イラストノート No.53

最新号

イラストノート No.53

特集:「世界観を創造する匠たちの神技テクニック。」

イラストノート No.53

ゲームやアニメーション、あるいは広告や装画には、見る人の意識を一瞬にして引き寄せ、そのまま虜にしてしまうものがある。
その途轍もない引力の正体は何だろう。
もちろん、キャラクターやストーリーの力は大きい。
しかし、それらと並ぶ最重要ファクターの一つが「世界観」ではないだろうか。
本特集では、文字通り「世界観を創造する」ことを生業とする匠たちの比類なきテクニックを解き明かす。

第一特集は、世界各地の史跡や遺跡をめぐり、異世界と見紛う幻想的な風景を撮り続ける写真家・清水大輔氏のインタビューだ。
氏が、目の前の景色を自分だけの世界へと昇華させることができたのはなぜか。
そこには、複製から創造へと跳躍するためのヒントが潜んでいる。

第二特集では、ゲームやアニメーションの美術設定や背景、装画や絵本など多分野で活躍する3人のイラストレーターにフォーカスする。
彼らの描く世界は、五感を刺激し、時に熱く、時に切なく、心を揺さぶる。
その裏側にある深い知見と磨き抜かれた技に迫る。

世界観を創造する力。
それは今や、クリエイターとしての必須条件だ。
プロの描き手を目指すすべての人に向けて、この特集を届ける。

特集1 SPECIAL INTERVIEW
自分だけの
+0.1を求めて
幽玄一人旅団
清水大輔

特集2
誰も行けない場所を
自分の力で描く
六七質

五感すべてで感じる
街の空気感
ぽち

一人でも多くの人に背景を描く楽しさを知ってほしい
吉田誠治

「TIS BREAK」第45回
タラジロウ

夏の美術学校特集2020

第21回「ノート展」結果発表
第9回ノート展「キャラクター部門」結果発表

Special Edition クリエイターズ・バリュー
イラストレーター82人の仕事

定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416520710
2020年7月28日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

年末恒例、消しゴムはんこの技法で描いたイラストのカレンダー展です。
展示タイトルの「ふくふく」には「2021年に福が訪れますように」という気持ちを込めました。消しゴムはんこならでの温かみのある、素朴な世界をお楽しみください。

とみこはんの消しゴム版画展「ふくふく」
2020年11月24日(火)-11月30日(月)
営業時間10:00〜20:00 ※最終日11/30は16:00閉場  
@西武渋谷店A館7階サンイデーギャラリー
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1西武渋谷店A館7階サンイデーギャラリー
問合せ:03(3462)3324〈レジ直通〉

次代のイラストコンテスト開催!心斎橋から世界へ!
次世代のアーティストを世界に羽ばたかせる!を合言葉に、大丸心斎橋店とともに「アーティストのプラットフォーム」を立ち上げ、アーティストを目指す方ならな誰でも自身の作品を投稿できるコンテストを開催します。投稿された作品は大丸心斎橋店×ARTEE特設サイトと大丸心斎橋店本館1階のデジタルサイネージに掲載され、サイト訪問者、大丸心斎橋店来店のお客様には人気投票いただけます。

WAVE 2020

22
11月

今年で第3回を迎える本展 WAVE 2020は、アート、グラフィック、映像、イラストレーション、絵本などジャンルを超えた作品と、ベテランから新世代まで様々なバックグラウンドを持つ133人のクリエーターが一堂に集結します。永井博、空山基、浅野忠信、ヒロ杉山、寺田克也、竹井千佳、たなかみさきなど、日本のメディアアートを盛り上げる様々なジャンルのクリエーターが各々の表現方法を用いた合計150点以上の作品を展示することで、その時その場所でしか体験することができない唯一無二の空間を演出いたします。

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンでは、12月1日より、Creation Project 2020 160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡「〼〼 〼(益々繁盛)」を開催いたします。
http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2020/

会期:12月12日(土)〜12月20日(日) 月曜休廊

◎この期間は雑貨屋さんに変わります。
クリエーターがこれまでに作ってきた様々な作品や雑貨などの展示・販売。
クリスマスプレゼントやお正月向けのアイテムもあります。
企画:TAKEDASO.Design

「my art piece」と題した個展を開催します。
日記のように日々生み出されるスケッチや小さな作品をはじめ、

テキスタイルの元になった原画なども展示します。

OPEN SITEは、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、2016年より始まったトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラムです。5回目となる2020年度は国内外から161企画の応募があり、厳正なる審査を経て、展示部門4企画、パフォーマンス部門3企画、dot部門2企画を選出しました。さらにTOKAS推奨プログラムを加えた合計10企画を実施します。
11/21(土)から始まるPart 1では、
展示部門の大岩雄典、権瓶千尋と森岡美樹、dot部門のパレイドリアン、Back and Forth Collectiveに加え、TOKAS推奨プログラムのクロエ・デランヘによる企画を実施します。
自由かつ強い意志を持ち、社会へと開いていく意欲に満ちた企画に、ぜひご期待ください。

PARK GALLERY では、2020年11月18日(水)より、神奈川県西の小さな港町・真鶴町でゲストハウスを運営しながら町の情報を発信する『真鶴出版』から刊行された『港町カレンダー』の発刊を記念し、本誌を彩る絵描き・山田将志による原画展『生きている風景』を行います。

神社の前で踊る人々、台所で鯵を捌く姿、夕暮れの駅前――。そこに描かれるのは、絵描き・山田が、とある港町に移住して見つけたとりとめのない生活の風景です。一見写真のように見えるその絵は、温かく“生”にあふれています。

「移住して描きたいものが見つかった」と山田は言います。賞を取ることや競争を勝ち抜くことから自由になり、自分の描きたいものを描き、身近な人に喜んでもらうこと。その姿勢がより絵を生き生きとさせるのです。絵の向こう側には、絵を見て語り、笑い合う町の人たちの姿が見えてきます。

行ったことがなくてもなぜか懐かしくホッとする、港町の風景をお楽しみください。

2020年11月7日(土)〜29日(日) 12〜19時開廊
月・火・水休廊
場所 マキイマサルファインアーツ 
住所 東京都台東区浅草橋1−7−7
Tel&fFax 03-3865-2211
http://www.makiimasaru.com/mmfa/

グランプリに高木美穂さん(香川県立坂出高等学校)
準グランプリに駒走朱音さん(屋久島おおぞら高等学校)、林映月さん(愛知県・享栄高等学校)

日本工学院専門学校とペンタブレットメーカーの(株)ワコムは、高校生を対象に実施している「高校生イラストコンテスト2020」入賞16作品を決定いたしました。

同作品は、公式ホームページ(https://www.neec.ac.jp/contest/irakon2020/)にて公開いたします。
12回目となる本コンテストでは、「和風(または西洋風)の世界観」をテーマに作品を募集し622点の応募がありました。審査の結果、香川県立坂出高等学校1年の高木美穂(たかぎ みほ)さんの作品『稲荷神社へ通りゃんせ』がグランプリに選ばれました。夜の神社を舞台に着物姿の子供や狐、般若のお面など不思議なモチーフにイメージを膨らませて描いたという作品は、デジタルでありながらアナログに見える描画方法を用いて沢山の和風の小物が丁寧に描き込まれ、夢の中に出てくるような雰囲気づくりや、作者の意とする「怪しさ」が伝わる表現などが高い評価を受けました。

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