Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

現在、新型コロナウィルスの影響拡大により、展示・イベント等の開催休止が相次いでおります。
このため、すでにインフォメーションへ掲載されている展示、イベントにつきましては、各公式HPなどで開催情報をご確認くださいますよう、お願い申し上げます。
また、展示、イベントに関する告知内容の掲載は、しばらく休止させていただきます。
どうぞご理解、ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

イラストノート編集部

『火あやかし』(小峰書店)絵本原画とオリジナル作品を展示します。

2020年3月2日(月)〜3月14日(土)
open hours: 12時〜19時 土17時まで 
※初日3/2は14時〜

慌ただしい日も、ゆったりとした日も、何気なく過ぎていく。
朝の散歩、身支度、おやつの時間、ごはん、お気に入りのもの…
とある一日の暮らしの風景を描きました。
穏やかな空気を感じていただけたら嬉しいです。

偶然に生まれるブレた線で、今までの型にとらわれずに自由に描きたい・・・。
そんな風に右往左往しながらも、バランスを保ちながら描いていきたいと思っております。

本書「デザイナーズFILE」は、プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご愛読、ご活用いただいています。

今回の2020版では、巻末特集として「New Design 2020」を企画いたしました。モノ作りは、手作業による図面や製作の時代から、昭和は大量生産の時代となり、平成ではCADによるデザイン、設計、そして加工機も著しく進化してきました。そして今、ポストCADの時代の萌芽を感じます。

愛媛県西予市立美術館 ギャラリーしろかわでは、第26回全国「かまぼこ板の絵」展覧会に向け、4月20日(月)まで、かまぼこ板に描いた絵を募集しています。プロ、アマどなたでもご応募可。テーマは自由。
かまぼこ板にあなたの感性で描いてください。作品はお一人何点でもご応募いただけます。
ご応募いただいた全作品を第26回全国「かまぼこ板の絵」展覧会<7月11日(土)〜12月6日(日)>で展示します。
第26回展覧会テーマは「感動の時は続いていく。」
これからも皆さんと同じ時の中、出逢えたこの奇跡を未来へつなげていきたいという願いが込められています。

3月から『イオンカルチャークラブ』さんの3店舗(葛西店、船橋店、幕張新都心店)で、小学生と大人向けのイラスト・漫画講座の講師をさせていただくことになりました。
(*船橋店はキッズのみのクラスです)
新しい季節に、新しい習い事をはじめてみませんか?

講座の内容は、基本的な絵の描き方はもちろん、現在制作中の「ローカル・ニューヨーク百景」のような漫画や、現役イラストレーターの経験を生かして、ちょっとオシャレに見せる可愛い飾り文字の描き方など、少しずつご紹介していけたらと思います。

興味はあるけれど何から始めればわからない初心者の方や、小学生の方にも出来るだけ一人一人のご要望に合わせてお手伝いさせていただきますので、どうぞお気軽にご参加ください!

山形潔香”TIMELESS"
2020年3月7日(土)〜29日(日)
12:00〜19:00(最終日17時まで)
火曜水曜休廊

junko oishi 個展 「 す が た 」 を開催いたします
(ドローイング、銅版画)

会期 : 2020.3.2(月)〜5.28(木)
開館時間 : 月〜金 10:00〜17:00 (土日祝日休廊)
ギャラリー:ITONA GALLERY いとなギャラリー
住所 : 東京都千代田区鍛冶町2-1-10 ナガイレーベン本社ビル2F
Tel : 03-5289-7891
JR東日本 神田駅南口徒歩 1分
HP : itona.jp

junko oishi HP
http://junois.com

アートやデザインに応用されるインタラクティブ・メディアの表現開発拠点「KYOTO HAUS」は、伝統的な京町家を舞台にデジタルネットワーク環境のデザイン、コミュニティ形成のための実験イベント空間「OPEN HAUS」を定期開催しています。5回目となる今回のテーマは ‘TELEPATHY’(テレパシー)。京都をはじめ、東京、LAなどで活躍するアーティスト/クリエイターとコラボし、展示イベントを開催します。

気付けばいつの間にか自分のキーワードになっていた大事なもの、ずっと前から知っていたような相棒たちを描きました。
cafe & gallery Quovadis(成城学園前より徒歩3分)
https://cafeandgalleryquovadis.owst.jp
2/25(火)-3/1(日)13:00-19:00
※会場はカフェとなりますのでワンオーダーを頂きます。

アーティストのプラットフォームを運営するARTEE(https://artee-jp.com)は2020年より
「You can do it」をテーマに新たにサイトをリニューアルいたしました!

