イラストノート No.53

最新号

イラストノート No.53

特集:「世界観を創造する匠たちの神技テクニック。」

イラストノート No.53

ゲームやアニメーション、あるいは広告や装画には、見る人の意識を一瞬にして引き寄せ、そのまま虜にしてしまうものがある。
その途轍もない引力の正体は何だろう。
もちろん、キャラクターやストーリーの力は大きい。
しかし、それらと並ぶ最重要ファクターの一つが「世界観」ではないだろうか。
本特集では、文字通り「世界観を創造する」ことを生業とする匠たちの比類なきテクニックを解き明かす。

第一特集は、世界各地の史跡や遺跡をめぐり、異世界と見紛う幻想的な風景を撮り続ける写真家・清水大輔氏のインタビューだ。
氏が、目の前の景色を自分だけの世界へと昇華させることができたのはなぜか。
そこには、複製から創造へと跳躍するためのヒントが潜んでいる。

第二特集では、ゲームやアニメーションの美術設定や背景、装画や絵本など多分野で活躍する3人のイラストレーターにフォーカスする。
彼らの描く世界は、五感を刺激し、時に熱く、時に切なく、心を揺さぶる。
その裏側にある深い知見と磨き抜かれた技に迫る。

世界観を創造する力。
それは今や、クリエイターとしての必須条件だ。
プロの描き手を目指すすべての人に向けて、この特集を届ける。

特集1 SPECIAL INTERVIEW
自分だけの
+0.1を求めて
幽玄一人旅団
清水大輔

特集2
誰も行けない場所を
自分の力で描く
六七質

五感すべてで感じる
街の空気感
ぽち

一人でも多くの人に背景を描く楽しさを知ってほしい
吉田誠治

「TIS BREAK」第45回
タラジロウ

夏の美術学校特集2020

第21回「ノート展」結果発表
第9回ノート展「キャラクター部門」結果発表

Special Edition クリエイターズ・バリュー
イラストレーター82人の仕事

定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416520710
2020年7月28日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2020年10月10日(土)〜11月1日(日)
12:00〜19:00
定休日/月・火・水

作家コメント
たいせつな場所として描いている家は、自分自身の中にある、精神(心)の
住処を象徴しています。
ひとりひとりの”たいせつな場所”が満たされるものであるよう願って描いています。
見てくださる方の何かと繋がれば幸いです。

デビュー10周年を迎えた、テキスタイルデザイナー 鈴木マサルの傘。

2011年にデビューした「OTTAIPINU UMBRELLA & PARASOL COLLECTION」。新作発表に合わせ、2012年より毎年開催してきた「鈴木マサルの傘展」は、傘を軸に、テキスタイル作品やライフスタイルアイテムを展開し、絶妙な色使いと大胆な構図がもたらす、ユーモア溢れる不思議な世界観で、多くのファンを魅了してきました。

いつもは、梅雨の少し前の季節に開催して参りましたが、本年は、新型コロナウィルス感染拡大の影響により、9月16日(水)〜10月19日(月)の期間にオンラインと同時開催することで、より多くの皆さまにご覧いただけるように致しました。

●9月26日(土) 14:00〜 インスタグラムライブガイドツアー開催決定!

インスタグラムライブガイドツアー開催決定!
鈴木マサル本人によるインスタグラムライブガイドツアーを行います。
Artek Tokyo Store での「鈴木マサルの傘 10 周年」のディスプレイの様子や見どころなどを、アルテックと鈴木マサルのアカウントより配信。外出が難しい方、遠方にお住いの方も、オンラインから展示の様子をお楽しみいただけます。

日時:9 月26 日( 土) 14:00  ※30分程度を予定
配信:@artekjapan と@masaru_suzuki_textile より同時配信

2020年10月3日(土)より、PARK GALLERY にて、イラストレーターのなかおみちおによる3年ぶりの個展『DO NOT DISTURB』を開催します。ナードな視点で、雑誌や音楽、イベントと様々なジャンルのメディアで、絶えずゆるぎのないスタンスで活躍するなかおみちお。

