Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

2020年2月21日(金)ー 2月26日(水)

リンクス・リンクス・リンクス。
何が起こるかわからない魔法の言葉と
楽しい事が起こる予感にそわそわしている生き物たち。
新しい一歩が新たにつながりあって、
何が起こるかわからない扉を開いていきます。
かすかな光を感じながらロシトロカをお楽しみください。

2020年2月14日(金)ー 2月19日(水)

お弁当を見ていると、とてもワクワク楽しい気持ちになります。
身近な隣の人のお弁当から世界の様々な国のお弁当まで。
想像を膨らませながら、お弁当の旅に出ます。

2020年2月7日(金)ー 2月12日(水)

「個」として死んでいく動物や虫よりも、
「種」として生き残る植物の方が、実は強い。
そんな話を聞いて、植物に対して感じた畏怖を描きました。

情熱を持つ+見せ方を知る=面白い動画の法則!!

「映画学校の2年間が1冊に凝縮されている」
とアメリカで大絶賛の「How To Shoot Video That Doesn't Suck」日本語版

ビデオカメラやソフトウェアの操作マニュアル、あるいは撮影のハウツー本を読む前に、読んでいただきたい1冊です。レベルアップに直結する「考え方」と「実践のヒント」が詰まっています。

77の法則で、動画をもっと★面★白★く★。

お急ぎの方へ:冒頭の12の方法を「読む」だけでただちに効き目があります!

スペイン語の言葉の響きや、夏のバスク地方の風景から
インスパイアされた作品を展示します。

1983年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
岩波書店「旅するニホンゴ」装丁、雑誌「山と渓谷」「Pen」「ことりっぷマガジン」
「散歩の達人」挿絵、サントリー「天然水」Amazon限定パッケージなどを手がける。
リアリティと心地よさを大切にしています。

www.tentintokyo.com
Instagram / @tent_illustration

写真作品「こころ」について
言葉で「〇〇心」や「心〇〇」と表すと「心朗らか」「心ここにあらず」「乙女心」他にも沢山あります。これらは気持ちや状況などを表し大まかな意味では共有できていますが、その解釈は微妙で人それぞれ感じ方は異なっています。
一枚の写真を見て、言葉で説明するのも写真から言葉を導き出すのも何かが違うと思うので、これらの写真を見ている時の「こころ」の有り様をみつめてみたいと思いました。
写真の前に立ち、何かを感じても、こころが何も動かなくても全然平気なんですよ。

アニメーション業界のベテランでライティングのプロ Lee Lanier が、アートと3Dアニメーションにおけるライティングの歴史や理論、実用的で審美的な応用について掘り下げ、ライティングの重要性と情報を伝える能力について考察します。本書ではまず、アート・映画・写真・3Dアニメーションに適用されてきたライティングの歴史を調べます。次に、特定の場所を再現し、ムードを生成するために必要なライトの色、位置と方向、影の種類ついて説明します。3Dライティングを成功させるためのヒントを読み、ソフトウェアにとらわれないサンプルで実践すれば、3Dライティングセットアップを習得できるでしょう。3つのケーススタディでは Maya を使い、複雑な3Dライティングプロジェクトに取り組みます。

テーマは「始める」
食べ始める。着替え始める。働き始める。など。
普段生活の中にあって当たり前にしている事ですが、
そんな「始める」がたくさん詰まった
一日を描きたいと思います。

今回の展示では、自主制作絵本『すてきなくちびるさん』と
そのチェコ語訳『Úžasná PaníPusinka』をはじめ、
絵本の原画や日々制作した絵画を展示いたします。
『すてきなくちびるさん』をチェコ語に翻訳するきっかけとなった
なないち(東京外国語大学4年)との出会いや、
チェコにまつわるあれこれを詰め込んだZINEも会場にてご紹介予定です。
どうぞ、くちびるさんとその仲間たちに会いに来てください。

2020.1.27(月)-2.1(土)日曜休廊
12:00〜19:00(最終日17:00迄)

チョコレートが溶けたみたいにアクリル絵の具をたっぷり塗った作品や独特のタッチで描く線画などで、雑誌・書籍などのイラストレーションを中心に活躍中しているそで山かほ子さん。スペースユイでははじめての展示となります。どうぞお楽しみに!

