Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

2017年9月8日(金)ー 9月13日(水)

いつも誰かが必ず帰りを待っている家庭、
近所には必ず一人いたお節介なおばさん、
なんでも腹の底から語り合える仲間たち、
今ではほとんど見かけられなくなった
懐かしくて暖かい昭和を描きます。

10人のイラストレーターが描く、大人の戯れ

今年も開催いたします、テーマも去年と同じく猥談!
お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あずみ虫(http://azumimushi.com)
荒井浩之(http://eroie-hiroyuki.tumblr.com/)
三溝美知子(http://michikosamizo.com)
信濃八太郎(http://www.tis-home.com/shinano-hattaro)
曽根愛(http://soneai.wixsite.com/home)
田尻真弓(http://tajirimayumi.com/)
田中海帆(http://atelier-fufu.petit.cc/)
丹野恵理子(http://tan-no-e12.petit.cc/)
西川真以子(http://manims.jp/)
松浦シオリ(http://www.shiori-matsuura.com/)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
特設サイト(https://jinguumae2-y2.tumblr.com/)

2017/9/5(火)-9/17(日)
11:00-18:00(月曜定休日)

「秋の庭にごちそうがたわわに実りました」
きのこのほか木の実も加わえ秋の収穫をイメージした陶器の展覧会を、恵比寿の古民家を改装しジュエリー工房やカフェを併設したGALLRY DANDEにて開きます。
壁には手のひらサイズの壁掛けの花器
足元にはきのこのコンポートや小物たちが、
皆様のお越しをお待ちしております。

2017年8月22日(火)〜9月14日(木)

23回目となる東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会として「TOKYO ILLUSTRATORS SOCIETY PRESENTS 東京東 - シタマチ Discovery -」 を開催いたします。

今年は、会の名称にちなみ、東京、それも会場の銀座を含む東半分の色濃いエリアがテーマです。来年の設立30周年を前に、江戸下町から継承した伝統と新しいエネルギーが混在する今注目の景色を、163人のアンテナで描きあげます。「東京東」再発見にお出かけください。

もぐらの白昼夢のような、世界。
ウェルモ、ワイルドサイドを掘れ。

2017年9月11日(月)〜9月23日(土)
11:00-19:00 土曜日17:00まで 日曜休み
初日17:00〜オープニングパーティ

暑い夏も終盤にさしかかり、秋の訪れもほのかに感じる9月、イラストレーター大塚いちおの個展『DIG THE WILDSIDE』を開催いたします。 独特なタッチで描かれる景色の中に、自身の故郷である新潟県上越市にある上越妙高駅のためにデザインした もぐらのキャラクタ―「ウェルモ」が登場するイラストレーション。ウェルモがいる景色やウェルモの視点か らみえる景色、ウェルモがいることで生まれる不思議なスケール感や空気感を感じて頂ければと思います。 本展では、モノクロの原画を基に紙の種類や印刷方法を変えたり、プリントしたイラストの上にドローイング を描き加えたり、イラストレーターとしてだけではなく、アートディレクターとして活躍する大塚いちおなら ではのアレンジがなされた作品が並びます。28年前、大塚がはじめて展覧会をおこなった“Pinpoint Gallery” で、自身の故郷をモチーフにしたイラストレーションを展示する、まさに原点に立ち戻った展覧会です。是非 とも会場でご覧ください。

2017年9月1日(金)ー 9月6日(水)

今まで人物中心に描いてきたので、
物だけで見せることは挑戦でした。
表現したかったのは、淡々とした日常のある幸せです。
生活必需品や、趣味のものなど、普段生活する中で
手に取るもの、目に入るものを描きました。

8/22(火)から西荻窪のヨロコビtoギャラリーにて、黒田愛里 個展『Nommy』を開催させていただきます!
新作は全て、飲み物が大好きな主人公の男の子“Nommy”と友達との物語を描きました。
1つの物語を一連の作品にするは今回が初めてです。
新作20点と旧作を合わせた約40点程を展示販売いたします。

