Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

2021年5月14日(金)〜6月13日(日)の木・金・土・日

北海道で活動する木工作家・ 臼田健二と、画家・MAYA MAXXの2人展を、 PLAY! KICHIJOJIで開催します。

画家・MAYA MAXXは、2020年に東京から北海道岩見沢市に拠点を移し、下川町で制作活動を続ける木工作家・ 臼田健二に出会いました。表現のアプローチは異なりますが、互いの作品に興味を抱きました。
あるとき臼田がMAYA MAXXのアトリエを訪ねたときのこと。臼田が持っていた木の器をMAYA MAXXの作品 の横に置くと、そこに不思議な調和が生まれました。

MAYA MAXXは北海道で陶芸作品の制作を始め、眼前に広がる自然のエッセンスを抽出したような絵画を描きます。 一方臼田は、曲がったり節があって燃料や紙になってしまう木材を利用し、木々の生命力を損なわず作品に封じ込めたような器やランプシェードを作っています。

一本の線のように、上に伸びる塔のようなMAYA MAXXの陶芸と、ゆったりとしたカーブを描く丸みを帯びた臼田の器。自然から何かをつかみ取ろうとする眼差しからうまれるこの線と丸から、北海道の景色を感じ取ることができるのではないでしょうか。

会場では、おふたりが制作した作品をご購入いただけます。

昨年、長く住んだ東京から山形へ移住しました。山形は美味しい食べ物、自然、伝統工芸、温泉などたくさんの魅力に溢れています。移住したての新鮮な目線で、その魅力をイラストレーションで表現しました。多くの方に山形に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

EIZO主催のイラストコンテストを開催しています。
大賞受賞者には豪華イラスト向け3点セットをプレゼント!

■概要
テーマ:空(そら)
メインビジュアル:人気イラストレーターmocha氏
募集期間:5月18日(火)〜6月27日(日)
結果発表:7月20日(火)
詳しくはこちら:https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/ic2105/

都内で初の個展です。小学生の頃、新聞紙を切り貼りしてイキモノを作った事がきっかけで制作が始まりました。
みなさまに楽しんで見て頂きたいです。
会場の虫眼鏡、是非使って下さい。


11:00am〜7:00pm
(最終日のみ5:00pmまで、会期中休廊なし)

既存のものを組合せ、まったく別の意味、別の世界を作り上げるコラージュ、アッサンブラージュの魅力を楽しんでください。

東京・末広町にある PARK GALLERY では、2021年6月2日(水)より、ドローイングによる ZINE『TARP』のグループ原画展 “STORYLINES” を開催します。

今年で2回目を迎える『TARP』展。昨年10月の 『TARP 五人の作家展』に、新たに3人のイラストレーターが加わり、『物語 / ストーリー』という新たなテーマを設けることによって、さらなる奥行きを感じられるエキシビジョンとなっております。8人のイラストレーターが織りなす、それぞれの個性豊かな物語を、ぜひ ZINE と 原画 を見比べながらお楽しみください。

東京・末広町にある PARK GALLERY では、2021年6月16日(水)より、SNS で話題のイラストレーター・もしもししもによる初個展『夢の中』を開催します。

ゆるかわいいイラストと世界観で幅広い層のひとたちに支持されながらも、芯のあるテーマやコンセプトによって力強ささえ感じる、もしもししものイラストレーション。

今回は本人が実際に無意識で見た『夢』の世界を絵に落とし込むことで、作品を見るみなさんと、夢が持つ『意識と無意識の境界線』を共有し、たのしめたらと考えています。

*

会期中、みなさんが見た『夢』のエピソードを集めて、その物語をもしもししも本人がイラストにしてくれるワークショップも開催します。詳しくは、もしもししも、ならびに PARK GALLERY の SNS をご確認ください。

「より現実の彼方へ!」「未知のものへ!」と思いを馳せ、
一枚の絵ごとに、一つの宇宙、一つの世界を構築しています。
今回の展覧会では、そのような精神の旅で発見し、持ち帰った事物コレクションを、
現実世界に収めるような表現を加えました。油彩画30点ほどを展示予定です。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『GAME ANIM:ゲーム開発に必要なアニメーションの知識』を全国の書店を通じて刊行します。

【書籍内容紹介】
優れたゲームアニメーションと純粋に機能的なアニメーションの違いは何でしょうか?
この比較的新しいノンリニア アニメーション制作は、伝統的な映画やTVとどう違うのでしょうか?

