イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

最新号

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

特集:寺田克也、ココ500日。

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

寺田克也は、ジャンルの枠を、さらには国境を、「描く」ことで軽々と越えていく。
プロが心酔するプロ、寺田克也が、その仕事の流儀を惜しげもなく公開する独自企画が実現!

2019年初頭から2020年の冬まで、完全密着。
最新作をふんだんに紹介するほか、ギャラリストへのインタビューを含め、内と外の両側から寺田克也のクリエイションと思考に迫ってみました。

■目次
特集:寺田克也、ココ500日。

●寺田克也、描く
最新作を中心としたアートワーク

●寺田克也、魅せる ― ココ500日の全個展を追跡!―
500 日の間に行われた全個展を紹介。
展示風景と展示作品の画像を交えながら、各ギャラリーオーナーへのショートインタビューを敢行。

・2019年3月–4月
トランスポップギャラリー @京都
異色の「寺田爺」

・2019年4月–5月
ヴォイド @東京・阿佐ヶ谷
圧倒的100作品超「ラクガキング東京」

・2019年12月–2020年1月
GR2 ギャラリー @ロサンゼルス
日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」

・2020年2月
モグラグギャラリー @東京・御徒町
マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」

・2020年5月–6月/9月
ギャラリーハウスMAYA @オンライン/東京・青山
電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 – モンスターと少年」

・2020年11月–12月
スペースカイマン @東京・日本橋
今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」

●寺田克也、答える ― 学生たちとの Q&A ―
桑沢デザイン研究所での授業を誌上で再現。学生たちからのピュアな質問に対する、寺田先生の答えとは。

・寺田克也の500日年表
ココ500日を振り返り、次の 500日を考える、ロングインタビュー。

●寺田克也、語る ― 独占ロングインタビュー ―
ココ500日の活動と思考を見つめる

・読者プレゼント

・SPECIAL EDITION クリエイターズ・バリュー
イラストレーター29人の仕事

・第21回「ノート展」大賞受賞 特集誌面
萩結



定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416521830
2021年1月26日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

ちょっとイラストを描いてみたい。しかし鉛筆やペンだと画力が必要。水彩や色鉛筆だと技術も必要。そこで、簡単に描ける画材として「クレヨン」を取り上げ、ダイナミックなタッチで描いていく手法を、現在、海外でも人気の若手イラストレーターの筆者が、クレヨンの使い方や描き方などを、わかりやすく解説します。
Amazonをはじめ、各書店様にて好評販売中です!
https://amzn.to/3d5596u

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2006 年よりレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス」を開始し、東京や海外の派遣先を舞台に、ヴィジュアル・アート、デザイン、キュレーションなど様々な分野で活動するクリエーターたちへ滞在制作の機会を提供しています。
2020 年度は新型コロナウイルスの影響で海外への移動が困難となり、レジデンス・プログラムも延期や中止が相次ぎました。派遣クリエーターたちは、図らずも派遣先から移動ができなくなったため自主的に現地滞在を延長したり、コロナ禍で世界が緊迫している中渡航した滞在先で苦難に直面したり、渡航自体を断念せざるを得なくなったりしました。また、海外からの入国制限により、TOKAS では初めてとなるオンライン・レジデンスを実施しました。本展では 2019 年度、2020 年度にレジデンス・プログラムに参加した国内外 5 名のクリエーターによる成果を紹介します。


TOKASでは2001年より、若手アーティストを対象とした個展開催プログラム「Emerging」を実施してきました。この度、2022年度の「TOKAS-Emerging 2022」に参加する35歳以下のアーティストを募集します。
本事業では、一次審査(書類)、二次審査(面接)を経て選出された6組のアーティストが、3組ずつ2会期に分かれ、2022年4月から6月にかけてTOKAS本郷の各フロアでそれぞれの個展を開催します。
TOKAS本郷の展示スペースを使った、応募者自身が制作する平面(絵画、版画、デザイン、写真等)、立体、映像、インスタレーション等によって構成した展覧会企画のご応募をお待ちしています!

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペースが、海外での活動に意欲をもつ中堅アーティストを対象に2018年から実施している現代美術の賞、Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)。第4回となるTCAA 2022-2024の募集を、6月14日(月)より開始します。
本賞は、選考委員による推薦と公募を併用し、選考委員によるリサーチや書類選考、スタジオ訪問などを経て2組の受賞者を決定します。受賞者には賞金のほか、翌年度の海外での活動支援および翌々年度の東京都現代美術館での受賞記念展の開催など、継続的な活動支援を行います。
本賞をとおして更なる飛躍を目指すアーティストのご応募をお待ちしています!

