イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

最新号

イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

特集:窪之内英策のスケッチノート

イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

丸ごと一冊「窪之内英策のラクガキ集」

稀代の描き手、窪之内英策はとことん手描きの作品にこだわって描き続けています。
1980年代後半を舞台に描かれた漫画「ツルモク独身寮」の作者であり、現在では漫画制作からイラストレーションに活躍の場を広げています。
淡くキュートな女の子のイラストが真骨頂。
独特のやわらかなタッチや色彩で描かれる手描きの生み出される唯一無二の表現は、世代や性別を超え多くのファンを獲得しています。

本書では、その圧倒的なテクニックを駆使した窪之内の最新の仕事やオリジナル作品をデッサンを中心として大量に紹介。
ファンのみならず、イラストレーターを目指す人、画家を目指す人、キャラクターデザインを目指す人、漫画家を目指す人、必見の内容にて展開します。

■概要
●EISAKU KUBONOUTI ART WORKS
窪之内英策氏の最新作を中心に、線画作品をふんだんに掲載。
窪之内氏の手から生み出される唯一無二の作品を、カテゴリーに分け、それぞれにご本人の解説を交えて紹介する。
女の子を描く/子どもを描く/海外の人たちを描く/おじさんを描く ほか

●ONE PIECE×EISAKU KUBONOUCHI(日清カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ONE PIECE編」)
カップヌードルのアニメーションCM「HUNGRY DAYS」で、漫画「ONE PIECE」のキャラクターたちが現代の高校生だったら?という設定で窪之内氏がキャラクターデザインを描いた。
海賊団「麦わらの一味」をはじめ、主要キャラクターのデザイン画やCM原画を窪之内氏の解説とともに大公開。

●窪之内英策 独占ロングインタビュー 「紙と鉛筆で死ぬまで描く」
アナログでの描写にこだわり続けることの意味、モノクロの線画の絵の魅力、一本の線の意味、描くことの原点など。

●Q&A「窪之内英策に聞く20のこと」

■窪之内英策/KUBONOUCHI EISAKU
Profile
1966年高知県生まれ。高校卒業後、家具メーカーに就職して上京。1年後、漫画家になることを決意して退職。
1986年に小学館の新人コミック大賞を受賞し『OKAPPIKI EIJI』でデビューを果たす。
1988年より初の連載『ツルモク独身寮』がスタート。
『ショコラ』『チェリー』などの人気作品を発表する中、2010年に漫画家活動を休止。
休止中にTwitterにアップしたイラストが話題となり、現在CMやアニメなど多ジャンルで活躍中。


定価(本体+税): 2,200 円+税
ISBN:978-4416621110
2021年7月15日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

アンナ・バディナについて

アンナ・バディナはスイス系ロシア人で、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしてスイスで活動しているクリエイター。スイスで、ルイ・ヴィトン、ブルガリなどの有名ブランドのプロダクトデザインや国際的なEXPOのスイスパビリオンのスペースデザインなどを手掛けるデザインオフィス「アトリエオイ」に所属し、スペースデザインやプロダクトデザインも担当しつつフリーのイラストレーターとしても活動。

アトリエオイのスタッフとして岐阜県の海外プロモーションの仕事に携わった経験もあり、また、以前より日本に深い興味を持ち、数年前に初めて日本に旅した時に受けた強いインスピレーションから、今回の展覧会の骨格が出来上がりました。

アンナ・バディナがさまざまな媒体を通して知る浅草橋をモノクロームのスケッチで表現したこの展覧会では、レトロとモダンが融合し表現力も豊かな力強い作品をご紹介いたします。作品は全て新作となります。

本来であれば作家本人も来日する予定でしたが、今回は来日は叶わず彼女の作品の展示のみとなりました。

人や事象を複雑に美しく構成する「多面性」について異なる性質を持つ4人の作家が描く、万華鏡のようなグループ展。

会期:2021年10月22日(金)〜10月26日(火)
時間:12:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場:ギャルリー・ジュイエ(高円寺)
入場:無料
詳細:https://kaleidoscope.studio.site/
作家:石井智菜美/田所ミニ/山田フユウ/ヨシジマシウ
※会期初日は完全来場予約制・グッズ販売のみの実施となっております。
初日のご来場につきましてはWebサイトの予約フォームからご予約ください。