本書では、ゲーム開発におけるアニメーションの側面を段階的に解明し、プロアマを問わず、最高のゲームアニメーションを作るための貴重な洞察と作業哲学を提供します。これにより、ゲームプロダクションの各段階で、ゲームアニメーターに求められることを明確に理解できるでしょう。また、ゲームアニメーションの基礎知識や、それをプロジェクトへ落とし込む方法など、この分野を総合的に学ぶことができます。

ちふれグループのちふれホールディングス株式会社(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:片岡方和)と株式会社ちふれ化粧品(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:中村 俊彦)は、デザインの世界を目指す方を対象に2020年12月25日から2021年3月10日まで開催した、ちふれブランド初のデザインコンペ「CHIFURE DESIGN COMPETITION 2021」の最優秀賞が決定しましたのでお知らせいたします。

会場:東北工業大学 一番町ロビー1Fギャラリー

場所:〒980-0811仙台市青葉区一番町1-3-1 TMビル

日時:2021年9月10日(金)〜9月21日(火)
開館時間 11:00〜17:00※最終日は16:00まで

古今東西、さまざまな「もよう」が生みだされてきました。身近な自然や動物などがモティーフとなったもようは地域の特色の発見であり、表現。日々の時間を彩る色とかたちです。

「富山のいいもの、もようにしたら、富山をもっと好きになる」を合い言葉として、2014年に始まった「富山もよう」。マリメッコやカンペールのデザインをはじめ世界的に活躍するテキスタイルデザイナーの鈴木マサルが富山の豊かな自然や文化を鮮やかなもようで表現、すでに12柄が発表されてきました。デザインの視点で地域の魅力を共有する提案としても評価され、グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」に選出されるほか、美術の教科書にとりあげられるなど、広く注目を集めています。
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/14774

ありふれて、取るに足らないような日々は、宝物。
当たり前のことが当たり前にならなくなったからこそいつもの生活が愛おしく懐かしい。
そんな日常を描いてみました。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE
東京都港区北青山2-12-20-101
URL http://gallery-dazzle.com
会期:2021年5月25日(火)〜5月30日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

この度、桜丘フロントビル1Fにおいて2021年5月18日(火)から6月13日(日)までの期間、SACS Shibuya Art Collection Storeを期間限定オープンいたします。企画運営は、渋谷フクラス1F観光支援施設「shibuya-san」(事業主体:東急不動産株式会社)です。


SACS Shibuya Art Collection Store は、「渋谷×アート」をテーマとし、渋谷を愛する10名のアーティストとコラボレーションした期間限定のギャラリー兼グッズストアです。参加アーティストは、石浦 克、伊藤 桂司、牛木 匡憲、エンライトメント、スージー甘金、スーパーミルクチャン、モニョチタポミチ、mimom、Rob Kidney、WISH LESS。店内では、アーティスト自身が本イベントのために制作した作品やオリジナルグッズを数量限定として販売します。また渋谷フクラス1F shibuya-sanおよびSHIBUYA TSUTAYAでは、紹介コーナーとして特別展示を展開します。感染予防対策を万全に行い、ご来店いただくお客様に、安心して楽しんでいただけるように努めてまいります。SACS Shibuya Art Collection Storeでは、皆さまのご来店をお待ちしております。
https://shibuyasan.jp/news/2021/05/14/1698/

2021.5.8(sat)-5.30(sun)
12:00-19:00 最終日17時まで

今回の個展『ACTION!』はこれからの自分に期待する意味を込めてつけました。
コロナ禍の状況で生活、制作のリズムが色々と変わりましたが、自分はもっと制作したい、作品を作りたいと思うようになりました。
どんどん頑張れよ!という意味を込めて。

PARK GALLERY では、2021年5月16日(日)より、イラストレーター・ワタミユによる個展『NICK NAME』を開催します。

新進気鋭の若きイラストレーター・ワタミユ。
彼女のイラストは、抽象と具象の間とも言える、独創的な世界感を持ち、わたしたちに情景やムードを想像させる楽しさを与えくれます。

今回は、<ワタミユ=watamiyu>自身が、普段感じている『名前』に対する違和感と、『ニックネーム』があることで生まれるメリットをテーマとした展示になります。作風の特徴でもある、表情の見えない人物像から、キャラクターを性や背景に広がる世界観を想像する楽しさを感じながら、ご覧いただけたらと思います。

この展示は観客参加型で、展示作品に描かれたキャラクターへの、ニックネームを募集します。ぜひ作品の名付け親になってください。詳しくは会期中に SNS 等で案内させていただきます。

東京に進出しての初の個展となります。どうぞお見逃しなく。

鈴木マサル本人が制作に関わり、細部まで監修した図録です。
2017年から最新作までのテキスタイルやプロダクト、活動などをふんだんに収録。
ここでしか買えない貴重な図録です!ぜひご覧ください。

impact shop
https://impactshop.base.shop

ひょんなことから何度か訪れたベルギー
レンガ壁 ギザギザ屋根 しっとり雨 羊雲 透き通る青空
小さな街並みにちょっと不思議なフレーバーを入れて描いています。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE
東京都港区北青山2-12-20-101
URL http://gallery-dazzle.com
会期:2021年5月18日(火)〜5月23日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

インフォメーションに掲載されているイベント、展示につきまして、
緊急事態宣言が再発令にともない、中止・延期・変更となっている場合があります。

開催情報につきましては、
各主催者様の公式ホームページ等にて必ずご確認いただきますよう、お願いいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

