Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

10月23日より好評発売中の『イラストノート No.48』(誠文堂新光社)。漫画家・ゲームデザイナーの井上淳哉先生の総力特集号となっています。
今号の発売を記念して、11月12日に【『イラストノート No.48』発売記念 井上淳哉先生トーク・サイン会】を秋葉原・書泉ブックタワーにて開催します。

当イベントでは、新潮社「コミックバンチ」統括編集長の里西哲哉氏を迎え、広く「漫画の作り方」について語っていただくほか、先日堂々の完結を迎えた漫画『BTOOOM!』についてもお話いただきます。また、サイン会では、サインをいただけるだけでなく、井上先生が『イラストノート No.48』の最終ページに直接ペン入れをし、ゲーム『三極ジャスティス』に登場する京極晴也のイラストを完成させる、という企画もご用意しています。

イベント会場の秋葉原・書泉ブックタワー8F店頭にて『イラストノートNo.48』をご予約・ご購入、または電話・メールにてご予約された方に、イベント参加券を先着順で配布いたします。

2018年11月16日(金)ー 11月21日(水)

子供は今を生きています。楽しいとき、嬉しいとき、
悲しいとき、辛いとき。声を出して、言葉を響かせれば、
心はいつも元気まんたん。「ぞうさん」「きらきら星」
「線路はつづくよどこまでも」 など、大人には懐かしく、
子供たちに今も愛される童謡をテーマに描きました。

2018年11月12日(月)〜11月24日(土)
11:00〜19:00土曜日は17:00まで 日曜休み

新しい技法を学び、鮮やかな光と影の演出が加わります。どうぞご高覧くださいませ。

樋上公実子 WEBSITE
http://www.kumiko-higami.com

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣編』を全国の書店を通じて刊行します。ファンタジーの世界、神秘的なキャラクター、恐ろしいクリーチャーを創造するための実践テクニックが、手に取るようにわかるイラスト実用書です。

【概要】
書籍名:ファンタジーの世界を描く 景観・人物・幻獣編
刊行予定日:2018年12月25日
著者:Rob Alexander, Finlay Cowan, Kevin Walker
定価:本体4,000円+税
ISBN:978-4-86246-423-1
サイズ:A4版
ページ数:288
発行:株式会社ボーンデジタル

開催期間:2018年10月29日(月)〜11月25日(日)
URL:https://compe.japandesign.ne.jp/shoplocal/

コンテスト情報サイトの「登竜門」はこの度、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治、以下 アメリカン・エキスプレス)、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川一郎)と協働し、「SHOP LOCAL(ショップローカル)イラストアワード2018人気投票」を開催します。

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、背景イラストの第一人者であるゾウノセ氏が長年にわたり開発したCLIP STUDIO PAINTの「ブラシ素材」をまとめた一冊、「CLIP STUDIO PAINTブラシ素材集 雲から街並み、質感まで (ホビージャパンの技法書シリーズ)」を、10月31日(水)に発売いたします。

 本書は、CLIP STUDIO PAINTで使える「ブラシ素材」を付属CD-ROMに多数収録し、使いこなし方やその作り方のテクニックを解説した一冊です。

懐かしいのに、新しい。楽しい。
童謡の声 DOYO100th

2018年は、童謡100周年。そこで今を代表する声の持ち主に、歌ってもらいました。様々なジャンルのプロの声たち。それも男性ばかりが、誰もが知っているあの曲を新しい時代へとつないでくれます。
https://www.universal-music.co.jp/compilation/doyo100th/

2018年11月5日(月)〜11月10日(土)
11:00-19:00 土曜日は17:00まで

色・音・香り・温度・手触り…、日々感じ続け生まれる作品世界。
展覧会タイトルの作品『シュガープラム・パーティー』、人や犬や猫が登場する、横長の楽しい作品等々。
書き溜めた作品を含めて展示いたします。
ぜひ、お楽しみ下さいませ。
今回は、少々、スコティッシュテリア(犬)率高めです。

おなじみのポストカード等のグッズもあります。

しみず やすこ ホームページ:http://www3.kcn.ne.jp/~star-egg/

2018年11月2日(金)ー 11月7日(水)

