、豊かな日本の色を纏わせてみたい、まずはそんな思いが生まれました。さらに、伝統に裏付けされた素晴らしい技を持つ日本の職人さんたちと一緒にものづくりができたら、一体どんなことが起こるだろう!と、さらに一つ奥の創造の扉をわくわくしながら開けてみました。

日本の伝統色で特別にカラーリングしたマリメッコのファッションアイテムやホームコレクション。そして日本の職人たちの手による丁寧なものづくりとコラボレーションすることで誕生したアイテムたち。フィンランドと日本の出会いから生まれた、暮らしを喜びでいっぱいにするコレクションを、伊勢丹新宿店本館1Fザ・ステージで、6月7日(水)より1週間限定で販売致します。

5/23(火)-6/5(月)の2週間、渋谷西武A館にて、
アクリル雑貨デザイナーsekiyumi、カゴアーティストのYOSHIKO、消しゴムはんこのとみこはんの三人で合同展「トリオ」を開催します。
ぜひぜひ、遊びにいらしてください。

とみこはん在店中はワークショップも開催します。

HITO個展「はっとする、ほっとした、物いろいろ」
2017年5月19日(金)ー 5月24日(水)

はっとして目が釘付けになる物。
見たりふれたりすると、なんとなくほっとした気持ちになる物。
身の回りや、旅先で見かけた、そんないろいろな物を描きました。

そのときを生きる作家たちは、自分らしさにこだわり仕事をして
ほしいと期待します。

この度の企画は40代半ばから30代半ばの作家による個性的な3名を
取り上げるものです。

オーガフミヒロは絵本のような幻想的な空間に展開する夢物語を、
今井麗は深刻さ、芸術臭さを持ち込まない清涼感溢れる表現が新鮮、
吉田友幸は写実的表現でありながら、画面を見つめる時間を要求
するかの奥行と発見をもたらす味わい。

各々の個性をお楽しみいただきたいと存じます。

05/26(金)→ 05/31(水)11:00am〜7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)
Opening Party 5/26(金) 18:00~20:00

最近気になることは食べることと、その周辺。
ベーグルのぐるぐる感ってとても良いなぁ。
そんな感覚を味わいながら、
食材と食器とそれらが存在する空間を、
光を意識して描き上げます。

2017年5月26日(金)ー 5月31日(水)

小さい頃から模様や柄が好きでした。お気に入りの
洋服の柄、母親が選んだ赤いランチョンマットの柄、
和紙の小花の柄、民族衣装の刺繍柄…
大人になった今でも大好きな模様や柄、
すなわち「図案」の作成にチャレンジします。

このたびデッサンでは、林青那 個展「点々」を開催いたします。
あらたな試みである、図やかたちの実験的小冊子「点点」の販売。 「点点」にまつわる 新作ドローイングの展示・販売をいたします。

会期中には、お持ちいただいた布ものに、作家がその場で模様をペイントする催しもございます。
みなさま、お誘いあわせの上どうぞお越しください。


会場:dessin | デッサン
会期:2017年5月26日(金)→ 6月11日(日)
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料

影山紗和子は、1日の物語を40mの絵巻物に表現したイラストレーション「地獄ちっく」で、第15回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。審査員からは、「メディアの枠にとらわれない新たな可能性を持つ」「新鮮で明快でありながら単純ではなく深い作品」と高く評価されました。

影山は、女の子、動物、食べ物、部屋の中などをカラフルな色でポップに描いています。ヴィヴィッドな色をユニークに組み合わせて、紙に一コマずつ静止画を連続して描き、動的、時間的感覚を紙面上に取り込み、まるで映像のようにイラストレーションを展開させます。そこでつくりあげられた空想の世界は、空間的な広がりを持ち、楽しく、のびやかに表現されていますが、よく見るとグロテスクな要素も含まれ、重層的なストーリーも読み取れます。

本展では、グランプリ受賞後に描いた新作を含めて、ギャラリー空間全体で展開する作品を展示します。

“未来〜これから”写真・絵画コンテスト2017
〜C型肝炎からの卒業、より明るい未来へ〜
2017年5月8日(月) 作品募集開始

C型肝炎治療は進歩し、これまでの治療法とは異なる最短12週間で治療できる新しい治療が始まっています。本コンテストは、C型肝炎を治療中の方、治療後の方に治療を終えた後のご自身の明るい未来・夢・理想・希望を表現した写真もしくは絵画を応募いただきます。また、受賞作品を一般展示し、広く皆様にご覧いただくことにより、C型肝炎に対する社会の理解を深めていければと思っております。

<クリエイティブナイト第19回> 
「富士山グラス」「THE」を手掛ける、今注目のデザイナー!
プロダクトデザイナー 鈴木啓太氏トークセミナー「未来へつなげるデザイン」
(5月25日(木)19:00スタート at エイトブランディングデザイン)

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインは、「富士山グラス」や「THE」などプロダクトデザインを中心に日用品や工業製品、 アートに至るまで国内外で様々なデザインを手掛けているプロダクトデザイナー 鈴木啓太氏をお招きし、トークセミナーを開催いたします。

『日本のお土産』をテーマに東京ミッドタウンが主催したデザインコンペで審査員特別賞を受賞した富士山グラスは、ご自身の思考の幅を広げる大きな契機となった鈴木氏の代表作です。
使う度に旅先の思い出が蘇るようデザインされた日用品・富士山グラスのように、鈴木氏は、社会や生活の中で「機能するプロダクト」を未来を見据えながらデザインします。
デザインを通じて、先人から受け継いだものを現代に最適化させ、未来につなげていくこと=「モノの歴史を一歩進める」ことが今のご自身のやるべきことだという鈴木氏。
クリエイティブナイトでは、デザイナーになりたいと夢を持った中学時代からインハウス時代、現在まで鈴木氏のデザイン観の裏側や今後に迫ります。どうぞお楽しみに!

