Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

コンテスト情報サイトの「登竜門」はこの度、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治、以下 アメリカン・エキスプレス)と協働し、「地元のお店を応援し、買い物の楽しさを伝える」イラストを一般の方から広く募集する「SHOP LOCAL(ショップローカル)イラストアワード2018」を開催します。
「SHOP LOCAL」とは、アメリカン・エキスプレスが2017年より展開している、全国の地元のお店を応援し、地域コミュニティの活性化を後押しする取り組みです。このSHOP LOCAL活動を更に推進するため、イラストアワードを開催します。アワードの外部審査員に、白根ゆたんぽ氏(イラストレーター)を招聘。「地元のお店は毎日がエンターテインメント」をテーマに、地元のお店での買い物の楽しさや地域での交流を表現したイラストを、2018年7月9日から9月18日まで募集します。(公式サイト:https://compe.japandesign.ne.jp/shoplocal/

「ことばをながめる、ことばとあるく——詩と歌のある風景」は、美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が「本」と「美術」の架橋を目指して実施する〈本と美術の展覧会〉第2弾として開催するものです。
今回のテーマは詩と歌(短歌)。画家が絵具を素材とするように、言葉を用いて表現・思考の新たな地平を切り開く詩人・歌人たちの作品が、グラフィックデザイナー・画家・イラストレーターたちとの共同によって、当館の展示空間に展開されます。

今回、LAMY×KYOSUKE HIMURO メモリアルコラボを記念して、イラストレーターの粟津泰成がLAMYの万年筆を用いて作画した”HIMURO ART”が実現。代官山蔦屋書店では、7月14日(土)から7月31日(火)まで、この”HIMURO ART” 2作を展示すると共に、ファンクラブ会報誌「KING SWING」カバーアートの原画も複数点、展示します。

2018年7月13日(金)ー18日(水)

街を描く「風景」シリーズ3回目の展覧会です。
思い出や思い入れのある街、心ひかれる街。
5人それぞれの想いとともにお楽しみください。

作家:川崎由紀、サカイヒトミ、坂口友佳子、田辺ユミコ、中島早希

会場:OPA gallery http://opagallery.net/
   東京都渋谷区神宮前4-1-23-1F 03-5785-2646
時間:11時ー19時(最終日は17時まで)
オープニングパーティー:初日18時ー20時

2018年7月12日(木)より、ドラックアウトスタジオにて、ゆかいメンバーであるイラストレーター・やまねりょうこの展覧会「山と根」を開催いたします。
 
やまねりょうこは、2013年に桑沢デザインを卒業後、同級生の池ノ谷侑花と共に、「やっかい」というユニット名を宣言し、ゆかいのメンバーとして活動をスタートしました。しかし、その後は「やっかい」としての活動ではなく、個人のスキルを高める方向へと即転換。やまねは、得意なイラストレーションを軸に現在に至るまで約6年間活動してきました。

昨年、HB FILE COMPETITION vol.28にて永井裕明賞大賞を受賞した副賞としてHBギャラリーで個展を開きます。本コンペにて受賞した「顔」シリーズに加え、第16回TIS公募で大賞を受賞した「ファッション」シリーズ、時代物、映像作品も展示します。今回初個展になりますが楽しい展示にしたいと思いますのでよろしくお願いします。

一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ(東京都渋谷区、理事長 南 伸坊、以下TIS)では、展覧会「水と色鉛筆」展を開催いたします。
国内外で活躍する会員132名が参加しており、ファーバーカステル水彩色鉛筆を使用した多彩なイラストレーション原画を展示・販売を行います(一部非売作品あり)。
会期中の28日(土)には参加作家が在廊する「作家Day」や佐々木悟郎氏によるデモンストレーションを開催。
水彩色鉛筆から生まれるイラストレーターそれぞれの表現をお楽しみ下さい。

場所:スターバックスコーヒー初台一丁目店

期間、時間 7/1〜8/28 
月〜金 7:30〜22:30
土、日 8:00〜22:30

Emerging 2018

17
7月

6名の若手アーティストをTOKAS本郷で紹介

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は2001年の開館以来、若手アーティストへの継続的な育成支援プログラムを行っています。「Emerging(旧TWS-Emerging)」は、若手アーティストを対象とした公募展「トーキョーワンダーウォール(TWW)」(2000年〜2016年実施)と連携したプログラムとして、2001年より開始しました。
今年度は、「TWW2013〜2016」の入賞者及び入選者の中から希望者を募り、審査によって選出された6名のアーティストによる展示を2期にわたり開催します。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ジャパン・クリエイターズ 2018』を全国の書店を通じて刊行します。本書は2014年の創刊以来5年目の刊行。今回も最新の日本のイラスト、デザインなどをお届けします。