お菓子が好きです。見るのも、描くのも、もちろん食べるのも。
もしお菓子たちだけの国があったなら、
きっとそこには甘くゆったりした時間が流れているのだろうな、
そんな世界を楽しく想像しながら描きました。
お茶をしに行くような気軽な気持ちでいらしてください。

2020年1月21日(火)〜2月2日(日)
10:30〜16:30(月曜日定休)
自由学園明日館 JMショップ
東京都豊島区西池袋2-31-3 明日館敷地内
TEL:03-3971-7297

自由学園明日館サイト
https://jiyu.jp

JMショップサイト
https://jiyu-craft.typepad.com/jm/

2020年1月13日(月・祝)〜1月25日(土)
open hours: 12時〜19時 土曜日17時まで 日曜休み
※初日月曜のみ 14時〜19時

リトアニアリネンの表裏からアクリリックスで描き進める好評・好調の新シリーズ・・・今回は旧約聖書のアダムとイヴ、新約聖書の受胎告知のイメージを含む、楽園、動植物、天使や女神など描いた新作絵画作品約30点を展示販売いたします。寺門孝之

オリジナルカレンダー『こはる歳時記』3年分の原画を展示いたします。
2018年<関東の伝統野菜>、2019年<名脇役な野菜たち>、
そして2020年<おいしい季語、季語のある暮らし>まで。

2020.1.13→1.19
11:00-19:00(最終日は15:30まで)

お土産選びに奔走する大名行列、福引で当てた宇宙温泉の話など、
ひょうきんで、のんきな旅行のイラストを展示します。
会場はカフェも併設している老舗画材店です。
年始の挨拶回りやお買い物の休憩に、ぜひお立ち寄りください。


100年を超えて愛される、動物解剖学の古典名著を復刻! !

美しく描かれた精緻な画像からは、躍動する動物の息づかいまで聞こえてくるようです。動物を描く方には、表からは見えない構造を理解するリファレンスとしてお使いいただけます。

架空の動物を創造する方には、クリーチャーに実在感のある構造を与えるリファレンスとして役立ちます。

特長1
精緻に描かれたオリジナル図版に加え、日本語版では新しく構造名を記した線画が加わりました。

特長2
筋肉や骨などの働きや、特徴を解説したテキストを収録。
テキストはダウンロード可能。図版と見比べながら読み進められます。

特長3
オリジナル図版の生き生きとした描写をじっくり楽しめる、高解像度の画像と大判の判型です。

本書は、ヴィルヘルム・エレンベルガー、ヘルマン・バウムによって1900年ごろから出版された書籍「Handbuch der Anatomie der Tiere fur Kunstler(芸術家のための動物解剖学)」を1冊にまとめた、翻訳・加筆版です。

井上文香/荒井千。ふたつの名前で活動する画家が手がけた、絵本『いいおてんき』と児童読みもの『オオカミが来た朝』挿絵の原画展示と、オリジナル作品の展示販売を行います。

2020年1月17日(金)〜25日(土)
平日 1:00〜8:00
土日 1:00〜7:00
最終日は17:00まで
火曜・水曜定休 入場無料

junko oishi 個展「 te ra su 」 を開催いたします  
(銅版画・ドローイング・灯りのオブジェ)

2020.1.17(金)〜2.6(木)   →月・火定休
11:00〜17:00(最終日〜16:00)
 GALLERY HARUJI 
https://www.g-haruji.com
千葉県四街道市大日868-3
駐車場6台有り、JR四街道駅徒歩20分、北口からバス

2010年代、イラストから様々なリアルアイテムに落とし込み、販売するサービスが始まり、多くのイラストレーターが、簡易的にプリントアイテムを販売できるようになりました。
「2020年、そしてその先、、、一体どんなサービスとプリント
アイテムが生まれていくのか?」
そこでandMadeでは、2020年におけるプリントアイテムの現在地を探るべく、雑誌、広告、パッケージなどで活躍しているイラストレーター20名のプリントアイテムを集めた企画展「Print A La Mode」を2020年2月22日(土)〜8日(日)の期間で開催します。
本展では、単に作品をプリントしたアイテムの販売だけでなく、andMadeが持つ服作りに特化したシェアアトリエサービス、最新のデジタル機器を有する強みを活かし、各イラストレーターの方々が考案したデザインを基に、弊店制作スタッフ達とディスカッションを重ねて生み出す「こだわりのアパレルプリントアイテム」を、展示・販売いたします。他にも約100点以上のプリントアイテムを販売や、各イラストレーターの方々の作品約70点を展示いたします。ジャンルもスタイルも異なるイラストから生まれ、覗き見える「アラモード」をお楽しみください。

アート、イラスト、デザイン、漫画、アニメ、レタッチ etc...
様々なジャンルのアーティストたちが活躍中!
必要なのはiPadとネット環境。
オンラインマッチの開催により、さらに参加しやすくなったリミッツにあなたも挑戦してみませんか?