今回の展示では、これまで描いてきたロットリングの
モノクロームの線画に、カラーインクで色を加え、
カラーの絵の制作に取り組みました。
夜の世界の仄暗い中に、
ひっそりと息づくひとたちを描きました。

2018年10月29日(月)〜11月3日(土)
11:00〜19:00 最終日は17:00まで

2018年10月26日(金)ー 10月31日(水)

ある私小説作家の絵を描いた折、
『軒下の田園』という タイトルを付けました。
その言葉に、作家の作品に導かれる様に描いた作品を展示します。
3年ぶりの個展になります。ぜひお越しいただけると幸いです。

【2019年4月28日、29日、30日受付】
オリジナル、未発表の絵本作品を募集します。プロ、アマ問わず。審査員は、いとうひろし(絵本作家)、櫻井友貴(編集者)、土井章史(編集者)、西須由紀(ピンポイントギャラリー)の4人。これまでに、16冊の受賞作が出版されました。また、受賞をきっかけのひとつとして絵本作家とデビューした若手を多数輩出しています。詳しくは、応募概要をご覧ください。
http://www.pinpointgallery.com/cn13/pg127.html

https://www.3331.jp/schedule/004529.html

10/27(土)〜11/4(日)
11〜20時(最終日〜18時)
3331アーツ千代田:1F メインギャラリー
会期中無休
一般800円 / 当日のみ終日有効
高校生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料
期間中トークセッション開催(詳細はアーツ千代田3331のHPにて)

日本を代表するイラストレーター
222人の作品が3331に大集結する。
これが日本のイラストレーションだ!

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーでは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日し、滞在制作やリサーチ活動を行っています。
今回のオープン・スタジオでは8組9名のクリエーターが参加し、11月10日(土)には滞在中の6組のクリエーターが自身の作品の紹介とともに東京での制作やリサーチ活動について発表します。11月11日(日)には、映画監督のアンドレアス・ハルトマンとゲストの都築響一氏によるトークイベントを行います。ハルトマンはこれまでに、ベトナム、ミャンマー、日本に滞在し、宗教的、政治的、社会的既成概念に対抗し、自由を求めて葛藤する若者を『A Free Man』(日本)、『My Buddha is Punk』(ミャンマー)といった作品をとおして描いてきました。今回の滞在では、毎年何千もの人の行方が分からなくなるという日本の「蒸発」の現象に焦点をあて、誰もが抱く、完全に消え失せ、新たな人生を始めるという人間の夢想や願望、恐怖に焦点をあてたリサーチと制作を行っています。移動や旅をすることが日常の一部となり、モビリティによる自由を獲得した現代社会に生きる私たちにとって「自由」とは何か。ジャーナリスト、写真家として日本全国、また世界各地を訪れ、様々な人の生き様を見つめ、取材をしてきた都築響一氏を迎えお話を伺います。

2018年10月19日(金)ー 10月24日(水)

近代的なのか、懐古的なのか、邪魔なのか、必要なのか、
いろいろな思いが複雑に絡み合いながらそれは今日もそこにある。
まっすぐな直線で空を区切っている。

アニメ「その時、カノジョは。」の放送を記念して、マルイと「そのカノ」がコラボレーション!
有楽町マルイと博多マルイでは、『「その時、カノジョは。」放送記念 窪之内英策展〜100のときめき〜』と題し、期間限定の展示イベントを開催します。会場では、窪之内英策氏が描く、胸がキュンとときめく100の作品を展示するほか、「その時、カノジョは。」の設定資料、貴重な原画など作品の魅力に迫る展示や、グッズの販売も行います。
さらに、11月24日(土)「ソノカノ上映会&トークショー」開催決定!出演はユウタ役の浦田わたるさん。イベントへの応募抽選券は10月13日(土)有楽町マルイ開店時より、2,000円(税込)お買い上げごとに1枚お渡しします!

2018年10月15日(月)〜10月20日(土)
11:00〜19:00 最終日は17:00まで

屋根裏部屋に転がったオーナメントたち。クリスマスを間近に控え、いそいそと何やら支度をはじめています。
新作絵本の原画に加え、オリジナル描き下しのイラストレーションを展示します。アンマサコの世界へようこそ!