「一緒に周囲の期待を超えるような挑戦をしてみないか?」
この言葉をきっかけに、ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウの新たな旅がはじまりました。2人が立ち上げたアニメーションスタジオの名は「トンコハウス」。
彼らの初作品となる短編映画『ダム・キーパー』は、「なぜ、つくるのか」というトンコハウスとしての原点に何度も立ち戻りながら、紡ぎだされてゆきました。自身の心、そして仲間との対話を丁寧に重ね完成した作品は、国や年齢を問わず、多くの人の心を揺さぶります。国際映画祭では、20以上もの賞を受賞するなど高評価を集め、2015年には米国アカデミー賞のノミネートへとつながりました。短編映画のほか、2017年には1話5分、全10話のシリーズ作品『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』が発表され、現在は『ダム・キーパー』をもとにした長編映画の制作に取り組んでいます。
本展では、トンコハウスのアニメーションにかける想いに迫りながら、NHK Eテレで放送されたシリーズ作品や制作中の長編映画など、さらに広がり続ける「ダム・キーパー」の世界をスケッチやマケット、映像など新作も交えて紹介します。温かみあるかわいらしいキャラクターデザイン、深く考え抜かれたストーリー設定、光や街が美しい背景デザインなど見どころ満載の旅する展覧会、トンコハウス展をお楽しみください。

会期/開館時間
2018年7月21日(土) − 9月2日(日)
10:00 - 20:00
会期中休館日なし

イラストレーター小笠原まりえの初個展です。
植物や女性の人物画を描いています。
今回の個展のテーマは「temptation」
忙しい日常の中で、少しでもホッとできる空間を作れたらと思い、
花や植物をメインに展示いたしました。
よろしくお願い致します。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Unityはじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング』を全国の書店を通じて刊行します。「Unity ML-Agents」は、機械学習の定番フレームワーク「TensorFlow」(Google)をUnityから利用するためのモジュールです。「Unity ML-Agents」を使うことで、ゲーム内で「強化学習」を行い、最適な動作を行えるキャラクターのモデルを簡単に利用することができます。

2018.6.30-7.6 (10:30am-6pm,lastday~3pm )


この展覧会は、イラストレーションを全方向へ自由に描く実験ゼミ、神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科 ヒロナカゼミの 「自由作品展」です。
+学科横断プログラム#5 という 学科も学年も超えた特別授業の活動作品を展示します。
同時開催の楽しい展覧会です。
*special! 今回、同地域の流通科学大学アートクラブ有志との、元気なコラボレーション制作も展示しています。

トーキョーアーツアンドスペースは、今回新たに国内の若手アーティストを対象にした公募「TOKAS-Emerging」を開始します!TOKAS本郷の各展示スペースを使用した展覧会の開催希望者から選出される6組が2期にわたり展示を行います。制作支援金の提供、リーフレットの制作など、充実した支援内容で入選者をサポートします。
平面、立体、映像、インスタレーション等によって構成した「展覧会企画」のご応募をお待ちしています!

2018年7月7日(土)〜7月29日(日)

iPadでササっと適当に描いた絵を、拡大して、手書きでキャンバスに落とし込むと、未知の風景が現れる。そうすることで僕は飽きずにいられる。

成増アートギャラリーで開催
板橋区立美術館では1981 年より毎年、ボローニャ国際絵本原画展を開催してきました。38 回目を迎える本年は、大規模改修工事に伴う休館期間に重なるため、美術館から東武東上線・成増駅前のギャラリーに場所を移してご覧いただきます。
※入選作品全点を展示することはできません。あらかじめご了承ください。

会期:2018年7月6日(金)〜29日(日)
開館時間:9時30分〜19時30分(入館は19時まで) 会期中無休
観覧料:一般500円、高校・大学生250円、中学生以下無料
*土曜日は高校生は無料で観覧できます *20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)