是非、ご覧いただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

「 記憶の中にあった
セピア色の広い砂丘は、
生きていた。」

2017年9月9日(土)〜 9月25日(月)

展示を開催いたします。

場所は、写真家 若木信吾さんがオーナーの BOOKS AND PRINTS

ずっと憧れていた、中田島砂丘から想いを込めて。

ここでしかできない空間を楽しんでいただける様に。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

細密画をベースにした世界観で、雑誌・広告・映像・WEB・CDジャケットなど幅広い分野で活躍するイラストレーター河野愛。フリーのイラストレーターとしてこれまで多数のアートワークを手がけてきて10年が経ち、その区切りとして10年間で生み出したアートワークの原画たちを一挙展示するイラスト原画展。絵は生活の一部であり自身から生み出されるものとして、新作に自身をモデルとした作品数点、合わせてB1サイズの新作も展示します。

http://place.luckand.jp

会期
■展示:2017年8月15日(火)〜2017年8月27日(日)
OPEN : 11:30 – 22:30(22:00 L.O.) *日曜11:30 – 20:30 (20:00 L.O.)
CLOSE : 月曜(8月21日)
*入場無料(ワンオーダー制)

SUNNY BOY BOOKSサイト内のコラムで連載している本の中の道具たち。
その原画をお披露目する展覧会を開催します。

2017年9月2日(土)− 9月14日(木)
平日 13:00-22:00/土日祝 12:00-21:00/金曜定休

SUNNY BOY BOOKS(東京/学芸大学)
http://www.sunnyboybooks.jp/
(東横線 学芸大学駅 徒歩約5分)

第45回東京モーターサイクルショーを開催するにあたり、当協会では、“バイクはこんなに「いい!」乗り物だ。”「はじめよう Bike!!」をテーマに、バイクに乗りたい気持ちが高まるポスターデザインを募集します。
最優秀受賞作品は、当ショーの広告物・メインビジュアルとして、ポスター ・チラシ ・公式ホームページ ・会場案内パンフ ・会場サイン等に採用いたします。

応募対象:大学生、専門学校生、高校生以上
締切:2017年11月17日(金)必着
※詳細は、ホームページをご覧ください。
http://www.motorcycleshow.org/

2017年8月25日(金)ー 8月30日(水)

出版絵本の仕事に繋げることを目的とした展覧会です。
お話しの絵を2〜4点と、お話しのダミー本を展示します。
絵本の制作、出版に携わる関係者に多くご来場いただき、
新たな作品、作家との出会いの場にして頂きたいと思います。

【出品作家】
青柳もとひろ  奥田あきこ
柿崎えま    坂口友佳子
柴崎早智子   千秋まみこ
豊福まきこ   橋本佳奈
早川容子    松屋真由子

暮らしの中で出会った楽しみやおかしみを消しゴムはんこを彫って描く、
とみこはんの消しゴム版画展です。
活気あふれる、夏の浅草で、消しゴムとともにお待ちしております。

とみこはん消しゴム版画展「topping」
日時:2017年8月12日(土)-27日(日)12時-19時 
※期間中、8/14.21(月)は定休日です。

2017.8/29〜9/24

自家焙煎珈琲&ギャラリー
ゼロエックスカフェ
名古屋市瑞穂区瑞穂通1-18-2
☎052-853-5553 *10:00〜18:00*
*毎週月曜は15時まで
9/18(祝)18時まで19(火)15時まで

お絵描き作家Sonoe
http://atelier-twinkle.com

どこにいても、生き物はいる。
身近に見られる動植物を中心に、
水彩色鉛筆・ガラスミニボトルの小作品に加え、
今回はアクリル絵の具の作品も展示致します。

9月8日(金)〜18日(月)
アトリエシード(神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル2階)
12:00〜19:00 水曜お休み
http://atelierseed.shop-pro.jp/
※駐車場はありませんので、近隣のパーキングエリアをご利用いただくか、
公共交通機関をご利用の上お越し下さい。

