イラストノート No.48

最新号

イラストノート No.48

特集:井上淳哉

イラストノート No.48

漫画家・ゲーム作家になるための必読本

漫画家とゲームデザイナー、2つの顔を持つ井上淳哉は
双方の世界において第一線で活躍し、ヒットを世に送り出す。
その成功の鍵について説明するには、
「感性」と「論理」―― 相反する2つのワードを並列しなければならない。
表現者として鋭い感性で独自の物語を描き、見る者の心を鷲づかみにする。
職業人として客観的な論理を積み重ね、売るための最善を尽くす。
両方を巧みにこなす井上は、自分の仕事は「サービス業」だと言い放つ。

そんな井上淳哉の仕事場に潜入し、その思考と技術を余すところなく解明した。
本書は、井上自らがつぶさに教える漫画家・ゲーム作家として成功するための教則本である。

■CONTENTS
特集:井上淳哉
井上淳哉描き下ろし 本誌表紙画の完成までを追う。
CHAPTER 1 井上淳哉流 漫画の仕事
ART WORKS from BTOOOM!
漫画『BTOOOM!』アートワーク集
BTOOOM!に学ぶ ヒット漫画のつくり方
井上淳哉直伝 漫画テクニック集20
ドキュメンタリー 井上が、新連載を獲得するまで
CHAPTER 2 井上淳哉流 ゲームの仕事
ART WORKS from 3JUS
ゲーム『三極ジャスティス』のアートワーク集
三極ジャスティスに学ぶ ゲームデザインの本質
井上淳哉ロングインタビュー
ヒストリー&アトリエ紹介
イラストレーター、tentが使いこなすターレンスエコブラッシュペン
「TIS BREAK」 第41回 西山寛紀
クリエイターズ・バリュー ギャラリー
第2回 秋のノート展 結果発表
ART WORKS in monochrome
井上淳哉 下描き集
第20回「ノート展」作品募集&審査員発表
第8回ノート展「キャラクター部門」作品募集&審査員発表


定価(本体+税): 1, 800 円+税
ISBN:978-4416518649
2018年10月23日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2018年10月19日(金)ー 10月24日(水)

近代的なのか、懐古的なのか、邪魔なのか、必要なのか、
いろいろな思いが複雑に絡み合いながらそれは今日もそこにある。
まっすぐな直線で空を区切っている。

アニメ「その時、カノジョは。」の放送を記念して、マルイと「そのカノ」がコラボレーション!
有楽町マルイと博多マルイでは、『「その時、カノジョは。」放送記念 窪之内英策展〜100のときめき〜』と題し、期間限定の展示イベントを開催します。会場では、窪之内英策氏が描く、胸がキュンとときめく100の作品を展示するほか、「その時、カノジョは。」の設定資料、貴重な原画など作品の魅力に迫る展示や、グッズの販売も行います。
さらに、11月24日(土)「ソノカノ上映会&トークショー」開催決定!出演はユウタ役の浦田わたるさん。イベントへの応募抽選券は10月13日(土)有楽町マルイ開店時より、2,000円(税込)お買い上げごとに1枚お渡しします!

2018年10月15日(月)〜10月20日(土)
11:00〜19:00 最終日は17:00まで

屋根裏部屋に転がったオーナメントたち。クリスマスを間近に控え、いそいそと何やら支度をはじめています。
新作絵本の原画に加え、オリジナル描き下しのイラストレーションを展示します。アンマサコの世界へようこそ!

一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ(東京都渋谷区、理事長 南 伸坊、以下TIS)では、雑誌『TIS Magazine 2018-19』を2018年10月4日に発刊いたしました。

イラストレーターによるイラストレーターのための雑誌『TIS Magazine』は、実はイラストレーター以外の方にも、ぜひ読んで頂きたい内容になっています。イラストレーターってこんな人たちで、今イラストレーターを取り巻く状況はこうなっていて、その中でこんなことを考えている、というのをほんの一部ですがお伝えしたいと思っています。

2018年10月8日(月)〜10月13日(土)
11:00 〜19:00 土曜日は17:00まで

【会期中イベント】
ささめやゆき 幻灯会
10月12日(金) 午後7時〜8時 入場料¥1,000 定員25名
予約は10月8日(月)11時より電話またはメールart@pinpointgallery.comにて受付。

1960年代から半世紀以上ものキャリアを誇り、今も尚トップランナーとして、そのキャリアの頂点を極めている田名網の現在を紐解こうとするものです。
田名網が、これまで制作をしてきた作品は、デザイン、イラストレーション、アニメーション、実験映画、立体作品、絵画と多岐にわたります。そこには、可変的な創造者であろうとしてきた田名網敬一の等身大の姿があります。現在、田名網が世界中のアーティスト、デザイナー、ミュージシャン、ファッションデザイナーから集めている尊敬は、あらゆる境界、領域を超えて創作活動を続けてきた歴史の重みに比例するものです。
近年、田名網は、自身の記憶や夢を原風景にして、その80年以上もの歴史を記したいわば"曼荼羅図"の制作に取り組んでいます。一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える田名網の近作ですが、そこに描かれているものは田名網の実体験に基づく様々な記憶です。

2018年10月5日(金)ー 10月10日(水)

絵を自分で動かしたいと思い、今回はアニメーションに挑戦します。
パラパラ漫画のように絵を動かす
アナログな方法でアニメーションを作ります。
原画の展示と完成したアニメーションを流します。

初めて個展を開いてから20年、長い道のりを歩いてこられたようにも、絵描きとしてはハタチだと思えば、まだまだ先が長いようにも思う秋。紙で遊んでた初心に戻るような気持ちで、小さな展覧会を開きます。

貼り絵を作るときに副産物として色々な色・形の小さな紙片が出るのを、抽象画にして、いつかお見せしたいなあと思っていたシリーズも発表します。シートの作品も含めると100以上。じっくりご覧ください。

http://www.tsujikeiko.com/index.html

10.12(金)-10.21(日) 月・火休み 12:00–19:00 
※最終日17:00まで

-
割れたコップは元に戻らないし、曲がったスプーンは使い物にならない。
超能力がなくなっても、ずっと友達でいてくれる?
-

様々な媒体を通しイラストレーションを手がける、いとうひでみの個展を東西にて開催いたします。
今回は、現在制作中の超能力少女がテーマのマンガから派生したアイデアを元に作品を制作。(マンガは左右社WEBにて公開中「classX (http://sayusha.com/webcontents/c18)」
書き下ろし分を追加し、年内〜来春刊行予定)

時代を捉える優れた感覚から生み出される繊細な表現と独自の世界観は、今後どのように変化していくのか動向を追い続けたいと思う興味深い存在です。
いとうひでみの描き出すストーリーを、ぜひ想像しながらお楽しみください。

※nonreversible : 不可逆

会場 PATERS Shop and Gallery

会期 2018年10月26日(金)〜11月7日(水)木曜定休 OPEN 12:00〜19:00
入場無料 初日18:00からオープニングパーティーを開催いたします。

参加作家

秋山正義 荒井浩之 泉雅史 生方工 川島慎平 早川世詩男 
森邦保 GODRILLHAS  SpecialGuest 平澤一平

2002年から毎年、原宿のペーターズギャラリーで開催している
イラストレーターのグループ展を今年も開催致します。
今年のテーマは「SF」です。9人のイラストレーターがSFをテーマに個性豊かな作品を制作展示致します。
お時間ありましたら是非!お気軽にお越し下さい。

過去のインフォメーションを見る

  • ムサビノート展作品募集
  • 秋のノート展 作品大募集
  • 第8回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第19回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