Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

銭湯と言えば、「裸の付き合い」、「近所の関係を高める場」のようなキーワードがポンポン浮かびます。体を洗う所であれば、人間臭い所でもあります。ポップでファニーな落とし所で外国人が簡単にハマりそうな日本のカルチャーを描きました。
暖かいお風呂でお待ちしております。

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、機械仕掛けのクジラ、ウサギ、金魚など、造形作家・松岡ミチヒロの粘土造形プロセスを大公開した書籍、「粘土でつくる空想生物 ゼロからわかるプロの造形技法(ホビージャパンの技法書シリーズ)」を、9月20日(木)に発売します。

本書は、生物と機械を融合させたスチームパンク調の作品で多くの人々を魅了する、造形作家・松岡ミチヒロの造形テクニックを紹介する、初の技法書&作品集。クジラやウサギといった親しみやすいモチーフを取り上げ、粘土を使った作品づくりの工程を紹介していきます。彼の作品は、長い年月を経て朽ちたメカの味わいと、生物が持つ柔らかなフォルムが特徴。武骨なメカニカル部分はどのようにつくっているのか、生き物の柔らかなフォルムはどう表現しているのか……。プロだけが知る制作テクニックを、ひとつひとつ公開していきます。

日々、加速的に進化して行くデータ社会の影響は、私たちクリエイターにも大きな変化を与えています。
藤本と木村の制作における共通点は、人間的で温かみを感じるアナログ表現と作業効率の高いデジタルツールを組み合わせる手法で、独自の世界観を展開している点にあります。
本展覧会では絵具を使ったアナログ表現からPCによるデジタル表現まで100点程の作品を展示します。
ぜひ、御高覧ください。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『CGプロダクション年鑑 2018』を全国の書店を通じて刊行します。詳細な企業データと制作実績画像で、プロダクションを紹介します。日本のCGプロダクションの今が分かる一冊!

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『超 Photoshop レタッチ&合成の秘訣 著名写真家や映画ポスターの表現を盗む』を全国の書店を通じて刊行します。あの『Photoshop レタッチ&合成の秘訣』の著者、Photoshopワールドドリームチームインストラクターである Glyn Dewis氏が、著名な写真家/アーティストの表現を模倣して、腕を上げる秘訣を紹介します。

10年目の個展『始まりのトビラ 終わりのトビラ』を開催いたします。
https://motion-gallery.net/projects/ishiki-thoth-201809

【日時】
9 月16日〜23日
月〜木(13:00〜18:00)
金〜日・祝(13:00〜19:30)

【会場】
裏参道ガーデンスペース
http://urasando-garden.jp/space/

*入場無料
*絵画、オリジナルグッズ販売
(クレジット利用可能)

一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ(東京都渋谷区、理事長 南 伸坊、以下TIS)では、「第16回TIS公募受賞作品展」を開催いたします。本展覧会は2018年5月に行ったプロ・アマ・学生を問わないTIS公募で選ばれた入賞・入選作品39点を展示。会期中には、各種イベントを開催するほか、昨年の創刊準備号に続いて「TIS Magazine」を発刊いたします。

第46回東京モーターサイクルショーを開催するにあたり、「はじめようバイク」をテーマに、バイクに乗りたい気持ちが高まるポスターデザインを募集します。最優秀受賞作品は、当ショーの広告物・メインビジュアルとして、会場サイン・ポスター ・公式ホームページ・雑誌広告・チケット等に採用いたします。

“近代日本画の父”狩野芳崖の 4 人の高弟〈岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城〉。彼らは芳崖の晩年に師事し、芳崖の絶筆《悲母観音》の制作を間近で目撃しています。その後入学した東京美術学校では「芳崖四天王」と称され、一目置かれる存在でした。

本展は、知られざる芳崖四天王の人と画業を紹介します。また師・芳崖を中心に、狩野派の最後を飾る画家たちの作品や、四天王と同じ時代を生き、岡倉覚三(天心)と共に日本画の革新に挑んだ横山大観、下村観山、菱田春草らの作品が一堂に会し、芳崖の創った多様な近代日本画の水脈を辿ります。

【前期】2018年9月15日(土)〜10月8日(月・祝)
【後期】2018年10月10日(水)〜10月28日(日)

https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

BRICK LANE
- COFFEE, ACCESSORIES & STUFF -

◆Address
〒154-0017
東京都世田谷区世田谷1-15-14 1F
Tel: 03 6413 0157
東急世田谷線・世田谷駅 徒歩1分

◆Open Hours
11:00-19:00(定休日/火曜日)

