イラストノート No.47

最新号

イラストノート No.47

特集:アニメーション制作会社の現場

イラストノート No.47

今夏、上映の話題のアニメーションが満載!

日本のアニメーションは、日本発の文化として世界的に評価され、
ムーブメントが起きている。
それを物語るように、日本のみならず海外でもアニメの大型イベントが開催され、
来場者数は毎年更新されている。

日本アニメの特徴は、なんといっても背景美術の美しさや、
登場人物の感情までを描写する繊細な表現や奇想天外なストーリーづくりにある。
また、大人から子供までさまざまな年代の人が楽しめるように
つくられていることも挙げられる。

見るものを魅了し続ける日本のアニメの真髄とは?
今号のイラストノートでは、今夏公開の、劇場・テレビのアニメーション制作現場に密着。
最新アニメーションの魅力を伝えるとともに、クリエイターたちのリアルに焦点をあてた。

■CONTENTS

特集:アニメーション制作会社の現場
『未来のミライ』細田守
『ペンギン・ハイウェイ』スタジオコロリド
『ニンジャバットマン』神風動画
劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』スタジオヴォルン
劇場版『若おかみは小学生!』高坂希太郎
TVアニメ『ちおちゃんの通学路』ディオメディア
ほか


定価(本体+税): 1, 800 円+税
ISBN:978-4416518632
2018年7月23日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2018年8月17日(金)ー 8月22日(水)

ドローイング、コラージュ。
こだわらない。とらわれない。突き詰めない。
どこへも辿りつかない。

プロフィール
1978年生まれ。多摩美術大学ガラス科卒業。
ほぼ10年ぶりに、2017年に制作再開。

金子佳代HP
http://www.osumi.org/kayo/

instagram: kayodory

ギャラリーメゾンダールの「関西アーティストを、東京へ、パリへ。」がコンセプトの‘浪速ガーリープロジェクト’の一環として、広く募集します。入選作品は、メゾンダール・ギンザと、パリでご紹介。ぜひ、ご参加下さい。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ゲームグラフィックス 2018 −CGWORLD特別編集版−』を全国の書店を通じて刊行します。3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載された、ゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した事例集です。

【概要】
書籍名:ゲームグラフィックス 2018 −CGWORLD特別編集版−
刊行予定日:2018年9月上旬
編集:CGWORLD編集部
定価:本体3,600円 + 税
ISBN:978-4-86246-426-2
サイズ:A4変型
ページ数:360ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』を全国の書店を通じて刊行します。弁護士と現役クリエイティターが判例とリアルなトラブル体験から導く、著作権トラブル解決のバイブルです。

【概要】
書籍名:著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本
刊行予定日:2018年9月下旬予定
著者:大串肇、北村崇、染谷昌利、木村剛大、古賀海人、齋木弘樹、角田綾佳、小関匡
定価:本体2,400円 + 税
ISBN:978-4-86246-414-9
サイズ:A5判
ページ数:224
発行:株式会社ボーンデジタル

08/17(金)→ 08/22(水)
Opening Party 
8/17(金) 18:00~20:00

白い絵の具でつむぐ
輝く石をめぐる物語

11:00am〜7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術』を全国の書店を通じて刊行します。魅力的なコンテンツの作成方法とは? 静止画から映像、3DCGまで、ソフトウェア導入のプロフェッショナルが、コンテンツ作りのためのソフトウェア活用術を紹介します。

2018年8月3日(金)ー 8月8日(水)

今展は日本昔話をテーマにした作品を展示致します。
ダンボールを切ったり、貼ったり、折り紙や雑誌を
コラージュして制作した半立体作品での展覧会です。
日本昔話をより愉快に表現出来たらと思います。
オリジナル作品とともにお仕事の作品も
展示予定です。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の夏休みの教育普及プログラム「夏のこどもワークショップ」。イラストレーターの遠山敦を講師に迎え、「LITTLE FINGERS BIG ART 2018」を開催します。
指先や手のひらに直接絵の具をとりだして、建物のガラス窓全面を覆うほどの大きな一枚の絵を参加者みんなで作りあげます。緑色、黄色、空色、桃色...さまざまな色に埋め尽くされたTOKASレジデンシーにジャングルが出現!?体をめいっぱい使って大きな絵を描くことの魅力やみんなで一緒に作品を作り上げる楽しさを学ぶ機会です。指先から広がる、でっかいアートをつくろう!

佐世保市博物館島瀬美術センター
〒857-0806 長崎県佐世保市島瀬町6-22
展示期間: 2018/8/9(木曜)-8/15(水曜)
開館時間: 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日: 14日(火曜日)
観覧料: 無料
※ 同館1Fにて「Yume Cloud Studio キッズアート展」同時開催

がんと診断された方、およびそのご家族、ご友人を対象にした絵画・写真・絵手紙コンテストです。作品に800字以内のエッセイを添えて、がんと生きるあなたの想いを表現してください。

■応募登録期間
2018年7月17日(火)〜2019年1月31日(木)

■テーマ
「がんと生きる、わたしの物語。」

■部門
●絵画部門
〔種類〕油彩、水彩、アクリル画、イラスト、コンピュータグラフィックス、日本画、版画、ちぎり絵、切り絵
〔サイズ〕最小4 号キャンバス(333mm×242mm)〜最大12号キャンバス(606mm×500mm)
●写真部門
〔種類〕フィルム写真:カラー・モノクロ(銀塩プリント)ネガ・ポジフィルム35mm以上、デジタル写真:カラー・モノクロ(お店プリントまたは写真用紙へのプリント)、携帯電話およびスマートフォン附属のカメラ(推奨8MB、800万画素以上)
〔サイズ〕6ツ切サイズ(203mm×254mm)〜ワイド4ツ切サイズ(254mm×366mm)
●絵手紙部門
〔種類〕墨、顔彩を使用し、毛筆にて制作されたもの
〔サイズ〕はがきサイズ(100mm×148mm)

※いずれか一つの部門に応募いただけます。
※応募は1人1作品までとします。

過去のインフォメーションを見る

  • ムサビノート展作品募集
  • 秋のノート展 作品大募集
  • 第8回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第19回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • イラストノート編集部 求人情報
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