イラストノート No.53

最新号

イラストノート No.53

特集:「世界観を創造する匠たちの神技テクニック。」

イラストノート No.53

ゲームやアニメーション、あるいは広告や装画には、見る人の意識を一瞬にして引き寄せ、そのまま虜にしてしまうものがある。
その途轍もない引力の正体は何だろう。
もちろん、キャラクターやストーリーの力は大きい。
しかし、それらと並ぶ最重要ファクターの一つが「世界観」ではないだろうか。
本特集では、文字通り「世界観を創造する」ことを生業とする匠たちの比類なきテクニックを解き明かす。

第一特集は、世界各地の史跡や遺跡をめぐり、異世界と見紛う幻想的な風景を撮り続ける写真家・清水大輔氏のインタビューだ。
氏が、目の前の景色を自分だけの世界へと昇華させることができたのはなぜか。
そこには、複製から創造へと跳躍するためのヒントが潜んでいる。

第二特集では、ゲームやアニメーションの美術設定や背景、装画や絵本など多分野で活躍する3人のイラストレーターにフォーカスする。
彼らの描く世界は、五感を刺激し、時に熱く、時に切なく、心を揺さぶる。
その裏側にある深い知見と磨き抜かれた技に迫る。

世界観を創造する力。
それは今や、クリエイターとしての必須条件だ。
プロの描き手を目指すすべての人に向けて、この特集を届ける。

特集1 SPECIAL INTERVIEW
自分だけの
+0.1を求めて
幽玄一人旅団
清水大輔

特集2
誰も行けない場所を
自分の力で描く
六七質

五感すべてで感じる
街の空気感
ぽち

一人でも多くの人に背景を描く楽しさを知ってほしい
吉田誠治

「TIS BREAK」第45回
タラジロウ

夏の美術学校特集2020

第21回「ノート展」結果発表
第9回ノート展「キャラクター部門」結果発表

Special Edition クリエイターズ・バリュー
イラストレーター82人の仕事

定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416520710
2020年7月28日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

エミー賞受賞 VFXスーパーバイザーによる 映像制作・視覚効果の導きの書

『映像制作のためのVFX教科書』は、映画やテレビ業界で働く映像のプロ向けに執筆された視覚効果の実用的で詳細なガイドです。現代の映画制作やテレビ制作では、視覚効果がさまざまなジャンルやフォーマットで幅広く使用されており、ビジュアル ストーリーテリング、制作上の制約、予算の削減に貢献しています。しかし、多くの監督・プロデューサー・エディター・撮影監督は、視覚効果をメディア制作の一側面としてよく誤解しています。

本書では、数々の賞を受賞したVFXスーパーバイザーでありインストラクターでもある Eran Dinur氏 が、プリプロダクションからポストプロダクションに至るまで、VFXの構想・デザイン・予算、企画・撮影・レビューまでを網羅し、現場の視点から視覚効果を紹介します。

本書「プロカメラマンFILE 2021」は、日本の写真の最先端を走るフォトグラファーの作品を、オールジャンルで紹介するガイドブックです。
2013年版の創刊以来、9年目の刊行となります。
今年の本書は、コロナ禍の中での制作、刊行となりました。
カメラマンの皆様からは、仕事が止まって先が見えないという声も多くいただいています。
そんな中、本書に作品を発表していただいた皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。
そして本号は、緊急事態への思いを込めて、表紙を赤くいたしました。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:11月17日(火)〜11月22日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)
◎絵本ワークショップのあとさき塾で出会った作家達の絵本原画展、今回5回目。各自の近年出版された絵本の原画、構想中の絵本ラフとイメージ画、絵画などのアート作品を展示します。
◎作家
・いのうえちひろ/名古屋生まれ千葉県育ち。東横学園女子短期大学国語国文学科卒業。裂き織りや古布を使った布絵も手がける。
・つがねちかこ/兵庫県生まれ。絵本の他に小学校教科書、童話、紙芝居の挿絵など。
・やまじひとみ/宮城県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。こどものアートワークショップを多数実施。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:11月10日(火)〜11月15日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)
◎今年は2人展も10回目、10回で1番ゆっくりした在廊になりそうです。
イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE https://gallery-dazzle.com/
会期:11月3日(火)〜11月8日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)
◎「静物画」と言うよりは、物の周りに漂う気配を描く物を中心とした風景を描いてみようと考えています。
今年も三人三様の絵をお楽しみください。イラストレーションを展示。

