Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

会期:2018.1.30 火 - 2.16 金
時間:11:00a.m.〜7:00p.m.
入場無料 日曜・祝日休館

千賀健史は、インドの学歴社会やカースト問題に直面する少年たちの夢や希望を失った時の選択や生き続ける事の可能性をテーマにした作品「Bird, Night, and then」で、第16回写真「1_WALL」グランプリを受賞しました。審査員からは「これまでのフォトジャーナリズムの方法論とは違う新しいドキュメンタリーのかたちの模索」と高く評価されました。

●会期
2018年1月 6日(土)〜 1月28日(日)※火曜日休廊
●開廊時間
12:00〜19:00
●イベント
オープニングパーティー 1月 6日(土)18:00〜20:00

ガーディアン・ガーデンでは2018年1月10日(水)より、第16回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展 時吉あきな展「ナンバーワン」を開催します。

時吉あきなは、原寸大の犬を立体コラージュで制作した作品「ワンオール」で、第16回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。受賞作は「芸術に関心のない人でも巻き込まれる勢いを感じさせる」と審査員に評価されました。

— 小さな港町・真鶴に移り住み、絵を描き続ける画家

海と森が美しく共存し、坂に小さな家々が建ち並ぶ小さな港町・神奈川は真鶴町に移住し、アトリエを構えた絵描き・山田 将志 による個展『坂の上から海の側』を 2017年12月20日(水)より開催します。

真鶴という町に出会い、惚れ込み、半年のうちに移り暮らし、ひたすら海の見える古民家で描き続けた「風景」や「ひと」が PARK GALLERY に展示されます。 真鶴という町を知るひとも知らないひとも楽しめる展示になっております。 とある小さな港町に漂う生命力とぬくもりを、山田 将志 の絵を通じて感じてみてください。

小旅行気分で、 旅の絵日記でも眺める気持ちで、ぜひ遊びにきてください。

Calendar room

14
12月

12月15日(金)から17日(日)の3日間、来年2018年のカレンダーを展示販売する企画展 Calendar roomを開催します。
40人のイラストレーションや写真作品のカレンダーをその場で見て買って楽しめる、展示販売イベントです。ぜひお好みのカレンダーを探しにお越しください。
原画や関連作品の展示販売も一部ありますので、ぜひそちらも一緒にお楽しみください。

2017年12月15日(金)ー 12月23日(土)
※会期中無休

冬の風景をテーマにした版画を展示いたします。
師走の寒い時期の展示ですが、ぜひお越しいただけると幸いです。

日本では古来から一つ一つの言葉に魂が宿ると信じられてきました。
語り継がれた言葉から見えてくる かたち や 思い を40人の作家が描きます。

網中いづる 石川えりこ 石黒亜矢子 井筒啓之
井筒りつこ イマイアキノブ 上杉忠弘 遠藤拓人
オブチジン 軽部武宏 木内達朗 木原未沙紀
くまあやこ さかたきよこ 櫻井砂冬美 佐々木悟郎
sanoooo 篠崎三朗 城芽ハヤト 鈴木 圭
タダジュン たなか鮎子 谷口広樹 都築まゆ美
ツトム・イサジ 寺田克也 中村幸子 早川世詩男
原 マスミ 平澤一平 ヒロミチイト 深瀬優子
古屋亜見子 牧野千穂 益田ミリ 町田尚子
松成真理子 松本里美 南 椌椌 山福朱実

ジュエリーブランドHIROKUの奥村裕とイラストレーターの吉實恵の2人展です。
天然石を使ったジュエリー、風景や生き物のイラストレーションで白い空間を彩ります。ぜひ、遊びにいらして下さい。

ジュエリー:奥村裕(HIROKU) イラストレーション:吉實恵

2017年12月1日(金)〜12月7日(木)
12:00~20:00 ※最終日は19:00まで

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『パースによる絵作りの秘訣 vol.2 影・人物・構図:ストーリーを語る人のための必須常識』を全国の書店を通じて刊行します。


【概要】
書籍名:パースによる絵作りの秘訣 vol.2 影・人物・構図:ストーリーを語る人のための必須常識
刊行予定日:2017年12月下旬
著者:マルコス・マテウ=メストレ
定価:2,400円+税
ISBN:978-4-86246-383-8
サイズ:A4変形判
ページ数:132
発行:株式会社ボーンデジタル

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『パースによる絵作りの秘訣 vol.1 基本と環境:ストーリーを語る人のための必須常識』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:パースによる絵作りの秘訣 vol.1 基本と環境:ストーリーを語る人のための必須常識
刊行予定日:2017年12月下旬
著者:マルコス・マテウ=メストレ
定価:2,800円+税
ISBN:978-4-86246-382-1
サイズ:A4変形判
ページ数:228
発行:株式会社ボーンデジタル

2017年12月8日(金)ー 12月13日(水)

