イラストノート No.49

最新号

イラストノート No.49

特集:くっきーの裏側。

イラストノート No.49


芸人として活動しながら、アーティストとしての才能も発揮。今、最も注目を集めている野生爆弾のくっきー。彼は、絵を描くことやものづくりが得意で、その自由に表現された作品は、独特の世界観を醸し出し、見るものの心を鷲掴みにする。彼の世界観を詰め込んだ展覧会「超くっきーらんど」が日本各地で展開され、現段階で30万人以上の来場者を記録。海外での人気も高く、台湾では10万人を動員した。また、企業やクリエーターとのコラボレーションもあとをたたない。今号のイラストノートでは、くっきーが表現する「唯一無二」の世界観のつくりかたを、くっきーの裏側からそっとのぞきながら、まるごと一冊を用いて紐解いてみた。

contents
●くっきーのイラストの裏側
イラストの完成までをくっきーのアトリエで
ドキュメンタリーで追いかけた。

●くっきー's イラスト作品集
くっきーの内側が描かれたイラストを画集形式で紹介する。


●『超くっきー図鑑 渡り鳥』の裏側
昨年発行された、著書「渡り鳥」について、くっきーに質問をなげかけてみた。また、本書では紹介されていない画像もかいま見える希少なコンテンツになった。

●ビニテアートの裏側
彼が得意とする立体造形作品。新作のメイキングをドキュメンタリーでおいかけた。段ボールや新聞紙、ビニテなど、身近にあるものが材料。果たしてどんな作品が完成したのか、こうご期待。

●くっきー's 小道具秀作集
くっきーの立体作品を、ぐるりと360度の角度からみてみたり、
ぐっと寄ってみた。
 
●漫画の裏側
小学館「コロコロコミック」別冊で、くっきーが漫画に挑戦。
編集者とのやりとりや、絵コンテ、完成作の一部までを
のぞいてみた。


●Interview 
くっきーの真ん中
素顔のくっきーに会いたくて、朝の静かな時間に
自然光のなかでインタビューを試みたら、
いたって自然体のナチュラルな彼の表情と言葉が、空気に溶け込んだ。

●くっきーのアトリエ
ものづくりが大好きなくっきー。そのオリジナリティ溢れる
作品はどんなアトリエからうまれるのか?みんなが気になって
いるアトリエに潜入を試みた。

●Collaboration
UN3D.×くっきー
JRA×くっきー くっきーけいば
様々なメディアや企業とコラボレーションすることで、彼の表現するエリアや可能性がグンと広がった。

●超くっきーランド グッズ
全国や海外で開催され、記録的な動員を更新しているくっきーの展覧会では、ここでしか購入できないグッズがもりだくさん。売り切れ商品も続出だという、グッズを一気にみてみよう。

●クリエイターズ・バリュー ギャラリー
INFORMATION
第16回 「TIS公募」 受賞者作品発表
第19回ノート展大賞受賞 特集誌面矢入幸一
第20回「ノート展」作品募集
第8回ノート展「キャラクター部門」作品募集
クリエイターズ・バリュー イラストレーター60人の仕事
読者プレゼント

くっきーからのあとがき


定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416519813
2019年1月23日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2019年2月22日(金)ー 2月27日(水)

優しいタッチの鉛筆画で女の子や動物たちの世界を描きました。
「幸せな瞬間」は、いたるところにありました。
普段の生活や小さな冒険、ファンタジー、物語の中。
描くほどに、その世界が広がって行きます。

三上あゆみ Mosaic Art & Accessory

三枝 聡 Installation & Mixed Media

富丘珠子 Wire Work & Abstracushion

タカハシトモコ Collage Work & Story bags

岡 典明 Installation & Sculpture

高橋ほづみ Textile Art & Fabric Beads

富丘 誠 & TYPHOON STUDIO Painting & Art Funiture

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方』を全国の書店を通じて刊行します。正しいリグの作り方を知らないでキャラクター作れるの? CGキャラクターリグの教科書『Maya リギング』がバージョンアップ! ベテランアニメーション教授でもあるティナ・オヘイリーが、リグの10のルール、必要な知識を豊富なチュートリアルと付属データであなたに教えます。

本展のテーマである「#00000000 」とは、
R(赤)・G(緑)・B(青)の六桁とα(透明度)の末尾二桁の数字によって指定する値で、透明を示す。

指定された色はα値の操作だけで透明へと移り変わる。
移り変わった透明は、色そのものを失くしたわけではないが、
透明に含まれる六桁の色の存在は、私たちの意識から外れている。

このように、無意識のうちに見過ごされている事象は、私たちとメディアとの関係性の中にも多くあるだろう。

私たちはそれら無意識に意識を集中させよう。
結果にはそれまでの過程が存在するように、
私たちとメディアとの間にある無意識に目を向けることが、それまでの道程を見せる。
そうすることで希薄となった、メディアとの関係性を捉え直すことができるのだ。

透明を見るために、本展を企画する。


多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース4年生一同

2019年3月9日(土)〜3月31日(日)
12:00〜19:00 ※最終日17:00まで
March 9 Sat. - March 31 Sun.
12:00-19:00 *Last day -17:00


夢に向かっていると毎日楽しいけど、忘れがち。
忘れちゃったら叶うこともないから、夢を思い出せるツールをイメージしています。
http://www.makiimasaru.com/index.html

関西からの新しい風を届けたい!との思いの公募展、「メゾンダール・ギンザアワード第1期」入選者による選抜展覧会を2019年2/26〜3/9まで、東京銀座にて開催。エネルギッシュで新鮮な関西パワーをお届けします。まず女性アーティストによる、浪速ガーリー5人展 'MIGNON COSMO(ミニヨンコスモ)’、次の週は、男性アーティストによる、浪速ボーリー3人展’IKIMON (生きもん)’、と続きます。作家も関西から在廊いたします。GINZA SIXから徒歩3分の立地です。’銀ぶら’もかねて、この2つの展覧会にどうぞお誘い合わせて、お立ち寄りださいませ。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2019』を全国の書店を通じて刊行します。印刷のしくみといった基本的な事柄をはじめ、ハードウェアやソフトウェア、デザインなどのクリエイティブな要素、電子出版、デジタル印刷、製本・後加工などのDTP&印刷に関する多くの知識を、豊富な図解を用いて解説しています。

2019年2月15日(金)ー 2月20日(水)(水)

これまで線画で動植物や装飾などを中心に制作してきましたが、
今回は人物を描きました。
黄昏の語源は『誰そ彼=あなた誰』だそうです。
私の中の「たそがれ」を描くことを通して、人物表現を探りました。

2019年2月18日(月)〜2月23日(土)
11:30am-7:00pm(最終日は5:00pmまで)

和紙を切り貼りして絵を描いてきました。
山岳雑誌連載中の挿絵原画20〜30点と新作を発表します。

神戸芸術工科大学 [卒研カオス] 同時開催 

本年も「ウラカオス」を 開催致します!

ヒロナカゼミ+Vd,有志 による 3 会場の企画展です。

原田の森ギャラリーはS45年に村野藤吾建築による美術館。

空間へ花を生けるように

美しい建築空間を活かし、/関係性の中で /作品を置いていきます。

また、観客者が/参加型として空間に/遊ぶ展覧会です。

過去のインフォメーションを見る

  • 第20回ノート展 作品募集
  • 第8回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