2017年8月18日(金)ー 8月23日(水)

2016年より北海道に制作の場を移しました。
自然が多い環境のなかで、
肌で感じとる感覚を大切にしていきたいと考えています。
今回の作品でも木の板を支持体に
「感触」を意識した作品を展示します。

2017年8月4日(金)ー 8月9日(水)

ブックデザイナーによるブックレーベルTimeless Books
が小説『檸檬』を中心に梶井基次郎の作品集を制作。
8人の装丁家による8つの装丁で『檸檬』がよみがえる。
丸背小口折製本により会場に檸檬が出現します。

【装丁】
折原カズヒロ 石間淳 小川恵子 河村誠
白畠かおり 武中祐紀 原田恵都子 福田和雄

【装画】
日野洋子 樋口達也 オオノ・マユミ 鬼頭祈
大廣ヨーコ シライケン 都築まゆ美

Timeless BooksのHP 
https://www.timelessbooks.info

東京工科大学デザイン学部の講師や同学部生らが制作などを手がけた『八王子市市制100周年記念 プロジェクションマッピング in 東京工科大学』(同実行委員会主催)が、8月11日(金)「山の日」に八王子キャンパスにて開催されます。

本企画は、国内有数の学園都市である八王子市の市制100周年を記念し、国内でも珍しい自治体と市民、大学とのコラボーションで行われるプロジェクションマッピングプロジェクトです。本学では、デザイン学部の田村吾郎講師を中心とするチームが企画・プロデュース・制作などを手がけたほか、同学部の学生有志25人がワークショプや作品制作のサポート、メディア学部の学生100人余りが当日の運営などに参加します。マッピングを行う「片柳研究所棟」は、高さ86m幅156mの八王子キャンパスのシンボル的な建物で、屋外のプロジェクションマッピングとしては八王子市で最大規模となります。

がんと診断された方、およびそのご家族、ご友人を対象にした絵画・写真・絵手紙コンテストです。作品に800字以内のエッセイを添えて、がんと生きるあなたの想いを表現してください。

主に「富士山」と「現代っ子の女子高生」という対比するモチーフを甘美な色使いと繊細なタッチで描く加藤正臣の個展を行います。
2017年8月4日(金)〜8月26日(土)
開廊時間:12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
8月14日(月)〜17日(木)は休廊致します。

2017年、大阪より新しいアートの風が起こる。
デジタルアートバトル、LIMITS がお送りする 新しい学生リーグイベント。

全国から集まった、8〜10校(最大24〜30名)の学生が大阪に集結し、日本一の学生チャンピオンを決定!
優勝者には豪華商品とLIMITS 本大会への参加権利が与えられる。

制限時間はたったの20分。2つのテーマを組み合わせ制作テーマをバトル直前に決定。
アイデアで魅せるか、スピードで魅せるか、デジタルツールを駆使し、まったく新しいアート表現のプロセスを見せつけろ!


このたび、先日開催決定および特報映像の公開でリリースを送らせていただいておりましたニューディアー配給・宣伝の”ヘンなアニメーションの祭典”「変態メタモルフォーゼアニメーションナイト2017」の予告編が公開上映全作品が発表となりました。陽気で軽快なリズムに乗って、気づけば変態アニメーションナイト史上最大の作品数19作品のボリュームで贈る世界で最「狂」の100分 ヒューマントラストシネマ渋谷にて8月12日(土)〜25日金の週間限定公開ののち、京都みなみ会館ほか全国の劇場にて公開予定です。

観た者に一生忘れないインパクトを残す短編アニメーション作品を集め、全国各地で満員の観客を阿鼻叫に陥れる人気企画「変態アニメーションナイト」の新シリーズ。今回のテーマは「ポップに狂ってる」……ということで、陽気に見えながらもどこか頭のネジが外れてしまっているような作品を集めました。あなたはまだ”アニメーション”のこわさを知らない…