スケートカルチャーをはじめ、ヒップホップから派生したポップでかわいいけれど毒のあるキャラクターや、フィクションとノンフィクションの間を行き交うユーモアあふれる世界観が話題に。イラスト業のほかに『NERD SKATES(ナードスケート)』名義でオリジナルグッズも制作、吉祥寺のスケートボードショップ Argument で4年にわたり開催されたグループ展『New gig』では、有名無名問わず世代とジャンルを超えた様々なアーティストをブッキングし、キュレーターとしての実力も話題となりました。

■募集テーマ
「がんと生きる、わたしの物語。」  がんと生きるあなたの想いを表現してください。

がんと診断された方、およびそのご家族、ご友人を対象にした絵画・写真・絵手紙コンテストです。作品に800字以内のエッセイを添えて、がんと生きるあなたの想いを表現してください。

《西の海で魚群と再会》
芸術家『岡本泰彰氏』が、出身地である西海市で初めて開催する個展。西海市大島文化ホール全体を使った単独での開催は、西海市文化協会としても初の試みです。 この展覧会は、西海市とゆかりのある魚や海をテーマに描かれた作品20点ほどを展示します。第64回長崎県展 新鋭賞作品”Dear Landlord”、西海市へ寄贈された版画作品”Hometown”を含め、縦180cm x 横630cmの大作を初展示します。その他未発表の新作も数多く、油彩画・アクリル画・水彩画・石版画などの技法もご覧になれます。 尚、会期中に『長崎バイオパーク』『音浴博物館』『social creative lab Spacy』『イラストレーター Chan』『海宙塾』『デザイン ヤマダケンタ』の協力の元、様々な企画を実施致します。 

新派の名優井上正夫は、絵を描くのを一生の趣味としていました。友人や知人への手紙には、その時々に応じた絵が添えられています。井上が愛した絵手紙作品を募集します。

募集期間:令和2年9月1日(火)〜令和3年1月8日(金)【必着】
題材:ふるさと
部門:一般の部・学生の部
形式:手紙、はがき(A4サイズまで)

愛媛県美術館では、来る10月1日より愛媛県新居浜市出身で、わが国のイラストレーターの草分けとして様々な作品を世に送り出した真鍋博(1932-2000)の没後20年を記念し た大規模な回顧展を開催します。

1932(昭和7)年、愛媛県宇摩郡別子山村(現・新居浜市)に生まれた真鍋博はイラストレーションの世界を舞台に様々な作品を世に送りだしました。本展は、真鍋博の没後 20年という節目の年に開催される大規模な回顧展です。真鍋が大学在籍中に制作した油彩画から、星新一や筒井康隆などの装幀の原画にいたるまで、約700点の作品群を展示いたします。1964年の東京オリンピックや1970年の大阪万博など、わが国の高度経済成長と呼応しつつ新たなデザインを切り開いていった真鍋の画業を、生誕の地で振り返ります。

詩人平岡淳子さんの詩をイラストに描く展示を開催


会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:10月27日(火)〜11月1日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

詩人平岡淳子さんから一篇の詩が提供され、6名のイラストレーターが描き、
その絵から次の詩が読まれ、それをまた描くという往復書簡のように詩と絵が
折り重なってゆきます。6名それぞれに違う展開になってゆきます。

会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:10月13日(火)〜10月25日(日)月曜休廊
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

クリエイターが描いたイラストやアート作品・写真やデザインなどのデジタル
データを、フェイスタオルに全面プリントし会場で展示・受注販売いたします。
(会期終了後にプリントし郵送いたします。制作期間は3週間ほどいただきます。)

陶芸・手編みオブジェの展示会開催

会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:10月6日(火)〜10月11日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)
・藤原ひろ子(立教大学文学部卒業。大学のサークルで陶芸と出会い、会社員生活を経て陶芸を再開。)
・山口三輪(幼い頃より母親の影響で手芸に親しむ。なかでも一本の糸から形づくる編み物に興味をもち独学で制作を続け、2009年より編み物オブジェ作家として活動を開始する。)

過去のインフォメーションを見る

  • Tombow ABTアートコンテスト作品募集!
  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