イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

最新号

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

特集:寺田克也、ココ500日。

イラストノート Premium 特集:寺田克也、ココ500日。

寺田克也は、ジャンルの枠を、さらには国境を、「描く」ことで軽々と越えていく。
プロが心酔するプロ、寺田克也が、その仕事の流儀を惜しげもなく公開する独自企画が実現!

2019年初頭から2020年の冬まで、完全密着。
最新作をふんだんに紹介するほか、ギャラリストへのインタビューを含め、内と外の両側から寺田克也のクリエイションと思考に迫ってみました。

■目次
特集:寺田克也、ココ500日。

●寺田克也、描く
最新作を中心としたアートワーク

●寺田克也、魅せる ― ココ500日の全個展を追跡!―
500 日の間に行われた全個展を紹介。
展示風景と展示作品の画像を交えながら、各ギャラリーオーナーへのショートインタビューを敢行。

・2019年3月–4月
トランスポップギャラリー @京都
異色の「寺田爺」

・2019年4月–5月
ヴォイド @東京・阿佐ヶ谷
圧倒的100作品超「ラクガキング東京」

・2019年12月–2020年1月
GR2 ギャラリー @ロサンゼルス
日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」

・2020年2月
モグラグギャラリー @東京・御徒町
マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」

・2020年5月–6月/9月
ギャラリーハウスMAYA @オンライン/東京・青山
電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 – モンスターと少年」

・2020年11月–12月
スペースカイマン @東京・日本橋
今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」

●寺田克也、答える ― 学生たちとの Q&A ―
桑沢デザイン研究所での授業を誌上で再現。学生たちからのピュアな質問に対する、寺田先生の答えとは。

・寺田克也の500日年表
ココ500日を振り返り、次の 500日を考える、ロングインタビュー。

●寺田克也、語る ― 独占ロングインタビュー ―
ココ500日の活動と思考を見つめる

・読者プレゼント

・SPECIAL EDITION クリエイターズ・バリュー
イラストレーター29人の仕事

・第21回「ノート展」大賞受賞 特集誌面
萩結



定価(本体+税): 2,000 円+税
ISBN:978-4416521830
2021年1月26日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

日々を旅して、歩む楽しみ。
小さな愛するモチーフたちを
ペンと色鉛筆で描きました。

プロフィール
筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザイン科中退
ESMOD JAPON 東京校でファッションデザインを学ぶ
マサモードアカデミーオブアート卒業
モチーフのふとした表情をとらえて描くのがすきです。
作品販売や装画の仕事をしています。

おのだ希 HP  
https://nozomi-onoda.com

Instagram
https://www.instagram.com/nozomionoda/

●Exhibition 1●
「鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。」
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) [東京都文京区後楽1-3-61]
会期:2021年4月25日(日)〜2021年5月9日(日)
https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/


●Exhibition 2●
鈴木マサルのデザインとみんなの富山もよう展 ―暮らしにとけこむアート&デザイン
会場:富山県美術館 1F TADギャラリー[富山県富山市木場町3-20]
会期:2021年5月17日(月)〜 6月22日(火)

https://toyamamoyou.jp
https://www.facebook.com/toyamamoyo/

会期中のイベントの詳細は、上記のホームページやSNS等でお知らせします。

東京・末広町の PARK GALLERY では2021年4月28日(水)より、PARK GALLERY とイラストレーター・なかおみちおによる『アーティストグッズ』に焦点にあてる展示・販売イベント『PARK MART #03』を開催します。
普段イラストレーションや写真、グラフィックを手がけるアーティストたちによるオリジナルのプロダクトには、壁に飾られる<アート>というアウトプットとは別の魅力が秘められています。例えばTシャツやバッグ、キーホルダーに落とし込まれたアートワークは、それを身につけた人たちが<移動>することによって拡散され、たくさんの人たちの目に触れることになります。さらに、プロダクトとの出会いがきっかけで、会話や繋がりが生まれたりする面白さ、気軽さがあります。
PARK MART では、アーティストが手がけるプロダクトや、ものづくりを楽しむ様々なブランドの商品の一部を『アートワーク』として展示・販売することで、コミュニケーションや繋がりの可能性だけではなく、プロフィールや肩書きでは伝わらない、アーティストたちのバックグラウンドや魅力を紹介していけたらと考えています。
今回参加するアーティストたちが試行錯誤しながら制作したアイテムは、オンラインで完結してしまうグッズ作りやビジネスライクな企画会議から生まれるアイテムとは一線を画し、作り手としてのそれぞれの想いやこだわりが直接落とし込まれています。