今年7月に、初の自作絵本がミシマ社より刊行されました。
原画には、これまでの日々が、層になって重なっています。
絵本の形で解ること、原画で観えること、あります。
ぜひお越しください。

特別な日に『ちょっと一杯』。
なんでもない日に『ちょっと一杯』。
イラストレーター28名がとっておきの一杯を描きます。

“お酒”をテーマに共同制作するマスキングテープを名刺と交換、または芳名帳記入で業界関係者様へプレゼントいたします。
また、参加者の展示作品をポストカードにしてプレゼント(アンケート用紙を来場者へ配布、記入していただいた方に)など
盛りだくさんの楽しい内容になっています。

2017年12月1日(金)ー 12月6日(水)

山口マオデビュー30周年にあたる今回は、
初心にかえり、いろんな切り口から、
やりたいことを、楽しく表現してみたいと思います。

日本の近代文学や詩に登場する女性たちへのオマージュです。
時代や環境は違えど、同じ女性として共感する、彼女たちの愛情や強さ、哀しみ。
心象風景や象徴的なイメージを描きました。

横浜美術大学卒業後、広告代理店でデザイナーを経て
パレットスクールでイラストレーション科へ。
その後フリーイラストレーターとして活動中。

石川ゆかりartistページ
http://www.gallery-h-maya.com/artists/ishikawayukari/

描いて彫って、押して重ねて。
ひとつひとつ、消しゴムはんこで描いたカレンダー展です。
はんこの線と面の質感が織り成す消しゴム版画の世界に
触れていただければ幸いです。

消しゴムはんこを彫って描いた原画と、2018年のカレンダーやぽち袋など
オリジナルグッズの展示販売と、
在店中はミニワークショップを開催予定です。

とみこはんの消しゴム版画展「はんこよみ」
2017年11月28日(火)-12月11日(月)

KYOTAROは神様シリーズの新作の絵を出展いたします。
レセプションもございます。2017年11月30日(木) 19:00 - 21:00
おでんとお酒ドリンクをご用意しております。お時間ございましたら是非お越しいただけましたら幸いです。
KYOTAROは3日間会場におります。
こちらもお時間ございましたら是非ともお越しいただけましたら大変嬉しいです。
これからもたくさんお話していけたらと思います。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!


株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『The Art of Mystical Beasts ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:The Art of Mystical Beasts ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート
刊行予定日:12月中旬刊行予定
著者:森田悠揮
定価:3,200円+税
ISBN:978-4-86246-404-0
サイズ:B5変形
ページ数:240
発行:株式会社ボーンデジタル

自分自身を語りながら、男性が持っている虎のような乱暴な気持ちと、深く隠している女性のような優しい心。この二つが仲良くしたり、たまには激しく喧嘩したりする。でも一つが存在しなかったら、もう一つも生まれはしない陰陽の世界。

開催期間
2017年12月1日(金)〜12月17日(日)12〜19時 会期中無休

住所
東京都台東区浅草橋1-7-7

マキイマサルファインアーツ
www.makiimasaru.com

お問い合わせ先
E-mail makiimasarufinearts@fuga.ocn.ne.jp
Tel. 03-3865-2211

昨年度からスタートした「オープンサイト」は、全ての表現に門戸を開いた新しい形のプラットフォームの構築を目指したプログラムです。アートの領域横断化が加速した現在に、音楽や美術といった既存のジャンルに囚われることなく、独自の表現を志向し、社会へと問いかけていく意欲的な7企画を10月より紹介しています。12/9(土)から始まるPart 2では、黒田大祐、IPヤック・ユー(香港)による展覧会2企画と、マージナル・コンソートによるパフォーマンス企画を実施します。多様性に富んだ企画を、お楽しみください。パフォーマンスのご予約はお早めに!

2017年11月24日(金)ー 11月29日(水)

「ぼくは くもを とりに いくんだ」
雲をとるために家族と一緒に山に登ります。
雲をとる網、持ち帰るためのビニル袋を持って。
ぼくはうれしくて、一人で先にずんずん登っていきます。
果たして・・・無事に雲をとることができるのでしょうか。

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンは、2017年11月28日より「CREATION Project 2017 167人のクリエイターと大阪の小さな工房で生まれた『つつの靴下展』」を開催いたします。
大阪府枚方市にある樋口メリヤス工業は、1933年に創業した靴下メーカー。国内の靴下生産は、1989年ごろをピークに減少傾向にあり、アジア圏からの安価な製品の輸入など、業界全体が厳しい状況におかれる中で、小さな工房ならではの機動力を活かして、1足からお客様のリクエストに応える、オーダーメイ ドの靴下作りに取り組んでいます。
今回のアイテムは、樋口メリヤス工業がお客様の声から開発した、つつ型の靴下「つつした」がベースになっています。CREATION Projectでは、かかとをなくすというユニークな発想と、品質にこだわり誕生した「つつした」に、クリエイターの個性あふれるデザインを編み込んだ、オリジナルの靴下を展示、販売します。 かかとがなく伸縮性に優れているため、子どもから大人まではくことができるフリーサイズ。ご自分用はもちろん、クリスマス等のプレゼントにもおすすめの「つつの靴下」です。 靴下の収益金はセーブ・ザ・チルドレンに寄付し、子どもの貧困問題の解決や虐待の予防、災害被災地での支援など、日本の子どもたちのために役立てられます。ぜひこの機会に、多くの方にチャリティーにご参加いただけることを願っています。