イラストレーション制作を中心に幅広く事業を展開する株式会社アクア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原田 弘良、以下 アクア)は、クリエイターを志す学生の皆さんにチャレンジや発表の場を提供すべく、2020年8月31日(月)より大学生・専門学生限定のイラストコンテストを開催いたします。

今回のコンテストはクリエイティブ領域の中から「イラスト」に特化した様々なジャンルのテーマを用意しました。ぜひ皆さんの得意なテーマでチャレンジしてください。「メール」「Twitter」の2ヶ所で応募可能です。入賞者には10万円分のギフト券やiPadが当たる豪華なコンテストになっております。そして入選者の作品を中心にアクアでバーチャル展示会を開催させていただきます。リアルな展示会が開催できない今、たくさんの人々に時間と場所を制限しないオンライン上のバーチャル空間で作品を見てもらうチャンスです。たくさんのご応募お待ちしております。

キャラクターを動かしてみたい! アニメーションを作りたい! キャラクターアニメーションを学びたい! というアニメーション初心者や新人アニメーターが最初に押さえておきたい「動きの基本概念」を丁寧に解説したのが本書です。

振り子の運動やボールのバウンド、物理法則という基礎知識から、アニメーションに欠かせない歩き・走り、そして応用となる跳び箱運動やピッチングなどの動きに加えて、映像制作用語なども紹介しています。キーポーズのポイントは? なぜそのポーズになるの? どこを修正すればよい? といった初心者が躓きやすいところも言及し、痒いところに手が届く内容となっています。

「動きの基本概念」に重点をおいているので、3DCGソフトの種類に関係なくキャラクターアニメーションを学べる点も本書の特徴です。作画の原画・動画を例に、一般的な作画アニメの1秒24コマを3DCGでは24フレームとして解説することで、日本のアニメーション制作の現場との親和性も高くなっています。アニメーション解説では要所要所で練習問題を設けており、考える力を鍛え、様々な動きに応用できる基礎力が身につきます。

アニメの映像を作ってみたい方や新人アニメーターの方など、これからアニメーションを始める方が手に取る1冊目の入門書としオススメします。

開催期間:2020.10.5 - 10.11
12:00 - 20:00
*営業時間は変動があります。
ご来店の際はお店のTwitterでご確認お願いします。@Ritomarus https://twitter.com/Ritomarus)

場所 :COFFEE ritmos
東京都八王子市子安町4-10-10 1F
(JR八王子駅南口 徒歩2分)

*カフェでの展示ですのでワンオーダーお願いします

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2001年の開館以来、海外のアーティスト、キュレーター、アートセンターや文化機関などと協働して展覧会や関連プログラムを実施してきました。2018年より開始したTOKAS Project では、国際的な交流を促進し、多文化的な視点を通じ、アートや社会など、さまざまなテーマについて思考します。
第3回となる本展「東京デトロイトベルリン」は、美術館や公的な機関ではなく、アート・スペースやアーティスト・ラン・スペースなど自律的なアートのコミュニティが行う国際交流に注目し、東京、デトロイト、ベルリンにおけるアート・コミュニティの現在の姿を紹介する展覧会です。

銀座にあるアートスクール Sアトリエの有志によるグループ展です。水彩画、イラストレーション、クロッキーなど、7人それぞれの個性が溢れた、Sからはじまる物語をお楽しみ下さい。

過去のインフォメーションを見る

  • Tombow ABTアートコンテスト作品募集!
  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