イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

最新号

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

特集:寺田克也、ココ500日。

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

寺田克也は、ジャンルの枠を、さらには国境を、「描く」ことで軽々と越えていく。
プロが心酔するプロ、寺田克也が、その仕事の流儀を惜しげもなく公開する独自企画が実現!

2019年初頭から2020年の冬まで、完全密着。
最新作をふんだんに紹介するほか、ギャラリストへのインタビューを含め、内と外の両側から寺田克也のクリエイションと思考に迫ってみました。

■目次
特集:寺田克也、ココ500日。

●寺田克也、描く
最新作を中心としたアートワーク

●寺田克也、魅せる ― ココ500日の全個展を追跡!―
500 日の間に行われた全個展を紹介。
展示風景と展示作品の画像を交えながら、各ギャラリーオーナーへのショートインタビューを敢行。

・2019年3月–4月
トランスポップギャラリー @京都
異色の「寺田爺」

・2019年4月–5月
ヴォイド @東京・阿佐ヶ谷
圧倒的100作品超「ラクガキング東京」

・2019年12月–2020年1月
GR2 ギャラリー @ロサンゼルス
日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」

・2020年2月
モグラグギャラリー @東京・御徒町
マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」

・2020年5月–6月/9月
ギャラリーハウスMAYA @オンライン/東京・青山
電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 – モンスターと少年」

・2020年11月–12月
スペースカイマン @東京・日本橋
今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」

●寺田克也、答える ― 学生たちとの Q&A ―
桑沢デザイン研究所での授業を誌上で再現。学生たちからのピュアな質問に対する、寺田先生の答えとは。

・寺田克也の500日年表
ココ500日を振り返り、次の 500日を考える、ロングインタビュー。

●寺田克也、語る ― 独占ロングインタビュー ―
ココ500日の活動と思考を見つめる

・読者プレゼント

・SPECIAL EDITION クリエイターズ・バリュー
イラストレーター29人の仕事

・第21回「ノート展」大賞受賞 特集誌面
萩結



定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416521830
2021年1月26日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

植物をモチーフにした作品を展示いたします。
イラストレーション、和紙造型など、植物を様々な手法で表現している作家による展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE (URL http://gallery-dazzle.com)
会期:2021年3月9日(火)〜3月14日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

◎作家
牛久直美、そねはらまさえ、松山祐子、Mythique Ay

12:00〜19:00 土曜日は17:00まで 日曜休み
初日3/1のみ14:00〜19:00

3年半ぶりに、新しくなった表参道の
ピンポイントギャラリーで個展を開催いたします。
このギャラリーでの初めての個展では
ハワイに籠って、ポートレートを山のように
描いた思い出があります。

それから四半世紀、広告デザインや出版領域で
活動を続けて来ました。
主に、ガラスペンとインクで描く線画表現で
様々なクライアントの仕事や
書籍等の作品を制作してきました。

令和になって初めての今回の個展では
動物をモチーフに制作しようと思っています。
また、最近嵌まっている筆とインクの
僕にとっては新しい表現で構成します。
これまでの線画表現とは違った
可愛くて不思議な動物達に
是非、会いに来て下さい。

北谷しげひさ

受賞作品を含む新作をご覧いただきます。是非お出かけください。
Facebookページでは、これまでの受賞者のお仕事の一部をご紹介してますのでご覧ください。
また、会期中はtwitterやinstagramでも、展示の様子や作家の在廊情報などをお伝えしてまいります。

Facebook
@galleryhousemaya

twitter
@gallery_h_maya

instagram
@galleryhousemaya

2月に入り立春を過ぎたあたりから、まだ寒い日があっ
ても、なんとなく春の気配を感じます。においや色や光。
3月あたりはちょうど春のまんなかのような。4月生まれ
のわたしの一番好きな季節の春のことを描きました。

世界の様々な ”痛み” をテーマに描かれた作品展。
戦争、内乱、核兵器、乱獲、密猟、自然破壊などから着想を得て、絵に込めた作品群。
作家が作品に込めた想い、観覧者が何かを感じとってもらえるような発表の場を、そしてナガサキから世界へ発信できる問いかけの小さくも一歩になればと企画した。
2009年から2019年の間にニューヨークとベルリンで制作された、油彩画、石版画、ドライポイント、水彩画、コラージュを大小合わせて15点を展示。
サブタイトル「Pain Pain Go Away!!」は「痛いの、痛いの、飛んでゆけー!」の英訳。