ぜひこの機会に、お気に入りのアーティストや、そしてずっと大切にしたいアイテムを探しに来てみてください。
http://park-tokyo.com

東京・末広町の PARK GALLERY では、4月14日より、「花」をテーマにした展示『ほどく』を開催します。
展示タイトルの『ほどく』は、花を買ってきて、水をくべて、花瓶に飾る時のリラックスした気分を一言で現したく、つけたタイトルです。
自分のために、大切なひとのために、暮らしの中に添えられる花の存在は現代を過ごすわたしたちの活力に繋がっていると、コロナによって生活が急変してからはより強く感じるようになりました。

この展示では、立体、イラスト、版画といった、6名の作家による「花」をテーマにしたさまざまな作品を展示します。この展示にきてくれたひとたちが、まるで花を飾った時のようにホッと一息できる時間をたのしんでもらえたらと考えています。ぜひ、会場に足をお運びください。
https://park-tokyo.com

本屋青旗は、英国を拠点に活躍するアーティスト、ジョアンナ・タガダ・ホフベックの個展「もし神さまが虫だったら?」を開催いたします。

 最新作となるペインティング、ドローイング、写真作品は、アーティストが庭づくりを通して観察、考察した事柄から発展したものです。本展で、ジョアンナ・タガダ・ホフベックは、人間と人間以外の生物の関係性を問い直し、他者とともにあることを学ぶ場としての庭を描き出します。

朝は朝らしく、昼は昼らしく、夜は夜らしく。
好きな音楽とカフェインレスのコーヒーをお供に
自然界のリズムを感じながら描きました。
ホッと一息ついてくだされば幸せです。

プロフィール
東京生まれ。小3から高校卒業までの10年間を鳥取で過ごす。
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、
広告制作会社勤務を経て、2000年前後からフリーの
イラストレーターとして仕事を始める。
現在、広告、書籍、雑誌、WEB等、幅広く活動中。
2014年より京都へ移住。

2020-2021年初頭に出版された書籍の装画(表紙絵)の原画+書籍を展示します。
イラストレーター36名の仕事をご覧ください。

◎作家
agoera、天羽間ソラノ、新井元、新目惠、安藤巨樹、石川あぐり、石橋澄、牛久保雅美、梅村昇史、岡野賢介、栗原吉治、合田里美、コバヤシヨシノリ、坂口友佳子、椎木彩子、しらこ、田澤ウー、田尻真弓、田中海帆、出口えり、登内けんじ、古谷充子、古屋智子、まいまい堂、マコイ、水沢そら、宮崎ひかり、もとき理川、もんくみこ、ヤギエツコ、山本祥子、吉實恵、よしだるみ、米満彩子、若林夏、渡辺千春

彩り豊かなさまざまな女性像が並びます。

盒兇澆錺廛蹈侫ール
https://www.gallery-h-maya.com/artists/takahashimiwa/

少しの違和感と、そこから覗く異質なモノの狭間をテーマに描きました。
10日までの六日間。是非お立ち寄り下さいませ。

吉山はるかTwitter
@haruka_yosiyama

イラストレーション、絵画の展示をいたします。
春になったら会いにきて! 私たちの創造空間に。
「アートがなければ つまらない、アートがなければ 始まらない」
NO ART NO JOY をテーマに私たちはそれぞれの表現で、新たな絵画にチャレンジしています。

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