リミッツは、アートをもっと身近に楽しめるようにしたいという想いからスタートしました。
競技型デジタルアートとして、あえて勝敗をつけることで競技としての面白さを追求しています。

プロのスポーツ選手やミュージシャンがいるように、アーティストにもプロとして活躍できるフィールドを増やしたい。それがLIMITSのめざす未来です。

家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」( https://fotowa.com/ )は、2020年2月29日の閏日にサービス開始から丸4年を迎えます。これを記念し、fotowaと関わるすべての皆さまへの感謝を込めた『fotowa公式キャラクターデザインコンテスト』を開催いたします。
応募フォーム及び特設サイト:https://fotowa.com/4th/character

ゲーム開発における必要な基礎知識のすべてをこの一冊に!

ゲームが実行している間、どのようなことがゲーム機の中で行われているか。
またアニメーションや3Dとは一体どのようなものなのか。
分かりづらい数学や物理の理論をわかりやすい解説とイラストで解説しています。

プログラマーだけでなく、ゲームデザイナーやアーティストにも必読の内容になっています。

表紙&巻頭特集は映画『天気の子』!

昨今のアニメ制作では3DCGの活用が当たり前になり、その周辺技術の進歩によって作画による職人技的なアニメと見分けがつかないほどの見映えと、3DCGならではのリッチな表現が両立できるようになりました。 これらを支えている各制作会社の多種多様なノウハウを結集し、1冊にまとめたのが本書です。 一部雑誌未収録の内容も掲載されます。

一般誌ではほとんど見ることのできないメイキング素材を多数収録しており、アニメ制作関係者はもちろん、アニメファンも楽しめる内容になっています。進化し続けるアニメ制作の「現在」を、ぜひ体感してください。

2020年1月27日(月)〜2月8日(土)
open hours: 12時〜19時 土17時まで 日曜休
※初日1/27のみ14時〜19時
※作家在廊予定:1月27日、1月31日、2月1日、2月7日、2月8日

「私の日記」
昼と夜のふたつの時を刻むモンゴルの草原から、分刻みの日本の大きな町にやってきて、もうじき十二年になります。時がたつのは、なんて早いのでしょう。
私の心にしまっている大切な思い出を日記に綴って展示します。会場では、夫のガンバーの日記もぜひご覧ください。

2020年1月13日(月・祝)〜1月25日(土)
open hours: 12時〜19時 土曜日17時まで 日曜休み
※初日月曜のみ 14時〜19時

リトアニアリネンの表裏からアクリリックスで描き進める好評・好調の新シリーズ・・・今回は旧約聖書のアダムとイヴ、新約聖書の受胎告知のイメージを含む、楽園、動植物、天使や女神など描いた新作絵画作品約30点を展示販売いたします。寺門孝之

表紙&巻頭特集は映画『天気の子』!

昨今のアニメ制作では3DCGの活用が当たり前になり、その周辺技術の進歩によって作画による職人技的なアニメと見分けがつかないほどの見映えと、3DCGならではのリッチな表現が両立できるようになりました。 これらを支えている各制作会社の多種多様なノウハウを結集し、1冊にまとめたのが本書です。 一部雑誌未収録の内容も掲載されます。

一般誌ではほとんど見ることのできないメイキング素材を多数収録しており、アニメ制作関係者はもちろん、アニメファンも楽しめる内容になっています。進化し続けるアニメ制作の「現在」を、ぜひ体感してください。

MAYAでは植物や静物などバリエーションに富んだモチーフを、
MAYA2では国内外のさまざまな風景を。
2020年のスタートは佐々木悟郎さんの作品をたっぷりとお愉しみください!
*会期中の予定など、決まり次第随時お知らせしてまいります。

会期
 2020年1月11日(土)〜2月2日(日)
 ※火曜日、水曜日休廊
 開廊時間:12:00〜19:00 ※最終日17:00まで

-プロフィールー
1988年神奈川県逗子生まれ。2013年に武蔵野美術大学、2017年にCentral Saint Martins大学院卒業。絵画,版画,Fine Artを学び、学部時代から一貫して自分を含む「人」をテーマに制作を行っている。
https://www.jasminefulford.com (イラスト)
https://jasminefulford.myportfolio.com (アート)


コメント:「悩み」と「生み出す」が同じ語源だったら良い、と友人は言った。

会期
 2020年1月11日(土)〜2月2日(日)
 ※火曜日、水曜日休廊
 開廊時間:12:00〜19:00 ※最終日17:00まで

黒板を消した跡みたいなものとか、壁の染みや汚れとか、文字とか何かの輪郭とか、そういうのをなぞって起こした形や色を組み合わせるような感覚で絵を描いています。

代々木上原のコレクティブスペース村世界にて、看板屋/グラフィックデザイナーの廣田碧氏が主宰する企画展「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」が開催されます。

前回開催から3年ぶりとなる「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既成概念にとらわれず「看板 = サイン」を広義に捉え、そのあり方や可能性について様々な角度から考察、探求するプロジェクトです。

ページの先頭へ