一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ(東京都渋谷区、理事長 南 伸坊、以下TIS)では、雑誌『TIS Magazine 2018-19』を2018年10月4日に発刊いたしました。

イラストレーターによるイラストレーターのための雑誌『TIS Magazine』は、実はイラストレーター以外の方にも、ぜひ読んで頂きたい内容になっています。イラストレーターってこんな人たちで、今イラストレーターを取り巻く状況はこうなっていて、その中でこんなことを考えている、というのをほんの一部ですがお伝えしたいと思っています。

2018年10月8日(月)〜10月13日(土)
11:00 〜19:00 土曜日は17:00まで

【会期中イベント】
ささめやゆき 幻灯会
10月12日(金) 午後7時〜8時 入場料¥1,000 定員25名
予約は10月8日(月)11時より電話またはメールart@pinpointgallery.comにて受付。

1960年代から半世紀以上ものキャリアを誇り、今も尚トップランナーとして、そのキャリアの頂点を極めている田名網の現在を紐解こうとするものです。
田名網が、これまで制作をしてきた作品は、デザイン、イラストレーション、アニメーション、実験映画、立体作品、絵画と多岐にわたります。そこには、可変的な創造者であろうとしてきた田名網敬一の等身大の姿があります。現在、田名網が世界中のアーティスト、デザイナー、ミュージシャン、ファッションデザイナーから集めている尊敬は、あらゆる境界、領域を超えて創作活動を続けてきた歴史の重みに比例するものです。
近年、田名網は、自身の記憶や夢を原風景にして、その80年以上もの歴史を記したいわば"曼荼羅図"の制作に取り組んでいます。一見すると奇怪でありながらもポップな妖怪画のように見える田名網の近作ですが、そこに描かれているものは田名網の実体験に基づく様々な記憶です。

2018年10月5日(金)ー 10月10日(水)

絵を自分で動かしたいと思い、今回はアニメーションに挑戦します。
パラパラ漫画のように絵を動かす
アナログな方法でアニメーションを作ります。
原画の展示と完成したアニメーションを流します。

初めて個展を開いてから20年、長い道のりを歩いてこられたようにも、絵描きとしてはハタチだと思えば、まだまだ先が長いようにも思う秋。紙で遊んでた初心に戻るような気持ちで、小さな展覧会を開きます。

貼り絵を作るときに副産物として色々な色・形の小さな紙片が出るのを、抽象画にして、いつかお見せしたいなあと思っていたシリーズも発表します。シートの作品も含めると100以上。じっくりご覧ください。

http://www.tsujikeiko.com/index.html

10.12(金)-10.21(日) 月・火休み 12:00–19:00 
※最終日17:00まで

-
割れたコップは元に戻らないし、曲がったスプーンは使い物にならない。
超能力がなくなっても、ずっと友達でいてくれる?
-

様々な媒体を通しイラストレーションを手がける、いとうひでみの個展を東西にて開催いたします。
今回は、現在制作中の超能力少女がテーマのマンガから派生したアイデアを元に作品を制作。(マンガは左右社WEBにて公開中「classX (http://sayusha.com/webcontents/c18)」
書き下ろし分を追加し、年内〜来春刊行予定)

時代を捉える優れた感覚から生み出される繊細な表現と独自の世界観は、今後どのように変化していくのか動向を追い続けたいと思う興味深い存在です。
いとうひでみの描き出すストーリーを、ぜひ想像しながらお楽しみください。

※nonreversible : 不可逆

会場 PATERS Shop and Gallery

会期 2018年10月26日(金)〜11月7日(水)木曜定休 OPEN 12:00〜19:00
入場無料 初日18:00からオープニングパーティーを開催いたします。

参加作家

秋山正義 荒井浩之 泉雅史 生方工 川島慎平 早川世詩男 
森邦保 GODRILLHAS  SpecialGuest 平澤一平

2002年から毎年、原宿のペーターズギャラリーで開催している
イラストレーターのグループ展を今年も開催致します。
今年のテーマは「SF」です。9人のイラストレーターがSFをテーマに個性豊かな作品を制作展示致します。
お時間ありましたら是非!お気軽にお越し下さい。