イラストノート編集部

夏はTシャツ。イラストレーター、デザイナー、クリエイターの1点もののTシャツを展示、受注販売いたします。
企画:中村欽太郎 竹田壮一朗

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
URL http://gallery-dazzle.com
会期:2021年6月15日(火)〜6月27日(日)月曜休廊
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

日本人が心の根っこに持っている感覚、忘れたくない感覚を、斜に構えず、格好つけず、実直に表現したい。そんな思いで描いた絵を、古いもの新しいものいろいろ厳選して、九州から持ってきました。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE
東京都港区北青山2-12-20-101
URL http://gallery-dazzle.com
会期:2021年5月11日(火)〜5月16日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

海外の多様な文化や生き物に着想を得て、動植物をモチーフに20年程、欧米を拠点に制作活動をしてきた中から、油彩、水彩、アクリル、版画等の生きモノをテーマにした作品、30点を展示した展覧会になります。
展覧会名である「ナガサキ生まれの生きモノ 展」は、作家が長崎県に生まれ、主に生き物(動植物)をモチーフに作品制作をする中で、シリーズ開催している展覧会で今回で2回目となる。

スペシャル企画 開催決定!

この度、東京ドームシティの「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」で開催を予定しておりました展覧会「鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。」は、新型コロナウイルス感染状況と緊急事態宣言に伴うイベント等の休業要請を踏まえ、残念ながら開催中止となってしまいました。
中止を受け、振付家・ダンサーの森下真樹さん、鈴木美奈子さんの協力の元、スペシャル企画として、配信ライブ「森下真樹と鈴木美奈子、色と柄と踊る。」を実施いたします。ぜひご覧ください!

東京駅構内・グランスタ東京内にて営業中の美術雑貨店「VINYL」(ビニール)では、​4月21日(水)より、​企業イラストなど幅広い場で活躍するイラストレーター・モニョチタポミチによる個展「ユビキタス」を開催いたします。

この1年で世界は変わり、自分の在り方も日々変化
している。流れに乗りながら心地よさを求めたら
「たんたんとつくろう」だった。
自分らしく大好きな銅版画や鉛筆画をつくる、
小さな挑戦を重ねる、それが生きる力になっています。

プロフィール
千葉県生まれ。1993年武蔵野美術大学短期大学部デザイン科卒業。
1995年から、版画工房うつし・宮山広明氏に師事、
6年程銅版画の刷り師を勤める。
1996年から発表開始。個展を中心に、海外の版画展や、
グループ展、百貨店の催事等多数出品。

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、文化芸術のもつ創造性を生かしたまちづくり「文化芸術創造都市・横浜」の推進のため、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)の取り組みの一環として、アーティスト、クリエイターを支援する助成プログラムを行っています。現在、2021年度の助成募集をしております。
https://acy.yafjp.org/news/2021/57810/

ZINEとは手作りで少部数発行するアートブック。
ちいさな作品集<ZINE>の展示・販売をいたします。 

◎作家
イワウチマリコ、大木ゆり、大谷朝美、尾崎千春、けいみず、こざさゆみこ、FTP. 、スズキトシエ、谷口明子、naggy、マコイ、松島由林、松本奈緒美、山口オサム、ミカル

2021年4月19日(月)〜4月24日(土)

open hours: 12時〜19時 土17時まで
※初日4/19のみ14時〜19時

福岡の絵本塾で学んだ作家が創作絵本とその原画を展示致します。こころトキメク絵本の世界へ、お立ち寄りください。

(参加作家)
オリエリオ こうやみはる みずほ うえだなつみ もり みのり 菜のや 杉原ヤス まる みな まつおまなぶ・マツヲミコ 桃戸栗子 はる☆るり ツジモト チカエ いとうはるか しまだはるお たけかわゆうこ むらさきともこ

OB作家:
本村亜美 みさかたつま わだあい すみくらともこ

講師による特別展示:
黒井健 はたこうしろう

日々を旅して、歩む楽しみ。
小さな愛するモチーフたちを
ペンと色鉛筆で描きました。

プロフィール
筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザイン科中退
ESMOD JAPON 東京校でファッションデザインを学ぶ
マサモードアカデミーオブアート卒業
モチーフのふとした表情をとらえて描くのがすきです。
作品販売や装画の仕事をしています。

おのだ希 HP  
https://nozomi-onoda.com

Instagram
https://www.instagram.com/nozomionoda/

●Exhibition 1●
「鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。」
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) [東京都文京区後楽1-3-61]
会期:2021年4月25日(日)〜2021年5月9日(日)
【緊急事態宣言にともない中止となりました】
https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/


●Exhibition 2●
鈴木マサルのデザインとみんなの富山もよう展 ―暮らしにとけこむアート&デザイン
会場:富山県美術館 1F TADギャラリー[富山県富山市木場町3-20]
会期:2021年5月17日(月)〜 6月22日(火)

https://toyamamoyou.jp
https://www.facebook.com/toyamamoyo/

会期中のイベントの詳細は、上記のホームページやSNS等でお知らせします。

ページの先頭へ