テキスタイルデザイナー・鈴木マサルによる「鈴木マサルの傘 POP UP STORE」が、東京・代々木八幡のCASE GALLERYで6月15日から7月1日まで、愛媛・松山のMUSTAKIVIで6月16日から7月29日まで開催される。
同展は2012年に開催して以降、毎年続く鈴木マサルの代表的な展示で、この季節の風物詩となっている。「外出するモチベーションが下がる梅雨時に心弾むテキスタイルの傘を持って出かけよう」という想いから、「持ち歩くテキスタイル」をコンセプトに始まり2018年で7回目を迎える。東京と松山のほか、全国4会場を巡回する予定だ。会場では、新作4柄・各柄3配色計12点を含む、全48アイテムが展示・販売される。
http://casedepon.tumblr.com/

2018年6月22日(金)ー 6月27日(水)

街をほっつき歩いているときに、円い板きれを見つけた。
持ち帰って絵を描いてみたらまったく思うようにならず、
とても楽しかった。「この木、この犬を見るだけだ。同じ
ものは何ひとつない」とセザンヌ翁が言っている。
板に遊んでもらって楽しんで描くのみだ。

http://portrait-movie.com/

イラストレーターを中心としたグラフィックアーティストのコーディネイトエージェンシー『BUILDING』の映像制作ブランド『COO--COH(クウコウ)』が、作家自身と作品のPRをするためのムービー=「ポートレート・ムービー」の制作を開始しました。制作費を「都内の知名度のあるギャラリーで個展を一週間開催する程度」に設定することで、クリエイターのプロモーションの選択肢を広げます。
BUILDING http://www.bldg-jp.com/
COO--COH(クウコウ) http://coo--coh.com/

ギリアド・サイエンシズ株式会社は、「“自分”らしく笑顔で過ごす日常 写真・絵画コンテスト2018 」(https://www.gsj-project-2018.jp/)の作品募集を2018年10月31日(水)まで行います。
B型、C型肝炎の治療法は、今、大きな進歩の時代を迎えています。本コンテストは、B型、C型肝炎を治療中又は治療を終えられた方に、治療と向き合っているご自身の日常や治療と向き合う、又は治療を終えた後の「“自分”らしく笑顔で過ごす日常」を表現した写真もしくは絵画を応募いただきます。
肝炎ウイルスの啓発や、感染者への社会的支援の輪を広げていこうと企画した本コンテストは、今回で2回目を迎えます。第1回目は「未来〜これから」をテーマとし、全国よりご応募いただいた90作品の中から、上位6名の受賞者を表彰いたしました。
“沈黙の臓器”とも言われる肝臓は、自覚症状がでにくく、炎症が長期化すると、肝硬変、肝がんのリスクも高まります。検査を受診せず感染を知らないまま社会に潜在する患者数は約78万人、感染を知っても継続して治療を受けていない患者数は約53〜120万人と推測されています*。ギリアドは、B型、C型肝炎治療薬を提供する企業の社会的責任として、このコンテストを通じて早期の受診や治療のきっかけをサポートすることを目指しています。
*Tanaka J, et al. J Viral Hepat 2018:25(4): 363-372

ギリアド・サイエンシズについて
ギリアド・サイエンシズは、医療ニーズがまだ十分に満たされない分野において、革新的な治療を創出、開発、製品化するバイオファーマ企業です。会社の使命は、生命を脅かす難病を抱える世界中の患者さんのために医療を向上させることです。カリフォルニア州フォスターシティに本社を置き、世界35か国以上で事業を行っています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『特殊効果アニメーションの世界:エレメンタルマジック 第2版』を全国の書店を通じて刊行します。「土」「大気」「火」「水」そして「魔法!」時にリアル、時にシュールなディズニーアニメーションで、生き生きと表現される特殊効果によるマジックとは!?

【概要】
書籍名:特殊効果アニメーションの世界:エレメンタルマジック 第2版
刊行予定日:2018年6月下旬
著者:ジョセフ・ギランド
定価:本体4,500円 + 税
ISBN:978-4-86246-421-7
サイズ:変形(280 × 220 mm)
ページ数:352 ページ
発行:株式会社ボーンデジタル
【本書の特徴】
特殊効果が起こす「魔法」の秘密を解き明かす!