2018年10月17日(水)〜10月21日(日)
12:00〜19:00

「古本屋一日」併設のギャラリーです。
Vacancesをテーマに心地よい空間にしたいと思っています。
吉祥寺にお散歩がてら、ぜひお立ち寄りください。

会場 クリエイションギャラリーG8/ガーディアン・ガーデン
会期 2018/11/27(火)〜 12/22(土)日曜休館

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデン(株式会社リクルートホールディングス運営/東京・銀座)は、2018年11月27日より、チャリティープロジェクトとして「CREATION P roject 2 018 クリエイターと福島の窯元がつくる『大堀相馬焼167のちいさな豆皿』」を開催します。
本プロジェクトでは、167人のクリエイターがデザインした167種類の大堀相馬焼の豆皿を展示、販売し、収益金をセーブ・ザ・チルドレンに寄付します。
大堀相馬焼は、江戸時代元禄期から続く福島県浪江町の伝統工芸品です。東日本大震災の影響を受けて浪江町での製作はできなくなりましたが、窯元たちは福島県内の別の地域に拠点を移し、窯を新調し、愛知県瀬戸市の瀬戸土を使い製作を再開しました。拠点が離ればなれになった今も、協同での陶器づくりが窯元同士を繋いでいます。今では地域おこし協力隊の若い職人も県外から参加し、様々な人のつながりによって浪
江町の伝統は福島にあり続けています。
今回は、大堀相馬焼の3つの窯元と協力し、167人のクリエイターがデザインした豆皿をつくります。手のひらサイズのちいさな豆皿は、ろくろ職人が一つ一つ手作業で成形しています。豆皿の種類によってみられる細かなひびは、大堀相馬焼の特徴の一つです。熱い窯を開けて豆皿を冷ます際に、釉薬が収縮することでひび割れが起こり、キラキラと風鈴のような貫入音が鳴ります。

2018.10.12(金)〜10.21(日):東京妙案ギャラリー(白金台)

FIGARO japonなどのファッション誌、アパレルブランド広告・商品など、ファッション業界で活躍するイラストレーター花モト・トモコの個展『NIGHT STORY』が開催されます。

本展のテーマは「夜」。
空が墨色に染まり、あらゆる輪郭が優しく曖昧に溶け出す夜、心地よい時に身を委ね、夜を纏って見る空想、記憶、予感、ときめきをグラフィカルに切り取ったNIGHT STORYが紡ぎ出されています。
光と影の狭間にたゆたう物語が描き綴られた、ロマンティックでファッショナブルなドローイングと人気のKIRIEの最新作45点。原画ならではの見応えのある作品が一堂にならぶこの機会に、是非会場にてご覧ください。

書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック2 Webデザイン 第3版』刊行のお知らせ
株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック2 Webデザイン 第3版』を全国の書店を通じて刊行します。Web業界の第一線で活躍する豪華な著者陣が、体系的・網羅的にわかりやすく解説しています。この一冊で、あなたの仕事力が格段に上がります。

会場:神戸芸術工科大学 ギャラリー・セレンディップ
期間:2018年10月3日(木) – 9日(水) 11am - 6pm
closing party:10月9日(火) 6 - 8pm ( Cafe space,吉武ホール1F )
日曜休館、入場無料

参加作家.

アメリカ西海岸 LAアーティストと 神戸作家によるグループショーを開催致します。
共通テーマは「(Something)!NEW!」それぞれの文化の多様性を楽しみ、共有する展覧会です。
2015年より今年で4年目となる交流展覧会。この展示は、神戸芸術工科大学_海外研究員として、アメリカ西海岸LA文化視察時に大学・アート施設での授業・個展・公開制作・イベントなどを通し、作家達とコラボレーション活動を重ねて 自然発生的スタートとなった交流展です。

会期:2018.10.23 火- 11.16 金
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
日曜・祝日休館 入場無料

http://rcc.recruit.co.jp/gg/

ガーディアン・ガーデンでは「The Second Stage at GG」シリーズの49回目として、秋山花展「THE WISDOM OF YOU」を開催します。本シリーズは、ガーディアン・ガーデンで開催する公募展の入選者たちの、その後の活躍を紹介する展覧会です。

ページの先頭へ