ちいさな作品集<ZINE>の展示・販売。ZINEとは手作りで少部数発行するアートブック。
4月末の再展示となります。若干の入れ替えがあります。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
URL http://gallery-dazzle.com
会期:2021年7月6日(火)〜7月11日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

東広島市立美術館では、1982年の「第1回現代絵本作家原画展」開催以来、33回にわたって現代絵本作家と作品の魅力を広く紹介してきました。新美術館移転後の初開催となる本展では、『どろだんご』や『にゅうどうぐも』などで知られる広島ゆかりの絵本作家・野坂勇作の世界をご紹介します。自然や乗り物、遊びなどを題材に、その内容によって油絵や版画など様々な技法で作風を変化させる絵本は、いずれも丁寧な取材に基づいて作られています。本展では、約130点の原画を中心に、絵本づくりの資料も併せて展示し、野坂勇作の絵本世界の魅力に迫ります。
https://hhmoa.jp

東京・末広町の PARK GALLERY では、2021年7月14日(水)より、絵本作家でイラストレーターの たかはしけいこ による初個展『石ころをひろった』を開催します。
こどもの時に読んだ絵本のようなどこか懐かしい雰囲気と、絵本の解釈を刷新していくみずみずしい描写が共存するたかはしけいこによるイラストレーションは、世代を超えて私たちに気づきを与え、たのしませてくれます。
初の個展となる今回は、特殊な手法を使った絵や、石や布など、さまざまな素材描かれた絵が展示されます。
めずらしい形をした石や植物を発見した時の、胸が少しだけ高鳴るような作品がたくさん並びますので、宝物や、大切なひとへの贈り物を探しにくるような感覚で楽しんでいただけたら幸いです。誰かにとってはなにげないものでも、自分にとっては大切に思えることに気づかせてくれると思います。
会期中の連休(7/22-25)には作家本人によるイベントも計画中です。詳しくは、PARK GALLERY の SNS をご確認ください。

東京・末広町の PARK GALLERY では、2021年6月30日(水)より、イラストレーター mycoro (マイコロ)の初個展『FUN FAN FOOD』を開催します。

展示のメインとなるのは、愛するあまり『FUN=たのしい』『FAN=狂おしい』が詰まった『FOOD=食』にまつわる陶器作品。イラストの世界から飛び出してきたような立体作品。アートオブジェとしてはもちろん、実用性のある食器としても使える作品をたくさん用意しています。さらに、食をテーマにしたオリジナルの原画作品や、陶器とイラストのコラボ作品も、会場を盛り上げるスパイスとして並びます。
“ 食 ” をこよなく愛するイラストレーター mycoro の妄想から生まれた、ユーモアあふれる作品たち。ジャンルごちゃまぜのにぎやかなレストランのような雰囲気で、たのしくみなさんをお出迎えします。展示を見に来てくれたみなさんと『たのしく』『狂おしい』至福のおいしい時間を共有し合えたらと思います。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ヒーローズ・フィースト - D&D公式レシピガイド -』を全国の書店を通じて刊行します。

このレシピガイドは、『DUNGEONS & DRAGONS ART & ARCANA』を作ったD&Dの専門家たちが、彼らの愛する物語世界ならではのユニークな料理や伝統を、ファンタジー愛好家たちへ広く紹介する本である。この本があれば、君もエルフやその係累たるドラウが作るような繊細な料理や、ドワーフの氏族や群れをなすオークたちも満足する食べ応え充分な料理を作ることができる。80皿にもおよぶ料理はすべてプロの料理人が監修し、食べて美味しく、準備も簡単なものだ。しかも、我々の住むこの世界で簡単に手に入る、健康を考慮した食材で構成されている。

開催日時:2021年6月15日(火)-21(月)
開催時間:11am-5pm( 最終日~3pm迄 )
開催場所:GALLERY SERENDIP / 神戸芸術工科大学
会場住所:神戸市に地区学園西町8-1-1


神戸芸術工科大学 ビジュアルデザイン学科 イラストレーション専攻クラス、ビジュアルアートクラス、
アート&デザインプロジェクト(学科横断)クラス、同開催3つの展覧会を同時開催します。

コロナ禍どこかへ行きたい気持ち、閉塞感、心象風景など ・・無となり心を開放しての試み。
日常 vs. 非日常、平和で楽しい日常祈願へ。空間 x 時間 への移動風景、自分唯一の楽園や遊園地ランドまで。
瞬時のイメージtrip旅から、イラストレーション・インスタレーション・アートブックを作りました。

参加者:
・VA(ビジュアルアート) :「コラボ・チーム表現」「個人作品:MY ROOM」
内山 悠紀/大高下 陽菜/岡垣 朱音/岡田 茉桜/金井 夢姫/川上 りり/杉本 茉莉香/辻 ひなの/平岡 柚葉/満 之赫/山田 歩奈/山中 柚季/山田 春樹/李 梓萱/森田 郁哉/矢吹 佳菜

・HNK(ヒロナカ)ゼミ:各自100号【 MY -  HAPPY TRAVEL 】
位田 涼音/ 石川 珠花/柳坊 竜ノ介/佐藤 杏樹/延岡 真依 /東 樹生/宇草 緑/CHENG JIAYI/任 禹 /胡 雅琢

・アート&デザイン プロジェクト #5 イメージ基礎 & BRICOLAGE:[ MY COLORS ] 
殷 湧口/木村 真菜/中河原 大貴 /許 欣慧 /杉本 茉莉香/李 梓萱/大上 優梨華/森田 郁哉/枡井 健汰/陳 想

+Di:廣中 薫

展覧会website >>
https://www.kobe-du.ac.jp/2021/06/74123/

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