※カフェのため1オーダーをお願い致します。
※時間帯によっては外でお待ちいただく場合がございます。

現代を問う、反戦バレエの問題作!
関西発の独自な比喩とユーモア、コンテンポラリー・ダンス世界へ
岡登志子氏の率いるアンサンブル ゾネ+大野一雄舞踏研究所研究生、そして特別参加のダンサー
それぞれの 素晴らしい身体の動きに魅了されると思います。
イラストレーター・画家 /廣中薫が美術で参加しています。

日々を美しく。
理想を生きた手づくりの暮らし。

家族をモティーフにした温かい作品で知られるスウェーデンの国民的人気画家カール・ラーション(1853〜1919)。彼は昔ながらの伝統が残るダーラナ地方に「リッラ・ヒュットネース」と呼ばれる家を入手し、妻カーリンとともに理想の家へ改装していきました。その暮らしぶりを描いた画集は現代のスウェーデンのインテリアに深い影響を与え、各国でも翻訳出版されています。本展は、絵画をはじめ、夫妻がデザインした家具やカーリンのテキスタイルなど日本初公開を含む品々を展示し、世界を魅了したライフスタイルに迫ります。
http://www.sjnk-museum.org/program/expect/5469.html

イラストレーターとしての活動に加え、近年、料理の仕事に取り組みはじめ、
活動の場を拡げている糸乃さん。今回の展示では絵と料理の交わるところとして、
陶器皿を支持体とした手描きの絵付け作品を発表します。
また、会期中にはお弁当の販売もいたします。
彼女の表現する「絵と料理」、ぜひ合わせてお楽しみください。

DIESEL ART GALLEYでは、2018年8月31日(金)から11月15日(木)の会期で、双子のアートユニット、HAMADARAKA (ハマダラカ)の国内初大型個展「EDENDORDORADO(エデンドルドラド) ―楽園の物音―」を開催いたします。

本展では、ペインティング作品約30点と、ギャラリー空間に浮遊する立体作品からなるインスタレーションを展覧いたします。
また、会期中の10月27日(土)には、アーティストの伊藤桂司氏 と河村康輔氏をゲストに迎え、トークイベントを開催いたします。

http://www.kienoe.com/news/?p=702

「My cosmic catalog」と題して、
illustration、fabricを中心とした展覧会を開催します。

/

illustration
fabric
を中心に・
たくさんのあそびをちりばめた展覧会

暮らしの中で出会ったものや人を、消しゴムはんこを彫って、押して描く、
とみこはんの消しゴム版画展です。
活気あふれる夏の浅草で、たくさんの消しゴムとともにお待ちしております。

■とみこはん消しゴム版画展「float」■
日時:2018年8月18日(土)-9/2(日)12時-19時 
※期間中、8/20.27(月)は定休日です。

会場:チェドックザッカストア浅草  ホームページ:http://www.cedok.org/
住所:〒111-0043 東京都台東区駒形1-7-12
電話番号:03-6231-6639

◆浅草駅だけでなく 、蔵前駅からも歩けます。地図のご案内をご覧ください。

2018年8月24日(金)ー 8月29日(水)

出版絵本の仕事に繋げることを目的とした展覧会です。
お話しのダミー本とその原画を数点展示します。
絵本の制作、出版に携わる関係者に多くご来場いただき、
新たな作品、作家との出会いの場にして頂きたいと思います。

2018年8月17日(金)ー 8月22日(水)

ドローイング、コラージュ。
こだわらない。とらわれない。突き詰めない。
どこへも辿りつかない。

プロフィール
1978年生まれ。多摩美術大学ガラス科卒業。
ほぼ10年ぶりに、2017年に制作再開。

金子佳代HP
http://www.osumi.org/kayo/

instagram: kayodory

ギャラリーメゾンダールの「関西アーティストを、東京へ、パリへ。」がコンセプトの‘浪速ガーリープロジェクト’の一環として、広く募集します。入選作品は、メゾンダール・ギンザと、パリでご紹介。ぜひ、ご参加下さい。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ゲームグラフィックス 2018 −CGWORLD特別編集版−』を全国の書店を通じて刊行します。3DCG&映像制作の専門誌「CGWORLD」に掲載された、ゲームグラフィック開発のノウハウを凝縮した事例集です。

【概要】
書籍名:ゲームグラフィックス 2018 −CGWORLD特別編集版−
刊行予定日:2018年9月上旬
編集:CGWORLD編集部
定価:本体3,600円 + 税
ISBN:978-4-86246-426-2
サイズ:A4変型
ページ数:360ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』を全国の書店を通じて刊行します。弁護士と現役クリエイティターが判例とリアルなトラブル体験から導く、著作権トラブル解決のバイブルです。