WAREHOUSE MEGURO GALLERY (東京・目黒 )にて、アーティスト “eve”“Kan
Hirano”“神谷萌稲 ”の 3 名によるグループ展、「the struggle is endless」を開催します!

アーティスト 3 人がポートレートを中心に複雑な感情や現実を様々な表現で作品に落とし込む。
作家の自分自身との奮闘も垣間見える作品群は、多くの共感を得て、多岐に渡るフィールドで活躍をしています。
レセプションパーティーではトークショーの他、アート界を盛り上げる 3 人の世界をリアルに感じ取れる機会をご用意しております。

人が気になり、人を描き、人の中でくらしています。
日々の制作の作品たちをご観覧ください。

15周年記念の個展を開催します。
ぬくもりある絵+雑貨×絵の本を展示販売いたします。
子どもから大人まで ほっこり気分になってもらえますように。

ガーディアン・ガーデンでは6月より、個展開催の権利をかけたコンペ「1_WALL」の作品募集を開始します。

「1_WALL」は、新しい表現を追求し続けている若い才能を発掘することを目的としたコンペティションです。
各分野の第一線で活躍する5名がそれぞれ審査を行い、ポートフォリオによる一次審査、ポートフォリオレビューの二次審査、
ファイナリスト6名によるグループ展(「1_WALL」展)、一般にも公開される最終審査会を経て、グランプリを決定します。
グランプリ受賞者には、個展開催とパンフレット制作の権利が授与され、個展制作費として10万円が支給されます。

2016年12月刊行の切り絵の図案集『幸せを運ぶかわいい切り絵』(日貿出版社)に掲載した切り絵や新作を展示いたします。いろいろな表現の切り絵を楽しんでいただける展示を予定しています。お近くにお越しの際はお立ち寄りいただけると幸いです。

・会期:2017年5月8日(月)〜5月13日(土)会期中無休
・時間:11:00 〜19:00 (最終日は17:00まで)
・場所:ピンポイントギャラリー 東京都港区南青山5−10−1 二葉ビルB1F(東京メトロ表参道駅、電話 : 03-3409-8268)
・料金:無料

がんの患者さん・ご家族・ご友人向けの絵画・写真・絵手紙コンテスト「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス がんと生きる、わたしの物語。」では、6月4日(日)まで一般投票を実施しています。

一般投票には、がんの経験の有無や年齢にかかわらず、誰でも参加可能です。

絵画・写真・絵手紙部門それぞれの最多得票作品を「一般投票賞」として選出し、7月に開催する授賞式にて発表します。

コンテストの詳細・投票:https://www.locj.jp/


<第7回「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」一般投票について>
投票ページURL:https://www.locj.jp/
投票期間: 2017年4月7日(金)〜6月4日(日) 24:00
賞 : 「一般投票賞」 絵画・写真・絵手紙の各部門1名(計3名)   
副賞: 賞状・盾・5万円
発表: 2017年7月開催予定の授賞式にて発表
主催: 日本イーライリリー株式会社

北海道で編集や執筆活動を行う、ミチクル編集工房が小さな本のシリーズを立ち上げました。
第1弾は『山を買う』。東京生まれ、アウトドア経験なし。
そんな著者が、北海道・岩見沢に移住して、ノリと勢いで山を購入。
買ってみたら、予想外の楽しみ方が! 体験談をまとめたイラストエッセイ。
カラー24ページ/A6判/500円

お問い合わせはミチクル編集工房Facebook 
https://www.facebook.com/ミチクル編集工房-1450982271859021/

2017.  5/1(火)〜28(日)12:00 ~ 20:00
28(日)は 19:00 CLOSE

コンテナート@ 代々木VILLAGE
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-28-9 代々木VILLAGE 2F
03-3375-1252
http://contenart.main.jp/

広告や書籍、旅行ガイドブック、雑貨、パッケージ等の
イラストレーターとして活動しているスズキトモコの個展。

2017年05月02日(火) - 2017年05月31日(水) 蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア

東京スカパラダイスオーケストラのCDジャケットアートワークや書籍挿画など、幅広く活動している、今注目のイラストレーターいとうひでみ。

イラストレーターとしての活動と同時に、オリジナル作品の発表も精力的に行っています。
少女のモチーフを中心に、ゆるくシュールな、でも一度見たら気になってしまう不思議な魅力を持った作品ばかりです。

今回、代官山 蔦屋書店でオリジナル作品を展示・販売いたします。

展示に合わせて制作した新作ZINEや、オリジナルグッズも販売。
作品は売れ次第、随時入れ替えいたします。

この機会にぜひお立ち寄りください。

Sweet nothings:(すぐ消えてしまうような)甘い言葉、愛の囁き

ページの先頭へ