10月19日から24日まで「東京浅草画廊 gei藝」にて田中ひろみ個展「心にじむ仏」を開催することになりました。

こんな時節柄ですが、ぜひおこしくださいませ🙏
私は毎日会場にいる予定です。
https://www.tokyoasakusagallery-gei.com

アーティストのプラットフォームARTEE(アーティー)を運営する株式会社ARTEE(本社:岡山県岡山市、代表取締役:大西 徹、以下ARTEE)は宇野不動産株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役: 宇野 隆三、以下宇野不動産)と共同で「おかやま」を題材としたイラストコンテストを開催いたします。コンテストの題材や特典を通して、多くの方に岡山の魅力を知ってもらいたいという想いではじまる企画の第1弾になります。作者様とプロジェクトを応援してくださった方へ岡山にちなんだ豪華特典を用意しております。

超基本を、はじめから、巨匠に学ぶ!

20以上の言語に翻訳され、世界で爆発的に読まれている写真撮影の入門書です。
必須知識だけを「コンパクト」に学び、50人の巨匠の傑作から応用方法を読み解きます。

知識なしに、写真は撮れます。
少し撮るうちに、技術と理論を知りたくなることがあります。

構図の役割とは!?
良い作品は何が「良い」のか?
カメラではどんな調整が可能なのか?

詳細に踏み込むことなく、こうした疑問にダイレクトに答えます!

ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、マーティン・パー、森山大道、アンセル・アダムスら、誰もが観たことのある巨匠の傑作から、「5つの基本」を学びます。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『CGプロダクション年鑑 2021』を全国の書店を通じて刊行します。

映画・テレビ・CM・アニメ・ゲームなど様々なジャンルで活躍する日本のCGプロダクション296社を、詳細な企業データや、豊富な画像で見せる制作実績と共に紹介します。企業は、1社1ページでじっくりと紹介しており、CG制作の発注先を選定する企業の方や、CG/映像関連企業への就職先を探す学生にとっても十分な情報が得られる内容になっています。対応ソフトについてのアンケートなど、3DCG専門の月刊誌を発行するCGWORLDならではの誌面作りは、業界の動向把握にも使え、CGをキーワードにした「デジタルコンテンツ業界の年鑑」としての資料性も高く、CG・映像に携わる人なら、手元に置いておきたい1冊です。


書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/23806.html

Amazon URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/4862465102/

一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ(東京都中央区、理事長 小池アミイゴ、以下TIS)のTIS公募はこの秋再スタートいたします。

TIS公募は2001年にスタートし、新たな才能を発掘する場としてだけでなく、イラストレーションについて真面目に考えアピールする場でありたいという思いのもと開催して参りました。17回目となる今回は、応募、審査を完全オンラインで行います。
https://www.tis-home.com/competition/

コロナ禍における開催会場の都合により、オンライン開催に変更することになりました。展示URL等は、今後イラストロンズやSNSでお知らせいたします。※展示内容や作品、出品イラストレーターに変更の予定はありません。

■会期:予定通り9/10 11:00〜開催
■開催場所:イラストロンズ上、TRAVEL展特設サイト
https://www.illustrons.com/

東京・末広町の PARK GALLERY では、2021年10月06日(水)より、イラストレーター、絵描きとして活動する yomikake による個展『よみかけの絵』を開催します。

初個展となる今回は、この数年間で描きためてきた絵描きとしての集大成とも言える作品が展示されます。
アクリル絵の具でのポップなイラストや漫画でおなじみの yomikake ですが、今回並ぶ新作では、油絵具を使用。ユーモアの中に不思議な奥行きと重厚感のある独特な雰囲気がたのしめます。おもしろい、かわいい、だけじゃない不思議な魅力とかすかな狂気を放つ『よみかけの絵』をどうぞご堪能ください。

東京・末広町の PARK GALLERY では、2021年9月15日(水)より、イラストレーターの megumi yamazaki による個展『1日1犬展』と『My Homies』を PARK GALLERY内にて同時開催します。

1階で開催される『1日1犬展』は、megumi yamazaki が日頃から描いているシュールなキャラクター “犬” による日々の様子や謎の習性、クセや秘密が、日めくりカレンダーのように毎日更新されているイラストの連載で、PARK GALLERY のオンラインマガジンにて掲載されてきました。今回の個展では、毎日続く連載の中から総勢300犬分の原画作品が展示されます。ウェブで見るのとはまた違った『犬』の世界をお楽しみください。

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