ミナ・ヌクッタの「MINA」とai sayama の「AI」を掛け合わせて【MINAI展】
また【妖怪×見えない】を掛け合わせ。

昨年、9月に大成功を納め、今年は(株)オリエンタルベリー協賛のもと、【#MINAI展】にパワーアップ!
新作の発表やワークショップなど企画満載です!
ぜひお越しください。

<日程>
期間:2018年6月28日(木)〜7月8日(日) ※火水定休
時間:12:00〜19:00
場所:大怪店 (阿佐ケ谷駅より徒歩5分、阿佐ヶ谷アニメストリート内)
https://otonoke-enoke.jimdo.com/minai

協賛:株式会社オリエンタルベリー
http://orientalberry.co.jp

2018年6月15日(金)ー 6月20日(水)

生まれた時からずっと住んでいる京都。
いちばん好きなところは鴨川です。
広々とした空と水面、思い思いに過ごす人々、
散歩の犬や自転車、川沿いの木々。
そんな鴨川の風景を描きました。

2018年6月8日(金)ー 6月13日(水)

アイスランドで出会ったものや感じたことを描きます。
氷河、オーロラ、溶岩、そして海と穏やかな街。
大自然に身をゆだねたら、
いろんなことがとてもシンプルに見えてきました。

会期:2018.6.5火-6.22金
時間:11:00a.m.〜7:00p.m.
入場無料 日曜休館

綾野本汰は、「変な世界」をテーマにしたイラストと漫画の展示「こんにちは!! ザ・ワールド」で第17回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。近未来の砂漠に住む雪男などのイラストと、それぞれのキャラクターから連想した短編漫画を同時に展示し、「イラストと漫画、どちらか一方では成立しないところがこの作品のオリジナリティー」として審査員に評価されました。

2018年6月1日(金)ー 6月6日(水)

OISスケッチ会の原点である「表参道」をみんなで描きました。
おしゃれな通りから、昔懐かしい風景、はたまた再開発エリアまで、
表参道のさまざまな表情を描きとめました。スケッチならではの
「音・におい・風」を感じてくれたらうれしいです。

----------------------------------------------------------
全国のイラスト自慢の高校生必見!募集テーマは「お仕事中!」
「高校生イラストコンテスト2018」作品募集
募集期間:6月1(金)〜8月31日(金)
賞  品:Wacom 液晶ペンタブレット『Cintiq 13HD』ほか
----------------------------------------------------------
日本工学院専門学校では、全国の高校生を対象に、ペンタブレットメーカーの株式会社ワコムとの 共催による『高校生イラストコンテスト2018』を開催。6月1日(金)から8月31日(金)まで作品を 募集いたします。 応募及び詳細は、同公式ホームページ(http://www.neec.ac.jp/contest/irakon2018/)まで。

このコンテストは、若いクリエイターの発掘や作品発表の場を創出することで、イラスト制作への 幅広い興味関心を高めると共に、高校の部活動への支援などを目的に開催されているもので、昨年 は全国から471点の応募がありました。

今年の募集テーマは「お仕事中!」。職業や世界観など自由な発想で設定してください。審査は、 イラストレーターとして第一線で活躍する本校クリエイターズカレッジの講師らによって行われ、 グランプリ1作品、準グランプリ2作品など計16作品を表彰します。
入賞者には、ワコムよりプロ クリエイターにも支持されて いる本格仕様の13.3型の液 晶ペンタブレット『Cintiq 13HD』など豪華賞品が贈られ るほか、株式会社セルシスの 協力で、希望者全員に応募作 品(注1)の制作用ソフト『CLIP STUDIO PAINT DEBUT』を 贈呈いたします。

また、本校卒業生のイラスト レーターによる応募作品制 作のための「テクニック講座」 を、6月17日(日)に蒲田キャ ンパス、6月24日(日)に八王 子キャンパスにてそれぞれ 開催いたします。

(注1) 募集作品は、A4サイズの カラー作品(Jpegデータ形式) であれば、制作手法などは問いません。

2018年5月28日(月)〜6月1日(土)

柳は緑、花は紅(やなぎはみどり、はなはくれない)。
柳は緑色、花は紅色をしているように、
人工の加わっていないさま、自然のままの姿。
世はさまざまであるということ。

さまざまな江戸の人々の物語。
時代小説の装画・挿画をテーマにしたオリジナル作品と、お仕事の原画を展示致します。

鈴木ゆかりPROFILEはこちら
http://www.gallery-h-maya.com/artists/suzukiyukari/

テーマ:LOHAS
「ロハスなイラストを描こう」

ロハスとは英語でLOHAS(Lifestyles Of Health And Sustainability)。
「健康と環境に配慮した生活」のことです。
私たちの普段の生活がよりよく、美しくなること。
それがロハスなのです。
このコンテストでは、ロハスを感じられる作品を広く募集いたします。
人、町、家、自然、生き物……あなたが考えるロハスを表現してみませんか。
チャンスがあなたを待っています。

ページの先頭へ