2017.11.15 [水] - 2017.11.26 [日]
12:00-21:00 
定休:月、火 
入場料:¥400(セレクト・ティー付き)

キュートかつエロティックな少女を、繊細な線で描く須川まきこさん。描かれている少女たちは、やわらかな雰囲気をまといながら、彼女の世界に誘い込む吸引力があります。
http://spaceyui.com/schedule/makiko_sugawa_17.html

展示会期:2017年11月22日[水]〜12月02日[土]
開廊時間: 12:00―19:00(26日15:30―18:00の間トークショーのため入場制限有り/最終日17:00まで)
展示作家: 伊野孝行、大高郁子、日下潤一、ごとうえみこ、霜田あゆ美、丹下京子、中村隆、二宮由希子、南伸坊
備考:トークショー「風刺画ってなに?」 11月26日(日)16:00―18:00 ※完全予約制・お申込みはHPを御覧ください

■開催日時 12月1日(金)〜26日(火)10:00~18:00(最終日16:00まで)
      月曜定休日 入場無料

●場所:ライフスタイル・コンシェルジュ
    宮城県仙台市青葉区一番町3−11−8(2F)
    TEL.0120-417-541
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何気なく過ぎていく日常が尊い時間であることを改めて感じる昨今。
時代や地域を越えてこの星の穏やかな風景が夢溢れる未来へと続いていくことを祈り描きました。
かけがえのない星に咲いた命のささやかな物語を感じていただけたら幸いです。
お近くにお出かけの際は是非ご覧ください。
=============================================

「ロミオの青い空」や「となりのトトロ」など数々の作品を作画監督として手掛けた佐藤好春のイラストで、「アニメーション制作」の手法や考え方、アニメーションの企画立案から、キャラクターデザイン、原画・動画制作、そして完成まで。アニメーションのレシピをわかりやすく解説。佐藤好春のイラスト・原画集を大ボリュームで収録しています。

タイトル:「佐藤好春と考えるキャラクターとアニメーションの描き方」
B5サイズ 264頁 価格:2300円 出版:ナツメ社

11月18日(土)に早めの忘年会をやりますので、
お時間ありましたら是非お越しください。

BAR LAST CHANCE
日時:2017年11月16日(木)〜11月30日(木)
営業時間:pm.7:00〜am.5:00
定休日:火曜日
住所:東京都世田谷区代沢4-41-8 竹ビル1F
03-3795-5292
http://www.barlastchance.com

日時 : 2017.11.17(金)〜22(水)
時間:12:00〜19:00
会場 : NO.12 GALLERY(http://no12gallery.com
住所:東京都渋谷区上原2-29-13

鳥と少年が登場する一連のドローイングシリーズ「Birds」は、
自分自身と他者との関係の危うさがもとになっています。
はじめから意図してそうなったわけではなく、
孤独な心境と素直に向き合ったさきに、
この絵が生まれました。
絵の中の少年は、私自身なのかもしれません。

国内外で活躍する話題のテキスタイルデザイナー
鈴木マサルの九州初個展を開催!

三菱地所アルティアムでは、現在、日本で最も注目されるテキスタイルデザイナー鈴木マサルの九州初となる個展を開催します。鈴木マサルは、自身のブランドOTTAIPNU(オッタイピイヌ)をはじめ、マリメッコやユニクロなど国内外のブランドのテキスタイルデザインを手がけています。また、時計、メガネ、バッグなどのファッションアイテムやプロダクト、家具へのデザイン提供や空間インスタレーションなど、活動の幅は多岐にわたります。そのデザインの魅力は、見る人を自然と笑顔にするような鮮やかな色使いと動物や植物など日常的な温かみのあるモチーフにあります。「機能面からすれば色や柄などのデザインは、必ずしも重要とは言えない要素。でも、あえてその要素を加えてゆくのは、色や柄には気持ちを高揚させる力があるから。」と語る鈴木のデザインは、わたしたちの生活に色柄を、そしてテキスタイルを取り入れる楽しみを提案してくれます。

つかれたときも、元気なときも、
朝の占い12位でも、1位でも、
たまに息抜き、少しよりみち。

いつもアクセルベタ踏みのあなたも、
今日はどこかでのんびり歩きましょ。

これはよりみちをしながら試行錯誤する
3人の作品展です。
お散歩気分でのぞいてみてください。

ページの先頭へ