そして、第12回イラストコンテスト開催!!

コンテスト概要は以下の通りです。皆様のご参加お待ちしております。

コンテストテーマ
あなたオリジナルの作品を投稿してください

開催期間
作品投稿・投票は 2020年3月17日まで
中間順位の発表は 2020年3月1日

TOKASでは、これまで公募展や企画展、海外派遣などを通じて、アーティストを段階的、継続的に支援し、またその活動を紹介してきました。2018年度より開始したシリーズ「ACT」では、TOKASのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に、今注目すべき活動を行っているアーティストの企画展を開催します。

2020年2月28日(金)ー 3月4日(水)

”その瞬間”を大切に楽しむ無邪気な作品が集結。
オリジナルのストーリー性を持った作品や
童話や昔話を題材にした作品など、
見る人を包み込み、温かく寄り添う
羊毛立体イラストレーションです。

2020年3月13日〜22日
12時〜18時
火曜定休・最終日は17時まで

あたたかな日ざしのなか、春のこみちをあるいていくと──。
野原で出会った、草花やいきもの、発見や思い出を描いた、
パステル画を中心に展示します。

 ある空間に、自分の思う風景や植栽を配し、生きものを棲まわせる……絵を描くことは、庭づくりにも似ているのかもしれません。
 そこにいるものたちが、互いに関わり合って世界を形づくり、不思議な姿に育っていくのを見ながら、私は手を入れます。

 それぞれの世界を司る少女たちも、独自性を持つようになり、もの言いたげな瞳をこちらへ向けてきます。

 光は希望です。それは、情熱を持って何かをしているときに感じられるのか、 ふと休んだときに気づくのか、 あるいは、 自分の中から生まれるのか、 天から差してくるのか……

 光の庭を、しばしご一緒しませんか?

 今回は油彩画を中心に、鉛筆画なども展示する予定です。

この度、kolor はポプテピピックの1コーナー「ボブネミミッミ」等で有名なクリエイティブチーム<AC部(エーシーぶ)>とコラボレーションしたカプセルコレクションをリリースいたします。
暑苦しいリアルなイラストレーションをベースとする、濃厚でハイテンションなビジュアルで、国内外で注⽬を集めるAC部。今回、group_inou による楽曲「THERAPY」のミュージックビデオから⽣まれたキャラクター<イルカのイルカくん> を主に、kolorとのコラボレーションアイテムを展開いたします。また、本コラボレーションを記念し、AC部描き下ろしのkolorオリジナル動画も制作いたしました。
販売は、2⽉15⽇(⼟) よりkolor 渋⾕PARCO先⾏。2⽉22⽇(⼟) からは、その他kolor 直営3店舗限定で本カプセルコレクションを展開いたします。kolorとしては、今までにないコラボレーションとなっております。
AC部とkolorによる新しい世界観を、ぜひお楽しみください。

DTP&印刷スーパーしくみ事典は、DTPや印刷業務に携わるすべての人に役立つ図解事典です。
印刷のしくみといった基本的な事柄をはじめ、ハードウェアやソフトウェア、デザインなどのクリエイティブな要素、電子出版、デジタル印刷、製本・後加工などのDTP&印刷に関する多くの知識を、豊富な図解を用いて解説しています。


ーーーーーーーーーーー

この度の新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、大学側より開催中止の要請を受け、3月1日(日)〜3月7日(土)にBankART Stationでの開催を予定しておりました2019年度卒業制作展「Skippp...p」の展示ならびにトークショー、公開講評会などの全日程を中止とさせていただきます。

本展示を楽しみにしていただいた皆様、トークショー登壇予定であった皆様、本展示にご協賛くださった企業様にはご迷惑をお詫び申し上げます。

ご理解賜りますようお願いいたします。

多摩美術大学美術学部情報デザイン学科メディア芸術コース2019年度卒業制作展実行委員会

ーーーーーーーーーーー

◆グラフィックアーティストの新たなPR手段としてムービーを

イラストレーターを中心としたグラフィックアーティストのコーディネートエージェンシーBUILDINGは、2012年から所属アーティストのプロモーションの一環としてPRムービーの制作に取り組んでおります。

その効果としては
・YouTubeに投稿することで幅広いユーザーに閲覧される
・発注者が作家の制作手法への理解を深めることで制作進行がスムーズになる
・作家のライフスタイルやキャラクターを事前に理解することでコミュニケーションが円滑に進む
など、認知の拡大や業務の効率化、新たなキャリアの獲得などのメリットが得られています。