この度 MINA-TO(Spiral 1階)にて「鈴木マサルとむす美のふろしき」POP UP SHOPを開催する運びとなりました。むす美は 1937年に京都で創業した山田繊維 (株) の自社ブランドで風呂敷を専門に製造販売しています。今回は鈴木マサルとの初めてのコラボレーションシリーズとなり、鈴木にとっても風呂敷は初めて取り組むアイテムとなります。製作したのは全部で8アイテム。形は全てベーシックな正方形の風呂敷ですが、リネン、ポリエステル、両面プリント、撥水加工など素材や加工などが違う事で様々な用途で楽しんでいただけるラインナップとなっています。
特に、ダブルフェイスという両面に違う柄をプリントをする手法は裏面への柄の写り込みをあえてデザインに生かし、透けて見える部分も柄としてデザインしています。使い方で柄の出方が無限に変化する、新しい考え方の風呂敷になっています。他にもフレンチリネンを使ったシリーズはスカーフなどのファッションアイテムにもなり、撥水加工のアクアドロップは水も運べる機能素材で、赤ちゃんの食事やおむつ替えの時に敷くなど、用途は無限に広がります。会場では鈴木自身で制作したアートパネルの展示、販売も行う予定です。

日頃から授業で取り組んでいるアートワーク(Tableau)、クロッキー(Fashion/ Body/ Group)、イラストレーション作品を100点以上展示いたします。在校生の個性溢れる作品をご高覧ください。
https://ginza-s-atelier.com/2021/02/18/s_atelier_eht2021/

トーキョーアーツアンドスペースのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に構成する企画展「ACT (Artists Contemporary TOKAS)」。第3回となる今年度は、新型コロナウイルスの影響により開始間もなく中止となった「ACT Vol. 2 『停滞フィールド』」の参加作家である田中秀介、広瀬菜々&永谷一馬、渡辺豪の3組を再び迎え開催します。

『表現と概念』では、毎回表現に関するコンセプト(概念)を1つ決めて、そのコンセプトに沿って制作された数人のアーティスト・クリエイターによる作品の展示や、トークイベントやワークショップといったさまざまなコミュニケーションを行なっていきます。

第1回目のコンセプトは『色』です。

色の鮮やかさが印象的なイラストレーターや、色彩を光として表現する写真家に、モノクロームで作品を制作してもらうことで、そこから浮かび上がるオリジナリティや世界観を、研究するかのように楽しめたらと考えています。色という概念をなくした世界に、新しい発見があるかもしれません。色のない世界に色を感じるひともいれば、作り手の意図しないもう1つの物語を見つけるひともいるかもしれません。また、普段の暮らしの中で「色を見る」楽しみが1つ増えるということもあるかと思います。アートの楽しみは視点の多様性はもちろん、見るひとや作るひとの探究心の中にあると思っています。この機会にぜひ『発見する』楽しさや喜びを感じてもらえたらと思います。

詳細なしに伝わるデザインを目指す!
キャラクターの”らしさ”を表現する方法を説いた、世界標準の教科書!
基本を知ることで、「客観的な観点」「技術」、そして「自信と勇気」が得られます。

掘り下げ、特徴を引き出し、構造を与えると、シンプルなキャラクターにも生命がこもります。「ストーリーを伝える」「魅力ある」キャラクターをデザインしましょう。

ドローイングの腕を磨きたいプロのアーティストなら、知識の整理に。
ポートフォリオを作りたい卒業したてのデザイナー志望者なら、業界の必須常識を知るために。
一口大のトピックでわかりやすく書かれているため、取り入れたい観点を取り入れ、繰り返し読んで徐々に応用範囲を広げられます。

著者のスティーヴン・シルヴァーは、「キム・ポッシブル」「ダニー・ファントム」「Oops!フェアリー・ペアレンツ」のキャラクターデザインを手がけたアニメーション業界のアーティストです。また、Silver Drawing Academyのオーナーとして後進の指導にあたっています。数十年にわたるアーティストとして、指導者としての経験をまとめた1冊。

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