会期:7月18日(火)〜23日(日)
時間:12:00 - 20:00 最終日は17時まで
会場:L’illustre Galerie LE MONDE
   150-0001 東京都渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201
オープニングパーティー:7月18日(火)18:00~

*入場無料

2017年7月14日(金)ー 7月19日(水)

山口マオの尊敬するイラストレーター、絵本作家、画家である
3人にお集まりいただき、恥ずかしながら本人も参加するという…。
どんな展覧会なの?と言われたら・・・
「ボクの最も好きな作家たちを集めた展覧会」と言うしかない。
タブローを中心に展示していただく予定です。


出展者
北見隆  ささめやゆき  スズキコージ  山口マオ

2017年7月21日(金)ー 7月26日(水)

外遊び、室内遊び。
幼児を中心とした子どもたちの、
のびのびと遊ぶ姿を描きました。

プロフィール
絵本作家、イラストレーター。
1976年東京都墨田区生まれ。
桑沢デザイン研究所卒業。
2002年より、個展にて作品の発表をはじめる。
主な仕事は、雑誌・書籍の挿絵や、子供絵画造形教室の講師など。
絵本に『ぼくのいいところ』『ぼくのいもうと』(らくだ出版)がある。

高杉尚子HP
https://takasuginaoko.jimdo.com

2017年7月7日(金)ー7月12日(水)

アルファベットの形をなぞった動物たちが、
音楽を奏でる、創作絵本を紹介します。
Accordionを弾くAlligatorや、BaseをつまびくBearなど、
愉快な音が聞こえてきそうな動物たちの演奏会を、
ぜひ、お楽しみください。

プロフィール
1963年福岡県生まれ。東京都在住。横浜国立大学工学部卒。
IT系の職を経て、武蔵野美術学園絵本コース研究課程修了。
2017年より絵本作家として活動を開始。
主に音楽と動物を題材に、水彩絵具やアクリル絵具で制作しています。

福井美佳BLOG
http://fuku-rou.hatenablog.com

「街の風景2」
2017年6月30日(金)ー 7月5日(水)

街を描く「風景」シリーズの第2回です。
思い出や思い入れのある街、心ひかれる街。
5人それぞれの想いとともにお楽しみください。


出展者
いわがみ綾子  長田結花  かとまり
柴田舞美  野田映美

あげて良し、もらって嬉しい、使って便利な手拭いです。
絵柄手拭を中心に取り揃えました。
真夏のひととき、涼感をお楽しみください。

2016年7月8日(金)〜8月10日(水) *木曜定休(最終日17:00まで)

11:00〜19:00

OPA SHOP http://opagallery.net/shop.html

この度、NANZUKAは、当ギャラリーでは約3年ぶりとなる田名網敬一の新作個展「貘の札」を開催いたします。

田名網敬一は、1936年東京に生まれ、武蔵野美術大学を卒業。1960年代より、グラフィックデザイナーとして、映像作家として、そしてアーティストとして、メディアやジャンルに捕われず、むしろその境界を積極的に横断して創作活動を続けてきた孤高のアーティストです。
http://www.nug.jp/jp/exhibition/2017keiichiTanaami.html

期間:2017.7.7 (金) 〜7.20 (木)
10:00-21:00(最終日のみ18時クローズ)
場所:DMOARTS(ディー・エム・オー・アーツ)
大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 7F
TEL06-6450-8187
オープニングレセプション 
7.8(土) 18:00-
入場:無料

DMO ARTSでは初めての展示となる戸屋ちかこ個展「Floating Reality」を開催します。
戸屋は、人々の生活や動物、花、自然をモチーフに、パターンのような装飾を施しながら、色彩豊かな作品を創りあげていくアーティスト。
今回の個展では、生き物たちが現実と非現実をいったりきたりし、おのずから共存するアルカディアを表現します。

ページの先頭へ