イラストノート No.49

最新号

イラストノート No.49

特集:くっきーの裏側。

イラストノート No.49


芸人として活動しながら、アーティストとしての才能も発揮。今、最も注目を集めている野生爆弾のくっきー。彼は、絵を描くことやものづくりが得意で、その自由に表現された作品は、独特の世界観を醸し出し、見るものの心を鷲掴みにする。彼の世界観を詰め込んだ展覧会「超くっきーらんど」が日本各地で展開され、現段階で30万人以上の来場者を記録。海外での人気も高く、台湾では10万人を動員した。また、企業やクリエーターとのコラボレーションもあとをたたない。今号のイラストノートでは、くっきーが表現する「唯一無二」の世界観のつくりかたを、くっきーの裏側からそっとのぞきながら、まるごと一冊を用いて紐解いてみた。

contents
●くっきーのイラストの裏側
イラストの完成までをくっきーのアトリエで
ドキュメンタリーで追いかけた。

●くっきー's イラスト作品集
くっきーの内側が描かれたイラストを画集形式で紹介する。


●『超くっきー図鑑 渡り鳥』の裏側
昨年発行された、著書「渡り鳥」について、くっきーに質問をなげかけてみた。また、本書では紹介されていない画像もかいま見える希少なコンテンツになった。

●ビニテアートの裏側
彼が得意とする立体造形作品。新作のメイキングをドキュメンタリーでおいかけた。段ボールや新聞紙、ビニテなど、身近にあるものが材料。果たしてどんな作品が完成したのか、こうご期待。

●くっきー's 小道具秀作集
くっきーの立体作品を、ぐるりと360度の角度からみてみたり、
ぐっと寄ってみた。
 
●漫画の裏側
小学館「コロコロコミック」別冊で、くっきーが漫画に挑戦。
編集者とのやりとりや、絵コンテ、完成作の一部までを
のぞいてみた。


●Interview 
くっきーの真ん中
素顔のくっきーに会いたくて、朝の静かな時間に
自然光のなかでインタビューを試みたら、
いたって自然体のナチュラルな彼の表情と言葉が、空気に溶け込んだ。

●くっきーのアトリエ
ものづくりが大好きなくっきー。そのオリジナリティ溢れる
作品はどんなアトリエからうまれるのか?みんなが気になって
いるアトリエに潜入を試みた。

●Collaboration
UN3D.×くっきー
JRA×くっきー くっきーけいば
様々なメディアや企業とコラボレーションすることで、彼の表現するエリアや可能性がグンと広がった。

●超くっきーランド グッズ
全国や海外で開催され、記録的な動員を更新しているくっきーの展覧会では、ここでしか購入できないグッズがもりだくさん。売り切れ商品も続出だという、グッズを一気にみてみよう。

●クリエイターズ・バリュー ギャラリー
INFORMATION
第16回 「TIS公募」 受賞者作品発表
第19回ノート展大賞受賞 特集誌面矢入幸一
第20回「ノート展」作品募集
第8回ノート展「キャラクター部門」作品募集
クリエイターズ・バリュー イラストレーター60人の仕事
読者プレゼント

くっきーからのあとがき


定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416519813
2019年1月23日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

47年の芸能生活の中でシングル盤だけでも124枚を世に出してきた歌手、石川さゆり。
歌に登場する、それぞれの女性の心情を正確な描写で表現し、歌ってきました。
例えば「津軽海峡・冬景色」で石川さゆりが歌うのは、自ら別れを告げる自立した女。
例えば「天城越え」で歌うのは、愚かなまでに愛してゆく女。

歌手として124人以上の女性を歌ってきただけでなく、
舞台でも「愛八」や「蝶子」や「瞽女のたまえ」などたくさんの女性を演じてきました。
とはいえ、不思議なことに、そのすべてが「石川さゆり」なのです。
今回の展示では、歌手としてだけでなく、表現者石川さゆりのこだわりにスポットを当て、
歌や舞台に登場した女性像を軸に「石川さゆりのつくりかた」を解剖していきます。
あなたは、どの「石川さゆり」が好きですか。
もっと深く知りたいと思われたら、
彼女が選書した約100冊の本をお薦めします。

3月の終わり、
少し肌寒いけど、これから春にむかう
前向きな気持ち
春のうららかな気分と、
らんらん♪とはずむ心

MOUNT tokyo https://mount.co.jp
〒152-0023 東京都目黒区八雲2-5-10
open:12:00〜19:00(最終日17時まで)

3/29(金)〜4/3(水)
11:00〜19:00(最終日17:00まで)
HB gallery  http://hbgallery.com/schedule/
東京都渋谷区神宮前4-5-4
原宿エノモトビル1F
(表参道駅A2出口)

じっと見つめていると何かが起こりそうな、白昼夢をみるような昼下がりの情景を描きました。

絵本「Pancakes to Parathas ~ Breakfast Around the World」出版記念展を開催します。
「世界の朝食」をテーマにした絵本が、
NYにある児童書の出版社「Little bee books」よりこの春発売されることになりました。
今回は、その絵本に描き下ろした絵に加え、番外編でオリジナルの作品も交えながら、
世界の朝食をめぐる旅について展示いたします。
様々な国の多様性、食文化の違いなどを絵本を通して楽しんでいただけたら幸いです。

在校生の個性豊かで素敵な作品:アートワーク(タブロー)、イラストレーション、クロッキーを100点以上展示いたします。
どうぞお誘い合わせの上ご高覧ください。

会 期 2019年3月20日(水)〜3月24日(日)|入場無料|
時 間 12:00〜20:00 ※最終日 10:00〜15:00(授賞パーティー13:00-14:00)
会 場 小学館アカデミーSアトリエ

濡れた葉と霞ガラスにあたる光、電車と、遠くでした誰かの声。
憂鬱の残滓。自分とは無関係のむこう側の世界。
ひとり、吹く風に救われた午后。
日常の景色と夢日記を展示します。

思えば小さいころから、仏像や能面、
エジプト、アルカイック期のギリシャ、
メソポタミアの古代彫刻に魅せられてきました。
私がそこから無意識に取り入れていたのが
正面性と曲線美だったように思います。

大阪のイラストスクール「マサ モード アカデミー オブ アート」卒業生・現役生15名による「裏イラスト展」を、谷町六丁目の「MIRAIE Gallery(ミライエギャラリー)」にて開催します。
玉造のマサ モード アカデミー オブ アート本校でも、3/23(土)-25(月)の間にイラスト展を開催しています。
ぜひ、合わせてご覧ください。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーでは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日し、滞在制作やリサーチ活動が行われています。
オープン・スタジオでは、普段はなかなか見ることのできないクリエーターの制作やリサーチ活動について展示・公開し、作家による解説やゲストを招いてのトークを行います。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラム「OPEN SITE 2019-2020」の募集を開始します。OPEN SITE では、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、展示、パフォーマンス、OPEN SITE dot の各部門で企画を募集。選出された企画は、2019 年 11月から 2020 年 2 月にかけて TOKAS 本郷で実施されます。「OPEN SITE 2018-2019」では、応募総数 285 企画から厳正なる審査を経て 9 企画が選ばれ、公開制作やレクチャーパフォーマンス、ワークショップなど様々な試みを展開しました。「OPEN SITE 2019-2020」も、これまでにない表現を希求し、新しい視点を持って創造の場を捉え、社会と向き合う企画を募集します。

過去のインフォメーションを見る

  • 第20回ノート展 作品募集
  • 第8回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