地方都市や海外在住の作家が遠隔地に住んでいるライフスタイルをアピールすることで、そうした状況をテーマにした新たな仕事を得られるなど、予想をしていなかったチャンスも生まれています。

モチーフを機械部品で構成して表現した作品群 未来的機械細胞。
それらを中心としたドローイング作品の一片を展示します。

・カラーキャンバス作品(F100号、F50号、F30号)
・カラー作品(額入り、L〜2L版サイズ)
・ペンとコーヒー彩色の作品(額入り、L版サイズ)

リアルタイムエフェクトを作っていく上で必要不可欠なものは、「観察力」と「再現力」です。
しかし場合によっては、現実の物理学を踏襲しつつもある点で無視する事も必要かもしれません。

海外のスタジオでAAAタイトルに携わるプロのリアルタイムエフェクトアーティストが、中級以上の方に対して特に求められる観察力と、それをエフェクトに落とし込む再現力をどう身に付けるかを紹介しています。
また開発の現場で求められるシェーダーの知識、プロシージャルによる効率化、最適化などを、HoudiniとUnreal Engineを使って解説しています。

さらにリアルタイムVFXアーティストに求められる、エフェクトの表現のための思考力を磨くチュートリアルも紹介しています。

人工知能によるゲームの攻略は、ゲーム開発者のみならず、機械学習を学びたい学生や研究者にとっても、最もホットな話題となっており、日々新たな攻略アルゴリズムが発表されています。そのなかでも、2015年12月に設立された非営利団体「OpenAI」は、その中心的な存在となっています。

「OpenAI」は、誰でも自由に使える強化学習ツールキット「OpenAI Gym」を公開しており、このなかにはAtariのゲーム環境やロボット制御の環境などの学習用の環境が多数含まれています。本書では、この「OpenAI Gym」を使って、ゲームを攻略するAIを作るための手法を手順を追って解説しています。

ELLEJOURイラストレーション個展を開催します。

MIRU=みる

メガネやサングラスをかけた女性、そして様々な「みる」をイラストに落としこみました。
皆さまのお越しをお待ちしております。

◆日時
2020年2月2日(日)〜3月15日(日)
会期延長となりました!

午前11時〜午後7時まで(入場は18:30ごろまで)
※最終日は16:30まで

ギャラリー定休日 水曜日

2020年2月21日(金)ー 2月26日(水)

リンクス・リンクス・リンクス。
何が起こるかわからない魔法の言葉と
楽しい事が起こる予感にそわそわしている生き物たち。
新しい一歩が新たにつながりあって、
何が起こるかわからない扉を開いていきます。
かすかな光を感じながらロシトロカをお楽しみください。

2020 年2 月23 日(日)に江東区大島のオルタナティブスペース「プライベイト」にて個人制作の雑誌ZINE の交換会exchanzine[エクスチェンジン]を開催いたします。exchanzine は、手持ちのZINE を交換して楽しむ交流イベントです。来場者は、自身で制作したZINE を持ち込んで、他の来場者のZINE と交換することが出来ます。交換するZINEがない方もお金以外の物、行為、出来事などお互いに合意が取れれば交換することが出来ます。

2020年2月14日(金)ー 2月19日(水)

お弁当を見ていると、とてもワクワク楽しい気持ちになります。
身近な隣の人のお弁当から世界の様々な国のお弁当まで。
想像を膨らませながら、お弁当の旅に出ます。

2020年2月7日(金)ー 2月12日(水)

「個」として死んでいく動物や虫よりも、
「種」として生き残る植物の方が、実は強い。
そんな話を聞いて、植物に対して感じた畏怖を描きました。

情熱を持つ+見せ方を知る=面白い動画の法則!!

「映画学校の2年間が1冊に凝縮されている」
とアメリカで大絶賛の「How To Shoot Video That Doesn't Suck」日本語版

ビデオカメラやソフトウェアの操作マニュアル、あるいは撮影のハウツー本を読む前に、読んでいただきたい1冊です。レベルアップに直結する「考え方」と「実践のヒント」が詰まっています。

77の法則で、動画をもっと★面★白★く★。

お急ぎの方へ:冒頭の12の方法を「読む」だけでただちに効き目があります!

スペイン語の言葉の響きや、夏のバスク地方の風景から
インスパイアされた作品を展示します。

1983年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
岩波書店「旅するニホンゴ」装丁、雑誌「山と渓谷」「Pen」「ことりっぷマガジン」
「散歩の達人」挿絵、サントリー「天然水」Amazon限定パッケージなどを手がける。
リアリティと心地よさを大切にしています。

www.tentintokyo.com
Instagram / @tent_illustration

ページの先頭へ