【概要】
書籍名:著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本
刊行予定日:2018年9月下旬予定
著者:大串肇、北村崇、染谷昌利、木村剛大、古賀海人、齋木弘樹、角田綾佳、小関匡
定価:本体2,400円 + 税
ISBN:978-4-86246-414-9
サイズ:A5判
ページ数:224
発行:株式会社ボーンデジタル

08/17(金)→ 08/22(水)
Opening Party 
8/17(金) 18:00~20:00

白い絵の具でつむぐ
輝く石をめぐる物語

11:00am〜7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『グラフィックデザイナーのためのコンテンツ作成術』を全国の書店を通じて刊行します。魅力的なコンテンツの作成方法とは? 静止画から映像、3DCGまで、ソフトウェア導入のプロフェッショナルが、コンテンツ作りのためのソフトウェア活用術を紹介します。

2018年8月3日(金)ー 8月8日(水)

今展は日本昔話をテーマにした作品を展示致します。
ダンボールを切ったり、貼ったり、折り紙や雑誌を
コラージュして制作した半立体作品での展覧会です。
日本昔話をより愉快に表現出来たらと思います。
オリジナル作品とともにお仕事の作品も
展示予定です。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の夏休みの教育普及プログラム「夏のこどもワークショップ」。イラストレーターの遠山敦を講師に迎え、「LITTLE FINGERS BIG ART 2018」を開催します。
指先や手のひらに直接絵の具をとりだして、建物のガラス窓全面を覆うほどの大きな一枚の絵を参加者みんなで作りあげます。緑色、黄色、空色、桃色...さまざまな色に埋め尽くされたTOKASレジデンシーにジャングルが出現!?体をめいっぱい使って大きな絵を描くことの魅力やみんなで一緒に作品を作り上げる楽しさを学ぶ機会です。指先から広がる、でっかいアートをつくろう!

佐世保市博物館島瀬美術センター
〒857-0806 長崎県佐世保市島瀬町6-22
展示期間: 2018/8/9(木曜)-8/15(水曜)
開館時間: 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日: 14日(火曜日)
観覧料: 無料
※ 同館1Fにて「Yume Cloud Studio キッズアート展」同時開催

がんと診断された方、およびそのご家族、ご友人を対象にした絵画・写真・絵手紙コンテストです。作品に800字以内のエッセイを添えて、がんと生きるあなたの想いを表現してください。

■応募登録期間
2018年7月17日(火)〜2019年1月31日(木)

■テーマ
「がんと生きる、わたしの物語。」

■部門
●絵画部門
〔種類〕油彩、水彩、アクリル画、イラスト、コンピュータグラフィックス、日本画、版画、ちぎり絵、切り絵
〔サイズ〕最小4 号キャンバス(333mm×242mm)〜最大12号キャンバス(606mm×500mm)
●写真部門
〔種類〕フィルム写真:カラー・モノクロ(銀塩プリント)ネガ・ポジフィルム35mm以上、デジタル写真:カラー・モノクロ(お店プリントまたは写真用紙へのプリント)、携帯電話およびスマートフォン附属のカメラ(推奨8MB、800万画素以上)
〔サイズ〕6ツ切サイズ(203mm×254mm)〜ワイド4ツ切サイズ(254mm×366mm)
●絵手紙部門
〔種類〕墨、顔彩を使用し、毛筆にて制作されたもの
〔サイズ〕はがきサイズ(100mm×148mm)

※いずれか一つの部門に応募いただけます。
※応募は1人1作品までとします。

2018年8月4日(土)-8月26日(日)
12:00-19:00 ※最終日のみ17:00まで
毎週火曜日・水曜日休廊
opening party:8/4(土)17:00-20:00

会場:マキイマサルファインアーツ
東京都台東区浅草橋1-7-7
http://www.makiimasaru.com
03-3865-2211

最新デザインの表現と思考のプロセスを追う「デザインノート」、描く人のためのメイキングマガジン「イラストノート」各誌と、武蔵野美術大学の共同コンテスト企画「ムサビノート展」を開催します。応募作品はすべて8月19日(日)に武蔵野美術大学オープンキャンパス内で掲示。当日に公開審査会を開催し受賞作品を決定します。作品の募集は8月1日まで。

2018年7月27日(金)ー 8月1日(水)

世代別に幼少期から老年期までを5世代に分け、
各世代の女性を描き見るグループ展です。
5人のイラストレータの取り組みをお楽しみください。

出展者

天野綾乃
http://ayanon.petit.cc
 
市村譲  
https://www.joeichi.com

平のゆきこ
https://www.hiranoyu.com

福士陽香  
https://www.harukafukushi.com

船越加那
https://www.funakoshikana.com

ページの先頭へ